いよいよ、11月になり、今年も残り2ヶ月になりました。皆さんの目標達成度はいかがですか?良ければ、コメントお待ちしています。

 

 さて、今日は、JFL後期第13節の第1日目が行われました。熊本県のロッソ熊本、本日は、現在16位、愛知県のFC刈谷との試合でした。今日の試合は、年1回の八代での開催でした。

 この画像は、11月3日にロッソ熊本が試合をした県営八代運動公園陸上競技場です。

 

 試合は、前半はロッソが若干攻めていたものの、得点には至らず、0−0で折り返す。

 後半も、ロッソが攻めるが、後半11分、ロッソ熊本の西森選手のコーナーキックから、こぼれ球を山口選手が決め、先制する。以後、危ない場面もありましたが、ゴールキーパーの小林弘樹選手を中心に、ディフェンス陣が頑張り、1点を守りきった。

 結果は、

 1−0 

で、ロッソ熊本、久々の2連勝となり、佐川急便SCの優勝に『待った』をかけることが出来ました。

 これで、ロッソ熊本は、勝ち点を61に伸ばし、順位は変わらずの2位です。

 ロッソ熊本が、Jリーグ入りをするためには、あと勝ち点。大体2勝すれば、可能となります。次節、ロッソが勝利して、3位のYKKAP、4位のFC岐阜、5位のアローズ北陸のどこかが負ければ、ロッソのJリーグ入りが確定します。また、ロッソの勝利だけでも、ほぼ、Jリーグ入りが濃厚になります。

 そのロッソ熊本の次の試合は、こちら。

 JFL後期第14節 

 対戦相手・・・FC琉球  

 試合会場・・・沖縄県総合運動公園陸上競技場 

 試合日・・・11月11日日曜日 

 試合開始・・・午後1時 

です。Jリーグ入りへの大きな勝利をお願いします。

 ここからは、この前の試合の画像を2枚紹介したいと思います。どういう写真かは、ライブドアピクスでご確認してください。

 

 


 

 それ以外のJFLの試合の結果です。

 YKKAP<3位> 4 − 0 FC琉球<17位>

 栃木SC<9位> 2 − 2 ガイナーレ鳥取<12位(暫定)>

 アローズ北陸<5位> 7 − 0 アルテ高崎<18位>

 FC岐阜<4位> 3 − 2 ソニー仙台FC<15位>

 横河武蔵野FC<7位> 2 − 0 ジェフリザーブズ<8位>

です。

 以下の3試合は、明日天皇杯4回戦でJ1と戦うため、延期になります。

 TDKSC<13位> 対 三菱水島FC<14位>・・・11月7日

 HondaFC<6位> 対 流通経済大学<10位>

 佐川急便SC<1位> 対 佐川印刷SC<11位>

日付の無い試合は、11月28日に行われます。

 今日、優勝が決まらなかった佐川急便SCは、ロッソ熊本の勝敗に関係なく、引き分け以上で、優勝が決まり、佐川急便SCが負けても、ロッソが引き分け以下で、優勝が決まります。負けた場合、優勝阻止をしてもらいたいと思います。

 ロッソ熊本、次節のFC琉球戦で、Jリーグ入りへの大きな勝利に期待したいと思います。