カスマスギターのブログ

世の中に蔓延する「個人の思い込み論評」

2008年06月

グッズ先行

カスマスのオフィシャルキャラである

カスマニア・デビル

が、ついにグッズ化しました!?

チロル








言わずと知れた「チロルチョコ」とのコラボレーションで・・・

。。。




などと言ってみても、知ってる人は知っている。

これはアレだと言う事を。


でもウレシイもんですね。こうやって形になってみると。

本当はこれぐらいのはずですよね

f1baf4e8.jpg









PEAVYのティアドロップ型ピック 1.4mmと1.0mm

削れにくいという評判のデルリン素材

アコギ用に購入しました。いい感じです。


ただ、1.4mmの方はエレキを弾く時に愛用しているジムダンロップの

デルリン1.5mmと0.1mmしか違わないとは思えない薄さです。

どちらが本当の厚さに近いのか。


1.4mmが20枚、1.0mmが10枚 計30枚で630円也


ピックの値段って、本当はこれぐらいのはずですよね。

D級ギター

D級ギターもこんな商品が出るようになりました。

なかなかどうして、よく出来てます。たぶん。

171eb9bf.jpg






豊岡から京都へ

66398958.jpg某所を出て、まだ15分ほど

豊岡某所 その2

252acaf1.jpgPAを使って本格リハを開始。

早くも眠気が…。

豊岡某所

21a2ddef.jpg某プライベートスタジオにて

cuSTARd

合宿中










明日は3時からザ・ニュー・テキサス練習

HTM's

来る7月6日(日)、初のライブハウスでのライブを行う


HTM’s


について少し書こう・・・と思ってましたが、急遽今回のライブで代打ボーカルとして出演することになったカスマスベース氏が、自身のブログ「かなめき趣味日記」でHTM’sのことを面白おかしく(?)書いてますので、
それを紹介したいと思います。


まず、代打ボーカルが決まったときの投稿がこちら


2回目の練習を終えた、最新の投稿がこちら


少し補足しますと・・・

ボーカリストの名前のM、は「みつる」のイニシャルである。

モーリーとはベースみずもり氏の呼び名で、一部の人が使用している。


HTMの音源はボーカルとギター以外はすべてリーダーであるHT氏による打ち込みで、私は何曲かで作詞、ギター、ボーカルを担当させてもらいましたが、バンド形式で練習をはじめるにあたり、ドラマーに立候補したわけです。


バンド形式になって早4年ほど経過した訳ですが、その活動内容の密度はそれこそ半年分あるかどうか

平たく言うと、全然上手くなっていないということです。

だから、今度のライブは不安がいっぱいなんです。

なので、今までにないペースで練習しているのです。


その答えは・・・ライブ当日にご確認下さい。

初登板

こないだの日曜日はオールディーズバンド「ザ・ニュー・テキサス」の
練習日で、初めて自分で組立てた青いテレキャスモデルを使用。

ストラップをかけてぶら下げてはじめて、その重さに気付きました。

たった2時間強の練習だったのに肩がイタイ・・・。
アクシスなんて6時間ぶら下げててもどうってこと無いのに。


ネックはやや逆反り傾向。
長らく弦を張ってなかったので、このまま放置して様子見。


音はよくわかりません。可も無く、不可も無く。

ザ・ニュー・テキサスの練習はアンプを使わないし、アンプを使っている
時ほどの大音量にもしません。


ま、私の場合、どんなアンプを使おうがその影響が薄い、いわゆる

デジタル派

なので、ギター本来の性能が及ぼす影響もそれなりか。


雑誌などでもよく見かけるこの「デジタル派」という言葉、なんだか

デジタル信仰派

のように感じられるのは私だけではないはず。


デジタル派というより合理派

時代の流れを汲んだお手軽派

サイフにやさしい派


どれも違ってはいないが。

そもそも「派」をつけてるからか…



7406179c.jpg

よく考えたらかなりやばいかも・・・(訂正)

f791c45f.jpg次のライブとその次のライブについてお知らせします。








7月6日(日) 京都アークデュウ(入場無料! 13時スタート予定)


7月21日(祝・月) 心斎橋FANJ
(詳細不明・後日あらためて報告)


アークデュウのライブでは、カスタードマスタードから派生したアコースティックユニット<Cu☆d(カスタード)>が、いよいよ京都で初めて、
いや、兵庫県豊岡市以外ではじめてのライブを行います。

ただし!

このライブのヘッドライナーはあくまで私がギターで所属している大所帯オールディーズバンド<ザ・ニューテキサス>で、ホールレンタル形式で行う、ライブハウスで初のライブ。

そして、私がドラムで参加しているバンド<HTM>にとっても初のライブハウスでのライブです。

HTMは、人前で演奏しない宅録ユニットとして活動を開始した頃から数えると、活動期間はもう10年におよぶと思われますが、その間にはそれこそ膨大なブランクがあり、生で演奏するバンドとしては実質かけだしであることも付け加えておきます。私のドラムキャリアもしかり・・・

あともうひとつはRoulangeのギタリストhideさんが所属されている、こちらもまた今回が初ライブという<Jungle Holiday>で、計3バンド+1ユニットが出演します。
※hideさんはドラムではなくギターでした(2008.6.15訂正)


つまり、私は4バンド(ユニット)中、3つを掛け持ちしているという訳です。


本番まで1ヶ月を切り、ようやく自分の欲張り加減に気付いてきました。


でも!こんな機会はなかなか無いのです!


この機会を逃してはいけない!と思った以上、頑張るしかないのです。


「初」づくしのこのライブは入場無料で開催されます。


7月6日は京都、河原町高辻のライブハウス「アークデュウ」へ
ぜひ!ぜひ!お越し下さいませ。


よろしくお願いします!!!


P.S.

急な事情により出演できなくなったHTMのボーカルの代役は、
カスマスベース・きむら氏が担当することになりました。

PRN終了と・・・(更新)

6月7日(土)、

パティシエロックな意図 Vol.4
(パティシエロックナイト)


LeDreamのギタリストとしてのステージが無事終了しました。

でも写真が無い〜。今のところプロフィール画像のみです。
※一番下にホールの写真を追加(2008.6.10 12:00)

セットリストは

1. To Love You More (Celine Dion)
2. Top Of The World (Carpenters)
3. ABBA Medley
Dancing Queen-That's Me-S.O.S.-Chiquitita
4. Drums Solo - Keyboard Solo
5. For Your Dream (H.Nakagawa of LeDream)
6. Xanadou (Olivia Newton John)


今回の曲は、ギターがあまり目立たない割にはごまかしが効かないというなんとも言えない手強い曲がほとんどで、ポップスを演奏することの難しさを痛感し、とても勉強になった、というか普段の自分のいい加減な演奏を反省する機会となりました。


関係者・スタッフの皆様にはただただ感謝・ひたすら感謝です。

LeDreamのメンバーにももちろん感謝。


前回に引き続きこの機会を与えて下さったボーカリスト
パティシエール アワノイトコさんに一番の感謝を送ります。

正直、彼女の期待に応えられたと胸を張って言えません。


誰かの期待を遙かに上回る、そんなミュージシャンになりたい。


さて、次回のライブは7月6日(日)

その次のライブは7月21日(祝・月)

詳しくは次回の投稿で。



オルビスホール会場のオルビスホール

Roulangeさんのリハ風景です。




Recent Comments
Quick Response
QRコード
Since 15 June '06
Supported by