'

先週の中頃のこと。

ある「長くお付き合い頂いているお得意先の担当者様」からの依頼で、
ある企業様を訪問した。

時間は確か夕方5時前くらい。


言われた通り、事前に聞いていた担当者のお名前を受け付けで告げ、
呼んで頂いた。


しばらくたって現れたのは非常に無愛想な若い女性。

再び要件を告げると

「ああ」

と行ってまた事務所の奥へ。


少しして何枚かの資料を持って戻ってこられた。

書かれているのは「ドコモショップ○○店」「松屋 ○○店」など
10店舗分ほどの図面を差し出してきて、

「これ全部の床清掃をお願いします。ワックスも。明日の朝までに全部。」

私「え? 掃除? 明日の朝まで?(そもそもなんでオレが?)」

「そうですよ。お願いしますね。」

私「いや、えーっと・・・う〜ん?」

「じゃとにかくお願いします。」

と言い残して女性は、足早に立ち去った。


車に戻って、依頼を下さった担当者様に電話で確認しようと連絡。


「朝までに床掃除と言われたんですが、内容合ってますか?」

「えー?そうなんですかー? じゃあすみませんが
とりあえずよろしくお願いします。」

「???」

「プーッ・プーッ・プーッ」

「う〜わ。どうしよっかな〜」


と、ここで夢だと気付きました。


詳しくは書きませんが、この夢の内容は、この時点での私の記憶・置かれた状況・精神状態などを綺麗に反映しており、感心しながら起きて、いそいそと出勤の支度をしました。

といっても現時点では既に記憶が相当は薄くなっているのですが・・・


ここ何年もめったに夢は見ていません(覚えていません?)。

久々のがコレでした。


久々のブログ、しょうもない話で誠にすみませんでした。


.