サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
著者:中原 圭介
販売元:フォレスト出版
発売日:2008-07-18
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


【マインドマップ】
サブプライム後の新資産運用_公開
(詳細)

【書評】
サブプライム問題によって金融危機に陥った金融業界で
いかにして資産運用していけばよいかが書かれている本。

リーマンショックの前に書かれているので多少統計などが古い面はあるけど
内容に変化はないので資産運用にとって参考になる。

この本の特徴は景気後退期と景気拡大期でポートフォリオを変えるという点。
景気がいいときは株式に投資をして、景気が悪くなると株式から資産を回収する。
このように積極的に資産運用していくことが大切だと書かれている。
これは「ほったらかしでも1億円の資産を生む株式・投資信託の始め方」に書かれている積み立て投資、長期保有とは違う考え方。
どちらがいいのかは各個人の判断だといえる。
投資は自己責任なので。

では景気の動向はどのようにしてみればいいのか。
具体的に見るべきものとしてはアメリカ経済は雇用統計とISM製造業景況指数、
日本は日銀短観である。
GDPも見る必要はあるが速報性がないという点であまりお勧めしていない。

為替相場に関しては各銀行(FOMC、ECB、日銀)の発表、経済指標を参考すればいいとのこと。
FX関連のHPに詳しい情報が載っているのでそこを見ればいい。
ただし、FX自体はお勧めしていない。

日本株に関しては日銀短観と外国人の売買動向をチェックする必要がある。
日本株における外国人の比率は高いので注意しておかないといけない。

自分は20代後半なので20代前半〜30代前半のポートフォリオを見ると
景気後退期なので資産運用についてはずばり、

株式 0%
外貨通貨 50%
現預金 50%

がいいとされている。他の年齢に関してはこちらのマインドマップ(jpeg)を参考。

ただ、投資信託はインデックスファンドがいいというのは両方とも共通しているので
個人的方針としては月々の給料から一定額をインデックスファンドに投資をし、
それ以外の余ったお金(ボーナスなど)を株式や外貨通貨として保有するつもりだ。
ただ、外貨通貨は預金保険対象外なので注意が必要。
預けている銀行の経営状況は常に把握しておく必要がある。

資産運用に関しては景気の悪化とともにどこに投資をすればいいのかが分からなくなっている。
今の状況では株式に投資をせずに、外貨通貨や預金でずっと耐えるのが一番なのかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ いつも応援ありがとうございます!
ブログネタ
おすすめの本 に参加中!