30年憧れ続けたVan Halen

35年憧れ続けたGodiego

の次は、32年憧れ続けた、名実ともに世界一のスーパースター


Paul McCartney


の日本公演「Out There Japan Tour」のチケットが届いた。

しかも、三度目の正直?で想定外のなかなか良い席。


ここ最近、ずっと思うような音楽活動が出来ていない私にとって、今年はまさに「神様のプレゼント」的な、特別な年になる。


私の人生に絶大な影響を与えながらも、今まで生で見ることが無かったアーティストばかりを、今年一年で見ることが出来るのだ。


音楽が出来ていない現状について、最近はその要因を客観的に分析出来るようになってきた。


窮すれば通ず


極めて限られた時間の中で、どのように音楽に向き合うか。


辞めるという選択肢は最初から無い。

ダラダラ続けるという選択肢は消えた。

大好きな音楽だからこそ、人生観にかかわる岐路に立たされる。

ただ、何かに燃え続ける存在であり続けたいと強く思う。


世紀のスーパースターを見た後、答えが見つかるかも知れない。


チケット