カスマスギターのブログ

世の中に蔓延する「個人の思い込み論評」

CusMus

Cusmus is still alive !!

私のiPod Nano、アーティスト一覧の最後の部分。

写真をクリックして下さい。

nano








そうそうたる面々の中に一人、見なれない名前があると思います。


下から4番目。 カスマスボーカルこと太田氏。

私が敬愛するソングライターです。


そんな太田氏が地元でアコースティックライブに出演します。

Cu☆d(カスタード)として私も出演したかったのですが、
いかんせん今は練習もままならず・・・


来る2010年7月10日(土)

お蕎麦で有名な出石の「DAY LIGHT」というライブハウス。

しかも本当にお蕎麦やさんの2Fという素晴らしいロケーション。

お近くの方はぜひどうぞ!



ちなみにアーティスト一覧にも軽く触れておきます。


Superfly - 1曲のみ。レッドリーム用です。

Yngwie Malmsteen - 師匠! 最新アルバムのみ収録。

You Adachi - デッドエンドのギタリスト。最近ちょっと聴いてない。

Yuki - 元ジュディマリの。これも最新アルバムのみ。

小田和正 - ベスト盤。素晴らしいアーティスト。たまに聴く。

植村花菜 - 本当に大好きな声です。歌、上手い!

太田博章 - Mr.カスマス

竹内まりや - 小田さんと同じ感じ。

椎名林檎 - 最新アルバムのみ。ただほとんど聴いてない。。。

木村カエラ - ベスト盤。正味 ButterflyとSnowdome。


iPod Nano・・・事情により知り合いから譲り受けたが、正直イマイチ。

.

連投継続中

.
10日から6日連続投稿中です。

今日はまた手抜きのYouTube

カスマスの新曲Bird Of The Light、これもHD!



http://www.youtube.com/watch?v=zoBfCzr2J4I


近々レコーディング予定!


と、もう半年言い続けている新曲です。。。

ちなみにこのライブ、照明さんが気を利かせて下さって、
僕らの後ろには鳥のイメージが映ってます。
.

そしてカスマスもHD

.
前の投稿「影山 遥ちゃん」の映像に感化され、カスマスもHD動画
なんとかアップしてみました!

本当にごくわずかですが映像と音声のズレがあるような・・・

ま、この際そんなことは気にせず、下の画像をダブルクリックして
YouTubeのサイトへ移動し、右下の「HD」ボタンを押して、
HD動画の高い解像度を見てみて下さい。

ちなみに、ちょっと古いパソコンでは処理が追いつかずにコマ落ちしますので、あらかじめご了承ください。

2009年度カスマス始動

.
カスマスにとって、2009年初ライブが終了しました!
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございます。
深く深く、深ぁ〜く感謝しております。

思ったよりも多目のお客様に見守られ、カスマスはオープニングアクト
として6曲を演奏しました。

セットリストなどの内容は他のメンバーブログに任せるとして、
私は個人的に今回初投入した、Line6 Spider Valve HD100
写真を載せておきます。

HD100withARIA










検討の結果、今回は結局GT−8の音を鳴らすパワーアンプとしての
役目しか果たしていなかったのですが、それでも私のギタリスト人生に
おいて、これまでで最もいい音が鳴っていたライブだと思います。

ただ、ビデオで見返してみると・・・ギターの音小さ過ぎ。。。


で、↓は今回のステージ。めっちゃ広いです。

stage

他力本願 〜気付けば11日ぶり

.
動画編集、アップロードに凝りまくってるカスマスボーカル氏。

あまりの多発ぶりに私を含む他のメンバーも全然反応出来ていません。

先日、練習スタジオにビデオカメラを持ち込んできたときは、どんなものが出来るのかと思いましたが、微妙に面白いものが出来てきました。

それがコレ↓ (音は期待しないように)



http://www.youtube.com/watch?v=UahsSbxT_7Y


セピア加工によって、メンバーの疲れ具合老け具合スタジオの
汚さ
等が、若干ですが緩和されている印象を受けます。


そんなボーカル氏のその他作品はこちらでご覧ください。


実は私も細々とアップしてます。こちら
.

記念すべき出来事

.
来月、3月15日に兵庫県豊岡市にて我々カスマスがライブを行うのは
既に書いた通りですが、なんとそのことが新聞に掲載されました。

2月4日の神戸新聞(但馬版)の一部です。

神戸新聞(但馬版)






京都在住の私には全くなじみのない新聞ではありますが、このように
活字になるということは、味わい深いものですね。

ちなみにライブに先立って、久々にFM豊岡にも出演出来るらしいです(録音ですが)。

豊岡の皆さん、ありがとう。。。

10周年 あれこれ

.
■オリジナル曲

24曲(ほか未録音1曲/順番待ち9曲)

CDアルバム×1
CDシングル×4
カセット/MD×1


■ライブ

34回(「Cu☆d」は除く)


■カバー曲

28曲(20アーティスト)


■初ライブ

1998年9月6日(大阪・ネストサルーン)

2000年6月18日(京都・MOJO)


■出演場所

14ヶ所(大阪×5・京都×5・兵庫×3・東京×1)


■公式キャラクター

カスマニアデビル 2002年〜


■公式サイト

カスマスドットコム(http://cusmus.com/)2001年〜



以上、カスマスの10年をちょっとしたデータで振り返ってみました。



ちなみに、京都でのライブは前回が2004年4月4日でした。

最初のライブから4年足らず。

こないだの京都FANJまでは4年半以上のブランクがありました。

すなわち、カスマスは京都では4年しか活動していなかったという事実が判明。


10周年は、正確には大阪での活動の歴史でした。


そして、理論上は53曲ものレパートリーがあることになっています。


本当は何曲でしょうか・・・もったいない・・・。



cm1京都FANJ リハ1








cm2京都FANJ リハ2








htm京都FANJ リハ3














.

10周年ライブ (その2)

.
カスタードマスタードの10周年記念ライブ(といっても僕たちがそう位置付けているだけで通常のブッキングライブです)

その2は11月24日の「京都FANJ」さんでのライブについて。


出番はトリで20時スタート。前日とは大きく状況が異なり、カスマス以外のお客さんがまったくいないという状態でしたが、少ない座席が程よく埋まっている状態でスタートしました。

前日の静まり返ったオープニングを避けるべく、当日の朝、思い出したようにカスマス初のSEを制作。
ビートルズの「Drive My Car」を切り貼り編集し、40数秒にしたものを使用。初SEの評判はいかに。。。


1曲目「カンベール」

2曲目「Heavy Moon」
は、前回の投稿を参照して下さい。


3曲目「Don't Go Away」

2004年9月発表のCDのタイトルチューン。
オリジナルは6分半に近い大作(?)なので、ライブではすっかりショートバージョンが定着。


4曲目「Like The Flame」 前回投稿を参照。


5曲目「An Everlasting Dream」

2002年発表のCD「うやむやエブリデー」収録のバラード。
この曲もオリジナルバージョンが非常に長いため、通称「ミリオンバージョン」と呼んでいるショートバージョンで演奏。ギターソロでは「いままでにないすごいミス」をしてしまいました・・・。情けない。


6曲目「Bird Of The Light」

7曲目「うやむやエブリデー」
は、前回の投稿を参照して下さい。


以上、40分のステージでした。
前日のライブが程よいウォーミングアップとなり、なかなかいいライブ(パフォーマンス)だったのではないでしょうか、とメンバーは思っております。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


この日使用したギターは↓Squier CST-30(改)でした。

sq1ラージヘッド








sq2自家製スキャロップ
ヴァーチャルヴィンテージ「ブルース」







sq3ヴァーチャルヴィンテージ
「へヴィブルース」

ウィルキンソンVSVG




.

10周年ライブ (その1)

.
カスタードマスタードの10周年記念ライブ(といっても僕たちがそう位置付けているだけで通常のブッキングライブです)が、終了しました。
いや、終わってしまいました。


その1は11月23日の「心斎橋FANJ」さんでのライブについて。


出番は1番で18時半スタート。ほかのバンドさんがたくさんお客さんを呼んでらっしゃったおかけで、大勢の方に見守られてのさい先良いスタートとなりました。

本番前の打ち合わせでは「BGMが大音量になってからステージに登場し、セッティングが終わり次第、ボリュームを落としてもらう」という段取りでしたが、どこで何がどうなったのか、ボリュームが上がってベースきむら氏が先陣を切って入場したとたんボリュームが絞られてしまい、めちゃめちゃ静かな中でセッティング→演奏スタート、というなんとも間抜けなオープニングになってしまいました。


1曲目「カンベール」

3月に発表したCD「Like The Flame」でも1曲目を飾っている曲で、CDを聴いて下さっている方(めちゃめちゃ少ないと思いますが)のためにこの位置にもって来ました。「お集まりの皆様、今日はようこそここへ」という歌詞から始まるというのもポイント。
昨年のライブでもおなじように1曲目に配置したところ、「曲が難しすぎる」とFANJさんから指摘されたいわく付きの曲でもあり、CD発表後の今回は、どんな印象を持たれたのかが気になるところではありました。


2曲目「Heavy Moon」

「Like The Flame」の3曲目に収録されている70年代、80年代、和洋HRミックス曲です。ライブバージョンはオープニングとエンディングがCDと違っており、ギターソロは恐れ多くも倍の長さになっています。


3曲目「Like The Flame」

CDのタイトルチューン。「あの曲良いね」と一番たくさんの方に好評な曲です。ギターはソロを除き、終始テンポディレイがかかったクリーントーン。演奏には気を使います。決して長いソロではないですが、われながらコンパクトに起承転結が盛り込まれているんじゃないかと思ったり思わなかったり。


4曲目「Bird Of The Light」

未発表(アコースティックバージョンは発表済み)の新曲。2箇所で三声コーラスを盛り込むという冒険をしております。ギターソロでは何年ぶりだろう?と自分でもわからないくらい久々にタッピング奏法を取り入れました。近々レコーディング予定です。


5曲目「うやむやエブリデー」

2002年にリリースしたCDのタイトルチューンであり、カスマスのライブには欠かせない重要な曲です。途中、2箇所で私の大好きなビートルズ「ペイパーバックライター」のリフを取り入れており、今回のライブではベースとユニゾンで演奏する形に変更。もう6年も前の曲なのだと思うと、この曲に対する意識の変化にも十分納得がいきます。


以上、30分という短いステージでしたが、翌日のライブに向けた公開リハーサルとしての目的は十分に達せられたと思います。公開リハーサルといっても決して手抜きしたわけではなく、力いっぱい演奏しました。


ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


この日使用したギターは↓Fender Japan ST57-70TX(改)です。

57-3スモールヘッド








57-1自家製スキャロップ
3プライピックガード
ヴィンテージノイズレスPU






57-2バックル傷







.

ベストに対して

.
昨日の投稿では、初ライブのことだけを書くつもりが、ついつい自分が
ベストだと思うライブについても書いてしまいました。

ので、今夜はその正反対、「ワーストライブ」について書きます。


私の中では2つのワーストライブがあります。


ひとつ目はワースト2位「京都MOJO 2002年1月26日


たくさんのお客様に見守られ、凄い盛り上がりの中、アンコールを含め
12曲も演奏しました。

演奏内容には特に不満が無かった、というか、私自身も私たちのお客様も酒に酔っており、宴会ノリの中、持ち時間を大幅にオーバー。
一部、社会人にあるまじき行為が含まれてしまったと言わざるを得ない
恥ずべきライブでした。


2つ目、こちらが真にワーストのライブ
またもや「京都MOJO」で「2003年9月27日


このライブはコレという悪い点があるわけでもないのに、一切楽しい思い出が残っていないという悲惨なライブです。

お客さんはそこそこ来て頂けました。しかも、この時しか見に来ていただいてない貴重な(?)方々が多数いらっしゃいました。なのに・・・

対バンとの流れ、お客さんの雰囲気、選曲、そして何より自分たちのテンション(モチベーション)などなど、全てが空回り、何一つ噛み合うことなく6曲を演奏してステージを降りました。


そしてこれが6回目にして最後のMOJOでのライブとなったのです。


-

カスタードマスタード・10周年記念ライブ

11月23日(日) 大阪心斎橋FANJ

開場 18:00〜 開演 18:30〜
前売 ¥1,680 当日 ¥1,890 (ドリンク別)

11月24日 京都FANJの詳細は後日アップします。
Recent Comments
Quick Response
QRコード
Since 15 June '06
Supported by