トップページ » 2014年05月
2014年05月

眼科診察

5月24日に眼科専門医のいる病院へ行ってきました。
予約制なので待ち時間もあまりなく診察へ通してもらえました。
前回書いた経緯を先生に伝えると眼科検査へと入りました。
まず、ろ紙片を瞼と眼の間に挟んで涙液量を測定する
シルマー涙液検査を行いました。
通常1分測定して通常値の10mm〜25mmをクリアでドライアイは治ってました。
眼圧検査では多少眼圧が高いとの事だが気にする程度ではないとの事。

次は細胞をみて診断する細胞診へ。
痛みもなく炎症か、腫瘍か、腫瘍だったら良性か
悪性かなどの質的判断が出来る。
広い範囲の異常を発見することが出来るそうです。

次に、眼の病気の予防と治療方針を決めるために必要で重要な細菌科学検査へ。
眼の病気のうち、細菌やウイルス感染が疑われる場合に行われる検査です。
検査方法は、分泌物や組織のごく一部を綿棒のようなもので採取して、
培養法や顕微鏡などによって細菌やウイルスの種類を特定します。
薬に対する感受性を調べることも検査の大きな目的です。

今回の診察ではキズ等も見られないので特に異常はみられず
現在処方されている薬に問題はないとの事。
だが、まれに薬が合わない場合もあるので、検査結果を見てからではないと
原因は不明のまま。
ただ充血が酷いのは気になるとの事なので検査結果を見てから
治療方法を決めていきましょうとの事でした。
先生が指摘した中で、睫毛の毛根部周辺にはマイボーム腺という脂分を出す腺がある。
ここから分泌される脂分は角膜表面で涙膜を形成しますが
きゃめろんのマイボーム線からは通常サラサラした脂が出るのだが
粘土状の脂が出て細菌感染している可能性もあると言ってました。
小さな穴がふさがり炎症を起こす事のあるそうでうす。
たしかに眼を床にこすりつける仕草はよく目にするので納得出来る点でもありました。
今回な内服薬と点眼薬で一週間様子を見て
明日検査結果と症状を診てもらいに行ってきます。

image


病院が終わった後は散歩がてら久しぶりにお台場海浜公園へ寄りました。
この笑顔がずっと見れるように早く完治させてあげたいです。

image





きゃめろんcm0614  at 22:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

眼の経過

これまでのきゃめろんの眼の症状ですが
去年の健康診断で白内障と診断されてから毎日1日2回、朝・晩とカリ−ユニを点眼してました。

毎年花粉の時期になると目やに、充血、涙焼けが酷くて春は人間と同じく辛い時期でした。
去年は春が過ぎて8月になっても充血と目やにが治まらない為、
先生へ症状を伝えると細菌感染時に使用するファルキサシンと
炎症を抑えるフルオロメトロン点眼薬を処方され様子を見ました。
この2つの点眼薬は3か月程使用しましたが全く症状が改善されませんでした。

image


11月に担当医を変え再診を受け涙の量を測ると通常より涙の量が少なく
眼の乾燥が見られるとの事でドライアイとの診断。
オプティミューン眼軟膏を処方され使用してました。
この時はカリーユニとオプティミューン眼軟膏を5分以上時間を空けて
1日2回点眼してました。
1ヶ月程使用して再診を受け涙の量を測ると基準値はクリアできました。
ドライアイは解消されましたが、また充血が見られ時には軟膏薬を
使用していいとの事でした。
一時期目やにも治まり回復したかな?
と思える時期もありましたがまたまた春が来て花粉の時期で症状は逆戻り。
カリーユニは点眼し続けて、たまにオプティミューンを使用してましたが一向に
充血、目やに(黄色)、涙焼けは良くならず、むしろ悪化したような気がして
今回眼科医のいる病院を予約しました。

5月24日はうちからちょっと距離がありますが眼科専門医に診てもらいました。
後ほど診察内容をアップします。

image


きゃめろんcm0614  at 11:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

不安な健康診断結果

5月11日は年1回のきゃめろんの健康診断でした
10時から16時まで預けての診断となります。
6月で9歳になるきゃめろんの今回の健康診断結果は
食生活から普段の生活を見直し考えされられる結果でした
ちょっと長くなりますがお時間ある方はお付き合いください。

元々小柄で食欲は旺盛な子です。
シニア食に変えてからは体重が減ってしまい気になっていました。
栄養が足りてないのかと思い、少し量を増やしてましたが体重は変わらず
体系も貧弱になってしまったので手作り食の本を購入して日々勉強中です。
最近はドッグフードと手作り食を半々に与えてましたが健康診断での体重は
なんと7.3
通常、8圈8.5圓呂△蟶まで痩せても7.5圓泙任靴減る事はなかったのです。
この体重に不安を持ち先生へ相談しましたがシニア食に変えると体重も変動するので
様子を見て量を調整していけば問題ないとの事。

血液、尿、便の診断結果の数値に特に目立った項目は見当たりませんでした。
「少し気になる事が2つあります!」と言われドキッ!

まず、レントゲンを見ての説明でしたが気管の石灰化。
前回のレントゲン検査でも老化に伴い石灰化していると指摘されていた。
そして今回の問題となった心臓肥大!!
小さい頃から心臓が少し大きいと言われてはいましたが、去年よりも大きくなっている。
「定期的なレントゲン検査で様子を見ていきましょう」との事でしたので
薬の処方はありませんでした。
たまに猛ダッシュをした後に咳のようなものをする事があった。
心臓肥大の症状として咳があげられるので運動にも注意が必要となる。
そしてこれからの暑い季節は特に注意が必要。
長時間の散歩は心臓に負担をかけるが単時間の散歩は大丈夫との事でした。

もう1点が
犬の脊柱は頸椎(7椎)、胸椎(13椎)、腰椎(7椎)、仙椎(3椎が1個に癒合)尾椎(6〜23椎)の
椎骨から構成されている。
きゃめろんは第7腰椎と第1仙椎間に変形性腰椎症があり排便、排尿に異常が出るとの診断。
最近老化現象だろうと思ってしまっていた事がありました。
寝て起きると布団の中にコロンと1粒くらいのうんちがある事がありました。
また仕事から帰ってくると廊下や部屋に1粒くらいのうんちが転がっている事があり
老化で肛門の絞まりも弱り排泄が間に合わなくなってきたのかと思い込んでました。
先生にうんちがもれたり排泄に問題ないですか?
と聞かれこの事原因がわかりました。
こちらもレントゲン診断を定期的にして様子を見ていく事になりました。

調べれば調べる程、不安が増えますが上手に病気と付き合って
シニアライフも楽しく過ごしてもらえるようにしてあげたいとおもった一日でした。

白内障発症して、ドライアイと診断されましたが充血と目やに、涙やけが改善されないので
セカンンドピニオンを考えました。
来週は目の専門医にかかってきます。
何もなければいいです。

image













きゃめろんcm0614  at 19:09コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

田植えの時期

GW最終日も冴えない天気ですね
8連休だったので明日から仕事が辛すぎます
本日連休最終日は旦那の実家の田植えの下準備を手伝いに
いつもお米を頂いているので手伝わない訳にはいかない訳で旦那に頑張ってもらいました

image


雨降る中の作業の為、きゃめろんと私は車の中で応援隊
じぃやと旦那をジィ〜ッと見てましたよ。

image


田んぼを終えるとニワトリ小屋へ移動。
強そうなニワトリがたくさん居るんです

image


きゃめろんニワトリに大興奮

image


いつもおいしい卵をありがとう。

image




きゃめろんcm0614  at 16:02コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

GWのお出かけ

今年のGWは暦通りの方が多かったのでしょうか?
私は29日から8連休旦那は暦通りのGWだったので、
前半はきゃめは私の実家に行ったり家でのんびり過ごしていました。
昨日はあいにくの天気の中、益子焼きのイベントがあったので行ってきましたよ。
まぁ、天気予報通りに着いた途端降り始めまして、きゃめちゃんは車待機。
会場までカナリ歩きおまけに雨でテンションガタ落ちでしたが、お昼を済ませると
雨もがっていたので、きゃめちゃん駐車場まで迎えに行き再度益子焼会場へ。

image


長い散歩道も疲れず歩いて行き、会場着くと人の多さと賑わいで更に
ペースアップしてルンルンで歩いてました。

食器見るのに夢中で全然写真ないですが、
「たぬき」だけはしっかり撮ってきましたよ。

image


きゃめちゃんも子ダヌキと

image


たくさんテントブースがあり個性豊かな作品がたくさんありました。
当然良いと思う物は高価な物になりますが、目の保養にもなり、散歩も出来て、
悪天候でも楽しめた一日でした。

会場まで2往復したので今日は何キロ歩いたのだろうか。
さすがに帰りは足も重く楽しみないと歩く気力ないので
帰りの道中で食べ歩き出来る「もちもちポテト」を購入。
食べながら長い道のり乗り切れました。

image



きゃめろんcm0614  at 22:30コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!