お盆休みに、部屋の片付けをして、

ふきちゃんの小学時代の夏休み自由研究レポートがでてきました。

きっと、日記の掲載をサボっていたカーチヘのメッセージと思うので、ありのまま掲載します。
食塩水の性質ふき子小学5年_1

 食塩水の性質ふき子小学5年_2食塩水の性質ふき子小学5年_3

 食塩水の性質ふき子小学5年_4食塩水の性質ふき子小学5年_5
食塩水の性質ふき子小学5年_6
食塩水の性質ふき子小学5年_7

とんでもない発着想好きのふきちゃんでした。
この時はカーチも、アイデアに感心した記憶があるよ。

「こんにちは、楠 ふき子です。
最近2鉢のアマリリスが咲きました。1つは「今日の日まで随分待たせたな」と言わんばかりに目立つ真っ赤な花。もう1つは、「それほどじゃないけど、これからは大きな花となってこの家族を見守っていくわ」と言っているような優しい薄い赤を帯びた白いラッパ型の花です。2つの鉢の雰囲気は違いますが、ふと、目をやる度に勇気付けられる気がします。それぞれが花として立派に生きているからかな。
私も絵本作りを通して読者にメッセージを送りたいと思いました。と、

ホームページの挨拶にふきちゃんが書いた日から15年が経ちました。

 

真紅のアマリリス
 
2鉢のアマリリスの子孫は今年も大きな花を咲かせています。真紅は一鉢ですが、赤を帯びた白いラッパ型の花は3鉢にもなりました。

赤白のアマリリス

 

母校の小学校は、運動会の練習が続いています。

サボテンと校庭
サボテンが頑張れと応援しているように、花開きました。

たったの一日半の応援ですが。

 

カボチャの花
「生ごみは、ごみではないよ、資源だよ」

貴女の呼びかけで始まった我が家の土づくり。

わずかなベランダでの土ですが、ごみから育ったカボチャの蔓が

物干し竿まで達して、花を付けました。

これは雄花です。

 


こちらは遅ればせながらの報告
2点:

フラワーフェスティバル由木
駅前と中郷公園では4月末、恒例のフラワーフェスティバル由木でにぎわって、旗も袢纏も頑張っていました。


カーチの友人達と
 
富山や静岡からもカーチのお友達が駆けつけて下さって

KUSUTTO HOUSEで東京式更鉢料理を囲んで歓談。

ふきちゃんも好きだったコンパはいいねえ~。

I様ご夫妻とオジャジのお蔭で、
チューリップ祭りが進行中。

ふきちゃん、今年の開花は早かったネ。

2018KH祭


新聞やラジオで知った方も
KUSUTTO HOUSEに お見え下さって、賑わっています。




お花と春日

今年も、K様が
こんなに可憐な生け花をアレンジして下さいました。
原画のモグゾウも、春の陽射しも 一緒に楽しんでいるようです。

チューリップの赤、白、黄色は、こんな感じ。
赤い花

白と黄色

チューリップも、
新緑と会話を楽しんでいるようでした。

紫


ご来場の皆様、ありがとう‼

↑このページのトップヘ