○○ちんFXや、○ートFXや、エコ○○FX等の訳の分からないロジックで自動売買させ、濡れ手に粟を狙う不届きなる業者が後を絶ちません。


ここでは、そういった業者を駆逐する目的で、ウィザード形式での自動売買を一挙に紹介したいと思います。

※ウィザード形式とは、対話形式で質問に答えていき、複雑なアプリケーションソフトの操作をカンタンにする機能。


事前の準備として、以前紹介したデータ接続を済ましておいて下さい。


説教がましいですが、トレードにおいても、事前の準備が非常に重要になってきます。


パチンコ玉を入れる瞬間。

券売機にマークシートを入れる瞬間。

我々は、マウスを握った瞬間に勝負は決しています。


多少長くなりますので、時間が確保できる時に読んでください。


長くなりましたが本題の、FXでの自動売買用ストラテジーを作成したいと思います。


  1. Tools -> New NinjaScript -> Strategy -> ストラテジーウィザードが表示されます。

  2. Next -> Nameを決める(ここでは、”単純HLブレイク”とします) -> Next -> 変数を設定します。
    1番目、Entry(HLエントリー用の変数)、int (20) ※intは整数、doubeは小数点を含む変数型
    2番目、Exit(HLエントリー用の変数)、int10
    3番目、 DefaultQuantity(建玉数量用の変数)、int(ここでは10000通貨)
    ※また別の機会にポジションサイズ用の記事を作りたいと思います。

    変数設定

  3.   Next -> Set1の売買条件を設定します。 上段がエントリー条件、下段がエントリー方法です。  

    エントリー1

  4. まず上の条件や変数を設定します、Add。左からDonchianChannelを選択。
    Period(期間)に変数のEntryを代入。
    PlotにUpperを選択、Barsagoにを入力。
    右にCloseを選択、真ん中にを選択。
    これで、Set1条件設定①は、ドンチャンチャネル高値<終値になります。

    エントリー2

  5. Set1の条件が満たされると下段の発注が行われます。
    エントリー方法です、EnterLondgPosition(成り行き買い)を選択。

    オーダー1

  6. Set2、Set3、Set4も同様にセッティングします。

  7. セット2


    セット3


    セット4


  8. Next -> ストップロスや利食い指値の画面ですが、ここではパスします。
    Next -> FInish で単純ブレイクアウトストラテジーの完成です。

次回の講習では、バックテストを行います、学習意欲のある方は予習をしておいてください。

本日はこれにて閉講です。


東大理系卒の人気クオンツによる戦略とノウハウDVD


↓ブログランキングご協力お願いします!
シストレナビ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ