カスマスギターのブログ

世の中に蔓延する「個人の思い込み論評」

2012年01月

忘れられない日

'
29日、日曜日は「くみやまマラソン」に参加しました。

今回で2回目。



その投稿をするつもりでしたが・・・



今日、2012年1月31日は、とてつもなく悲しい出来事があり、

忘れられない日、決して忘れてはいけない日になりました。


何時間も経過した今もまだ信じられない、としか言いようがないほど、

あまりに唐突な出来事で・・・



彼の無念が伝わってくるような感じがしています。



心よりご冥福をお祈り致します。


いろいろとお世話になり、


本当にありがとうございました。


.

人間ってすごい

'
今日はサーカスを見てきました。

いったい何年ぶりだろうか。

すくなくとも何十年ぶりであることは確かです。

1時間半のパフォーマンスを見て思ったことが、

タイトルの「人間ってすごい」でした。

20110128


















.

新しいギター

'
年末の投稿で少しだけ紹介している、久々に買った新しいギターを
紹介しておきます。

日本が世界に誇るギターメーカー「フジゲン」のレスポールモドキ。


ここ数年?P−90(タイプ)搭載、チューンOマチック仕様のゴールドトップのレスポールを物色しておりました。


価格的に本物はもともと選択肢に入っておらず、長らくもっとも有力だったのはトーカイのLS165Sでしたが、他のメーカーからも同タイプが続々と登場し、結局フジゲン製を選択。


決定打?となったのは「CFS:サークルフレッティングシステム」と、トラスロッドカバーに刻まれた「富士弦」の文字。一応試奏にも行きました。


「サークルフレッティングシステム」とは、「平均律」という乱暴に言い換えれば不完全なチューニングシステムを採用しているギターという楽器の弱点?をカバーする目的で、フレットワイヤーを円弧状に配置しているというものです。


要するにフレットワイヤーが曲がっているのですが、演奏時に気になるようなことは一切ありません(少なくとも私は)。


12フレット以上でバレーコードを押さえたときに、その効果をはっきりと感じることが出来ます。


現在、ピックアップを交換するかどうか思案中。。。


f2































重さはそこそこあります。


f3































「富士弦」の文字と富士山のシルエット。

.

今日の一眼

'
かーなり久々の「今日の一眼」。

自宅の裏の景色です。

肉眼ではもう少し幻想的なイメージだったのですが・・・


加工はしたくないけどサイズだけ小さくしました。


keshiki


















.
Recent Comments
Quick Response
QRコード
Since 15 June '06
Supported by