前回の記事で、ifelse文で条件分岐しましたが、更に簡素化する書き方を紹介します。

/*数学関数による小数点第2位以下での切り捨て。
if~else文で条件分岐
一枚あたりに合わせる為に通貨属性は十分の一に。*/

if (Instrument.MasterInstrument.InstrumentType == InstrumentType.Currency)
{
N = Math.Floor(N) / 10;
}
else
{
N = Math.Floor(N);
}


演算子

c ? x :

意味

ctrueならばx

falseならばyを返します

N = (Instrument.MasterInstrument.InstrumentType == InstrumentType.Currency) ? Math.Floor(N) /  10 : Math.Floor(N);


これで、書き換え終了です、益々ストラテジー・インディケータ開発に精が出る事でしょう。

次回は、正規化に関するプログラムから指標最適化まで数回に分けて行います。


東大理系卒の人気クオンツによる戦略とノウハウDVD


↓ブログランキングご協力お願いします!
シストレナビ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ