カスマスギターのブログ

世の中に蔓延する「個人の思い込み論評」

2007年05月

Gotoh Wilkinson VSVG

037a0da3.jpg先日、といってももう1ヶ月以上前ですが、

Gotoh Wilkinson VSVG

を購入しました。



スクワイアに付いているトレモロブリッジのスタッドボルト穴のテーパー加工が甘いせいか、他の古いシンクロナイズドトレモロシステムと同様、チューニングがどうにも安定しませんでした。

ボルトをフリーフローティングスクリューに交換した後は若干改善されたものの、他のギターとは比にならない不安定ぶりでした。

再度トレモロシステムを取り外し、テーパー部分をせっせとヤスリで削ってからはほとんど気にならないレベルになったものの、どーーーにも気になるので、これを購入するに至ってしまったと。

ボルト穴は少し余裕を持たせた横長の形状をしており、接触部分は完全なナイフエッジ状態。

イナーシャブロックは重量感たっぷりのスティール製。

1弦と4弦だけがネック側にシフトして並べられた弦を通す穴は、オクターブチューニングやテンションに大きく関係しているのではないかと想像させられます。


・・・っていうか早く付けろ、俺。

番外編 「たいれる(Tyrell)P34」

7239f7bc.jpgタイレルP34 Six Wheeler

1976年に富士スピードウェイで開催された史上初のF1日本GPの時の写真だと思われます。




ひらがなで「たいれる」と書かれていました。



発音を確認した上で「たいれる」に決めたのでしょうか。

ティレルとタイレルの中間ぐらいの発音かな・・・

番外編 「Formula1 Monaco Grand Prix」

e599a12e.jpg私、F1テレビ観戦歴19年目です。

録画の失敗で見られなかったレースが18年間で2つ。

それ以外は全部見てきました。


で、昨日はかの有名な

モナコグランプリ

の決勝日で、マクラーレンのフェルナンドアロンソ選手が優勝。


毎年思うのですが、モナコグランプリって結構退屈。

コース幅が狭すぎて、エキサイティングなレースが少ないように思う。

Cu☆d in Concert (動画アリ) その2

たいしたネタが無いので、先日アップした

この記事

の続編です。


当日演奏した3曲分を全部アップしてみました。

あらためて公開するような大したものではありません。

大失敗もしてますが、あえて・・・。

適当にサラリと見て下さい。

それでは。


※注・それぞれ30MB前後の大きなファイルです。ご注意下さい。


http://cmguitar.com/live20070512.html

告知、みたいな…

4522c200.jpg年内に決定しているライブ予定

8月19日(仮)

神戸(場所未定)で開催予定の大イベント「パティシエロックナイト」に、サポートギタリストとして出演します。


11月4日

京都「都雅都雅」で開催される「ハードロック道 Vol.3」に2回目の出演。再びボーカリストとして参加させて頂くことになりました。

8月26日、11月3日

テキサス12のライブが決定しています。
新しいレパートリーには、私がボーカルをとる予定の曲もあり。


で、肝心のカスマスですが・・・まだありません。

カスマスのライブは秋以降の予定。ただし予定は未定。


写真は、昨日の練習(パティシエロックナイト)で、サウンド・動作確認のために持っていったエピフォンSGのリアPUです。

KARTZさん
ご覧の通り「バッカス」のPAFタイプです。上手く写真が撮れました。

型番はVH59というそうです。

スタジオでは何故かフロントPUが鳴りませんでしたが、家に帰ると何の問題も無く音が出ました。

???

Cu☆d in Concert (動画アリ)

c6464a16.jpg5月12日(土)、兵庫県豊岡市民プラザ「ほっとステージ」で開催された

ミュージック ア・ラ・カルト Vol.3

に、Cu☆dとして参加しました。

(写真については本文をご参照下さい)

※既にカスマスボーカルおおた氏のブログにも掲載されています。

結果から言うと多分「結構受けた」のではないかと。


セットリストは

1. Beatles Movie Medley (Cu☆d Version)
2. More Than Words / Extreme
3. 虹より遠く / Custard Mustard


の3曲でした。


Cu☆dとして今回で3度目のライブとなり、カスマスでも経験したことがないような本格的な大舞台に2人で臨みましたが、色々な要素がなんとか上手く作用し、そこそこ皆さんに楽しんでいただけたのではないかと思っています。が・・・

毎度のことながら、ビデオを見返すたびに反省点が噴出してきます。


Cu☆dとしての活動には、バンド形態のライブの時とは全く違う難しさや達成感があり、課題はそれこそ山積みですが、まだまだ続けて行きたいと思える何かがあります。

写真は僕らの次に登場したビッグバンドの方々で、ステージの広さを感じてもらうために掲載させて頂きました。


で、今回は1曲だけライブの様子を動画で公開したいと思います。

最後に演奏したカスマスのオリジナル曲「虹より遠く」。

この映像で伝わるかどうかわかりませんが、たくさんの手拍子に包まれ、かなり気分良く演奏させて頂きました。


ライブを見て下さった皆様、本当にありがとうございました。


ダウンロードは下のURLからどうぞ。

30MB近い大きなファイルですので、極力、右クリック→対象をファイルに保存、でPCに保存してから見て頂いた方が良いと思います。

http://cmguitar.com/live20070512.html

※注・くれぐれもおおらかな心で見て下さい。

本番前

d485ab5d.jpg今日はこれから豊岡でカスタードのライブです。

間もなく開場、出番まで約1時間半。

初めての本格的なホールなので、リハーサルは勝手がわかりませんでしたが、本番は楽しみです。

写真は本番前に共演者の方の100年ものコントラバスを弾きこなしてくつろぐカスマスボーカル・おおた氏。

うそ。持ってるだけ。

ライブまであと2日

585a6247.jpgカスマスから派生したアコースティックユニット

Cu☆d・カスタード

の3回目のライブまであと2日。

こんな(写真)汚い手書きのコード譜を見ながら練習しています。

まだ間違うな〜。

ダンカン SH-4 "JB"

3a2b3830.jpgGWも今日で終わり。最終日の今日は唯一家でゆっくり過ごせました。

で、ゆっくり過ごせたその内容はほとんど「ギターの改造」。途中一端出かけましたが、ピックアップ用のビスとスプリングを買いに出たので、それもギターの改造のうちでした。

最初の写真は世界で最も有名なリプレイスメントピックアップのひとつ

セイモアダンカン SH−4、いわゆる「JB」です。

長年にわたりエピフォンSGのリアに鎮座していましたが、もともと大したこだわりも無く導入したもので、先日入手した目当てのピックアップと取り替えるために外しました。

ae7634a3.jpg目当てのピックアップとは、とあるメーカー製のPAFタイプ(写真参照)

以前からずっとPAFレプリカタイプのハンバッカーに替えたいと思い続けておりましたが、この度ようやくその希望がかないました。








話は元に戻りまして、このダンカン「JB」は今までに私が所有した3つのうちのひとつで、あと2つはもうありません。


かつて私はクレイマー JK1000というギターを使用していました。

指板はスキャロップ、ピックアップはダンカン「カスタム」、ペグとトレモロブリッジはクロームからブラックに変更、と色々手を加え、10年近く私のメインギターとして活躍してくれました。


そのJK1000から2年遅れで手に入れた2本目のクレイマー(EK-1BF)に付けていたのが、ダンカン「JB」でした。

強く意識していたわけではありませんでしたが、そのサウンドはなんとなく気に入らず、購入動機通り「完全なサブギター」となり、特に弾きこむということもなく、その数年後には当時付き合っていた彼女にあっさりとプレゼントしてしまうのでした。


実は結構最近まで「JB」が高出力ピックアップだと知らなくて、その事実を知った時は

あ〜・・・そういうことか」と。


今までの経験上、どうも私は高出力ピックアップがあまり好みではないようです。

ダンカン「カスタム」も高出力タイプらしいのですが、エディヴァンヘイレンモデルということで?あまり気になりませんでした。


ということで、「JB」とはまたお別れすることに。


5f2b8c2b.jpg最後の写真はおまけ、久々に登場のギブソン。

やっとフロントピックアップが付きました。

番外編

1296f201.jpg今日は仕事でした。
ゴールデンウィークに出勤するのは初めてかもしれません。

京都市伏見区竹田にある

京都総合見本市会館
パルスプラザ


の20周年記念イベントに出展しておりまして、その初日スタッフとして出勤しました。



で、写真はその一幕。遠すぎて誰かさっぱりわかりませんが、

堀江美都子さん オンステージ

信じられないほど良い声でした。

CDが鳴ってるのかと思うほど艶っぽい声。

さすがプロ。
Recent Comments
Quick Response
QRコード
Since 15 June '06
Supported by