カスマスギターのブログ

世の中に蔓延する「個人の思い込み論評」

ストラトキット

最新近影

.
ストラトキット、最新の姿です。

フロントとリアにディマジオ HS−3を搭載。

silver hs3







.

一応これで完成

.
コムミュージックさんのストラトキット、購入後1年経過を目前にして
ようやく完成しました。といっても大半を放置していたのですが・・・

s1こんな感じのシルバーです。
トレモロブリッジは以前トーカイで使用していたフェンダージャパンのスティールブロックのタイプを装着。
サドルはグラフテック。
ピックガードはシンプルな8点止め1プライ。PUセレクターは5WAY。


s2かなりフラットなローズ指板
家具のような木目、22フレットです。
ネックシェイプはややスリムかなという印象。
指板端が鋭いのでサイドスキャロップするかどうか思案中。



s3いわゆるスモールヘッド
低音弦側のペグ穴の位置がややずれており、ナット溝に対して少し斜めに弦が走っています。
ナット溝の成形は前回のテレキャスと同様、結構適当にやってしまいました。



s4ご覧の通り、クリア仕上げしたにもかかわらず塗装面はガタガタ
見ようによってはレリック?
前回同様、塗装作業も適当です…





s5裏面。
こちらもこんな感じ。







前回のテレキャスキットと違って、私にとっては新鮮味にかけるストラトシェイプだったこともあり、製作意欲がなかなかかきたてられず、こんなにも時間がかかってしまいました。

でも不思議なもので、このようにギターとして完成すると愛着が出はじめて来たようにも思います。

私が所有しているストラトはすべてオーソドックスな21フレット仕様ばかりなので、このキットが唯一のフラットで22フレットの指板を持つストラト(もどき)ということになります。
.

初「口腔外科」、そして完成間近

.
今日は休暇を頂き、親知らず抜歯のため総合病院の口腔外科へ。
人生初の口腔外科。担当して下さった先生は若い女性でした。

正直、見た目からは想像が付かなかったのですが、そこそこのポジションにいらっしゃるようで、テキパキと作業をこなし、他のスタッフの質問に答えたり、指示をされたりする姿が非常に印象的でした。

で、あっという間に私の番。

レントゲンの後、局部麻酔。ちょっと痛い。
患部を冷やしながら順番を15分ほど待っていると、一番近い席に
誘導されました。

口以外の顔全体を布で覆われて、いよいよスタート。
見えない状態で良かった、と思えるほどもの凄い作業のようでした。
ドリルで削りながら、ときどき「メリ、ベキベキ」という音が・・・

緊張の余り、いったいどれ位の時間が経過したのかわかりませんが、
しばらくすると覆われている布の隙間から傷口を縫合する糸がチラリ。

その途中、その若い女医さんが

うわ、最悪

とポツリ。

いったいなんやねん、とかなりビビッたのは言うまでもありませんが、
何事も無かったように処置が終了し、笑顔で送り出して下さいました。

いや、最後は大きなマスクをしてらっしゃったままだったので、
笑顔かどうかはわからなかったはず。

なのになぜ笑顔だと思ったのか考えてみると、おそらくその先生の

見た目からは全く想像が付かなかった仕事っぷり

に大いなる尊敬の念を頂いていたのではないかと。

でも、出来たらもう経験したくないな。あれは。

---

話は大きく変わりますが、ストラト組み立てキットが1年越しで
ようやく完成間近です。

silver KIT

塗装 第2工程

.
9ヶ月間放置していたストラトキットは塗装の第2工程に入りました。

写真では多少わかりづらいですが、今回は

塗装2シルバー








にしました。

もっと「ねずみ色」っぽくなるかと思いましたが、今のところ予想外にシルバー状態を保っており、ピカピカ光ってます。


このあとどうなるか・・・


-----


カスタードマスタード・ライブ情報(京都)

※開始時間を訂正しました。


11月24日(月・祝) 京都FANJ

開場 17:30〜 開演 18:00〜
前売 ¥1,890 当日 ¥2,300 (ドリンク別)


カスマス、4年半ぶり京都ライブの出番は20:00〜


実は私、今回もカケモチでして、18:40〜のHTM's(A)にも出演します。

HTM'sは普段、私がドラムを担当しているバンドですが、今回は諸事情によりベースのモーリー氏が出演しないため、アコースティック形式で臨みます(カッコAはアコースティックの意味)。前回のライブではカスマスベース氏が代打出演したボーカルも今回は正式メンバーです。

ボーカル、アコギ×2の3人で、私はサイドギター。

どちらもよろしくお願い致します!!!

.

約9ヶ月放置

.
ストラトキャスター組み立てキット、作業開始しました。

実に約9ヶ月の放置

まずはボディをやすりがけして、ウッドシーラーを塗りました。

7cc3fd63.jpg














塗装がボディにしみ込み過ぎないようにするためのもので、
テレキャスの時は同じ目的で「との粉」を使用。

まずはここまで。
.

私はバカです。

4f0ae285.jpgかろうじてギターバカです。


さて、気を取り直して?本題に。





ご覧の通り、1本目がまだ完成し切っていないにもかかわらず、次がやってきてしまいました。

今度はローズ指板のストラトキット

ローズの質は予想以上でした。
木材のプロではないので、当然勝手な感想ですが。


tremoloそして、これがこのキットの謎


トレモロブリッジがフェンダー





テレキャスターの時もそう思ったのですが、やはりフェンダー関連の工場で製作されているのでは?


(続く)と思う
Recent Comments
Quick Response
QRコード
Since 15 June '06
Supported by