カスマスギターのブログ

世の中に蔓延する「個人の思い込み論評」

Triophonic

日本人はBurnが好き?

.
Triophonicの初ライブ、昨年11月の茨木JackLionでの映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=cYrkiKVfxkM

tr














ふと気付けばこの映像の再生回数が1,000回を越えていました。


主にYouTubeにて Deep Puprle Burn で検索されているようです。


私のチャンネルには他にも2つのBurnがアップされていますが、
なぜかこのバージョンの閲覧回数がダントツです。

1080p HDの超高画質であることが影響しているのかな。。。?


高速回線の方はぜひ最高画質でご覧下さい。


でも、私自身はこっち↓の方が好きですけどね。パフォーマンス的に。

http://www.youtube.com/watch?v=5Cd12I1O1K4

.

音声のみ加工

既にアップ済みの動画「OBB3」の決勝戦曲ですが、すべて音声のみ
マスタリングしました。

音量が大きいのでご注意下さい。


ちなみに…誰も必要としてない動画(つまり自分用)を作ってみました。
以下3本の動画のiPod対応版です。例えば「最近iPodを買ったけど、
動画を見たことが無い方」、ぜひ試して下さい。

ZIP圧縮していますので、取り出してiTunesで書き込んで下さい。

http://www.triophonic.com/nemo.zip
http://www.triophonic.com/smoke.zip
http://www.triophonic.com/burn.zip


---


3. Burn



http://www.youtube.com/watch?v=5Cd12I1O1K4


2. Smoke on the water



http://www.youtube.com/watch?v=xLnD1AXkNyw


1. Captain Nemo



http://www.youtube.com/watch?v=P57UOu_tmk0

.

ごまかし

今日は1月31日。早くも2010年のひと月目が終了しました。
それとは関係ありませんが、先日のOBB3でオープニングに演奏した曲

Captain Nemo (Instrumental) - Michael Schenker

をYouTubeにアップしたので、一応お知らせしておきます。
必ず480pで見てくださいね。



http://www.youtube.com/watch?v=P57UOu_tmk0

ギタープレイが結構ボロボロなので、せめてものごまかしにと、
音声のみマスタリング処理を施しました。

本来はキーボードのところをギターでそれっぽい感じで弾き、ベースに
ギターの部分をカバーしてもらってます。

オリジナルバージョンよりもテクニカルなベースとドラムにもご注目。


ちなみにこの本番の数日前に髪の毛を切りに行ったのですが、
気が付けばいつもよりかなり短く切られていました。

さらにその数日前、我慢出来ずに自分で前髪あたりを切ってしまったばかりだったので、「前のあたりはあまり切らないで下さい」と伝えたつもりだったのですが、終わってみればこのありさま。。。

もひとつ言えば白いベルトも勘違いして持っていったものでした。


ちなみに来月末、2月28日は、The New Texasのライブです!
.

あっと言う間に1週間が過ぎ・・・

1月17日のOBB3決勝からあっという間に1週間が経過しました。
今さらとは思いつつ、日記的にちょっと触れておきたいと思います。

セットリスト

1. Captain Nemo / Michael Schenker
2. Smoke on the water / Deep Purple
3. Burn / Deep Purple


この3曲は私が前々からやりたかった曲(バージョン)ばかりでした。


1. Captain Nemo

言わずと知れたギターゴッド・マイケルシェンカーのインスト。
初めて聴いた時、どうやって弾いているかさっぱり見当が付きませんでした。真相はハイフレットと開放弦をスキッピングで絡めた独特なものでしたが、トリッキーながらもメロディアスであるのはさすが世界のマイケルシェンカー。
私はというと・・・所々ボロボロでした。


2. Smoke on the water

Live in London 1974 に収録されているファンキーなバージョンを元にしました。皆さんがよくよく知っているミディアムスローテンポの「ジャッジャッジャー」のイメージではなく、最初から最後まで第3期メンバーらしい
グルーブとテンションが圧巻です。
トリオ編成ではキーボードソロの部分までギターを弾きますのでかなり
弾きまくりな印象です。



http://www.youtube.com/watch?v=xLnD1AXkNyw


3. Burn

Made in Europe に収録されている素晴らしいライブバージョンを元にしました。間奏におけるバスドラの裏打ちが心を掻き立てます。
この曲もトリオではギターでキーボードソロ部分を弾くのですが、フィンガリング的に難しい部分があり、たどたどしい感じがなかなか取れません。


ちなみに、キーボードソロをギターで弾いているといっても、大半はフリーフォームです。キーボード部分をコピーしている訳ではありません。


照明で顔が真っ白な写真(by Morry)

顔が真っ白


3と1

昨日は大阪・千日前のAnother Dreamで

OSSAN BAND BATTLE Vol.3
http://ossanband.jp/index.html

の決勝戦に出場してきました。

予選を勝ち抜いた総勢9バンドの個性的な面々による、
すばらしいパフォーマンスが繰り広げられました。


とりあえず結果を。


団体戦、


3位


に相当する賞


に選ばれました!!!



そして私は


なんと!


個人賞


に選ばれました!!!!!



長年音楽をやってきましたが、

これほど報われた思いをしたのははじめてです。



まだまだ

がんばりまっす!



昨日、Another Dreamにいらっしゃった皆様!

どうもありがとうございました!



詳しくは次回投稿にて。



ゲスト審査員、白井貴子さんと最後に記念撮影!

ちっちゃくてとてもかわいらしい人でした。

OBB3






.

ひとつの言葉(造語)です

Triophonic(トリオフォニック)という言葉は造語です。

3つ組を意味するTrioと、ステレオを意味するStereophonic
混ぜ合わせました。

なので、Trio Phonicではなく、Triophonicです。

以後、何卒よろしくお願いします。


で、先日の茨木Jack Lionでのライブ映像(HD画質)です。

よろしければご覧ください。



http://www.youtube.com/watch?v=cYrkiKVfxkM

「来年1月もよろしく」

.
昨日は茨木JACK LIONさんにて兄弟親戚三人組、


Triophonic (トリオフォニック) < http://www.triophonic.com >


の初ライブでした。


☆オダニさん、急な日程にもかかわらずご来場ありがとうございました。


今回のライブは通常のブッキング形式のものではなく、ケーブルテレビのJ:COMさんが企画している「OSSAN BAND BATTLE VOL.3」の大阪地区予選でした。

同コンテストは2年前にNovela Maniaが参加して見事予選を勝ち抜いたものの、決勝で思わぬ方と対面し・・・だったそうです。


そして、私たちTriophonicはというと。。。



同点1位で来年1月の決勝進出となりました。



驚いたのは私たち自身で、名前を呼ばれた時は3人とも


え?


としか言葉が出て来ず、スーパースタッフのユキコさんだけが


やったー!


と喜んでくれてました。


とにかく「準備期間が短かった」「レパートリーが無い」てな事で、
かなり「参加することに意義がある」的な気持ちになっていた私たちには
結構な驚きでした。

本戦にはもう少しきちんとした形のライブが出来るように頑張ります。


茨木JACK LIONでお会いした皆さま、本当にありがとうございました。


ちなみに、茨木JACK LIONさんのステージはこんな感じでした。

jl








モニター環境などなど、非常に演奏しやすくて助かりました。

.
Recent Comments
Quick Response
QRコード
Since 15 June '06
Supported by