11月もそろそろ中盤になり、今年もあと1ヵ月半になりました。

 昨日は、高校サッカー選手権大会・熊本県予選が行われました。昨日の対戦カードは、ルーテル学院高校対熊本学園大学との試合でしたが、延長戦の末、ルーテル学院高校に決まりました。ルーテル学院高校の頑張りに期待したいと思います。

 

 さて、JFLでは、今日は、ロッソ熊本の試合が行われてました。(現在行われている最中ですが・・・。)

 今日の相手は、九州リーグ時代からの最大のライバル、現在17位のFC琉球との試合になります。FC琉球との直接対決の成績は、ロッソが5勝2敗と、リーグ戦では、ロッソが優位にいる状態での試合です。

 強風の中での試合が行われています。前半は、ロッソが風下の中で行われています。ロッソは、風下の中で苦戦しながら、必死にFC琉球の攻撃に守っている。前半25分、高橋選手が倒され、フリーキック、それを小森田選手が決め、先制!前半42分、コーナーキックが2回行われ、2回目のコーナーキックが矢野選手のヘディングシュートが決まり、追加点を上げる。

 エンドが変わり、後半にはいる。後半は、ロッソのペースで試合を展開する。しかし、なかなか、得点に結びつかない。後半24分、山内選手がペナルティエリアで倒されて、PKに、それをロッソ熊本の得点王・高橋選手が決め、久々に得点を挙げ、JFL総得点で23に伸ばす。34分、小森田選手のクロスから高橋選手に、そこから山内選手へパス、それが相手に当たってゴールに入りオウンゴール、4点目。その後、FC琉球が必死の攻めも、キーパー小林弘樹選手の守りにより、得点は入らずで、試合終了。

 

 結果は、

 4−0 

で、ロッソ熊本が3連勝を飾りました。

 ロッソ熊本は、現在勝ち点64で、順位は、変わらずの2位です。

 ロッソ熊本がJリーグ入りをするためには、残り勝ち点になりますが、先ほど、FC岐阜がTDKSCに、スコアレスドロー、アローズ北陸がガイナーレ鳥取に負けた関係で、ロッソ熊本は、4位以内どころか、3位以内までを確保することが出来ました。

 ロッソ熊本の次の試合は、こちらになります。

 JFL後期第15節 

 対戦相手・・・三菱水島FC  

 試合会場・・・熊本県民総合運動公園陸上競技場 

 試合日・・・11月17日土曜日 

 試合開始・・・午後1時 

です。次節も勝利を目指して、がんばれ!ロッソ!そして、2位でJFL終了を目指していただきたい。

 先ほど、ライブドアのニュースを調べたところ、ロッソ熊本のJFL4位以内のニュースが出ていたので、リンクを貼っておきます。是非、見てみてください。(n)

 

 これ以外に行われている、ロッソに関係するJFLの試合です。

 佐川印刷SC<11位> 2 − 2 YKKAP<3位>

 ガイナーレ鳥取<12位> 2 − 1 アローズ北陸<5位>

 TDKSC<13位> 0 − 0 FC岐阜<4位>

 流通経済大学<10位> 4 − 1 佐川急便SC<1位>

 三菱水島FC<15位> 1 − 2 HondaFC<6位>

 順位は、誤っていたら、後ほど訂正いたします。

これ以外の試合は、栃木SCがジェフリザーブズに勝利、アルテ高崎はソニー仙台FCに0−1の敗戦、横河武蔵野FCはFC刈谷に1−0に勝利です。

 

 この結果により、ロッソにとっては、さらに嬉しい話題、佐川急便SCの優勝は、本日、流通経済大学に負けたので、佐川急便SCの優勝は、おあずけということになりました。

 嬉しいことばかりのニュースのロッソの話題でした。