Naoログ

南の島の倦修医(ダメレジ)の雑記ブログ。
デジタル一眼レフや写真のほか、
Android(GalaxyTabなど)の話題も。
FlickrInstagramやってます。
よければどうぞ。

caracle-s ver2.0の分解計量(と軽量化妄想)

クランクセットを交換するついでに分解計量してみました。
IMG_8459
大きな猫ぐらいのサイズに…さすがcaracle-s。

この状態(サス付)で約3.06kgでした。
2018-07-13 22.51.47 - コピー
ヘッドパーツとか諸々外せはしますが流石に面倒…

あんまり面倒ではない範囲で分解してみました。
分解途中で撮ったメモ写真もいくつか。

チェーンリングの歯はシートポストから35mm程度離れていました。
IMG_8434 - コピー

ゼロスタックのヘッドセットとハンドルポストの間にはスペーサーが。
IMG_8435 - コピー

ver2.0のハンドルポスト固定ボルトはM23でした。
IMG_8480
Liteproの9g超軽量ボルト。

ハンドルポストは重量級。
IMG_8437
多分スポーツパッケージの伸縮タイプでもそんなに変わらないはず。
もの凄い力がかかる部位(特にブレーキ時)なので仕方ないです。
左前方に折れる特殊なタイプで代替品が見つかりません。
普通は左後方や右後方ですからね。
折りたたむときにフロントフォークをひっくり返すのがキモです。

軽量フロントフォーク。
IMG_8453

コラム長はDAHONと同じく111mmです。
IMG_8454

大まかにブレード長30.5cm、オフセット3cmかな?
IMG_8455
IMG_8456
TRIGONのカーボンフォークより少し短い。
完全に一致しないと折り畳みの収まりが悪くなりそうです。
ブレーキ台座も特殊(TERNと同じ)なので交換は難しいかも。

まぁ、カーボンフォークはたいして軽くない。

CONTROLTECH カーボンフォーク価格変更 【橋輪Blog】
http://hashirin.com/archives/1697790.html
>カーボンフォーク、アルミコラムで、427.5g。

ボトムブラケットはフェイシングされていました。
IMG_8460
ACEのカセットBBもするする入ります。

計量したパーツ一覧です。
本体重量(スタンド込み)は体重計法で11.6kgでした。
caracle

公式やAmazonの他、下記記事も参考にさせていただきました。

の~んびりぽたバイク-caracle-s 各部の重量
http://sarami.pv.s-labo.com/blog/potabike/2015/09/28/caracle-s-%E5%90%84%E9%83%A8%E3%81%AE%E9%87%8D%E9%87%8F/

MITCHIE M-CARACLE-Sのハンドル周りのパーツ重量を調べてみた
http://mitchie-m.com/blog/bike/caracle-s-handle-weight/

ホイールは分解が面倒なのでほぼ概算です。


折角なので実現可能そうな範囲で軽量カスタムを妄想。
caracle2
だいたい8.4kgぐらいになりそう。
色々犠牲にすれば7kg台も可能かもしれない。
おサイフもだいぶ軽くなりそうですが…

こうやってみるとカーボンのcaracle-cozは凄いですね。

とりあえずは10kg台に収まる程度に留めようかな。

ACEの軽量チタンシャフトペダルをグリスアップ

caracle-s用にACEの超軽量ペダルを購入しました。
Aliexpressでも6000円程度となかなかのお値段です。
IMG_8395
2個で156gともの凄く軽いです。
チタンなのはシャフトだけでペダル部分はアルミです。

アダプターだけだと17gです。
IMG_8397

MKS SYLVAN TOURING NEXT Ezy Superiorはペダルだけで154gです。
IMG_8398

アダプターが似ていて一見互換性がありそうですが、
残念ながらシャフトの溝がズレていてはまりません。
IMG_8399
逆も無理です。

指で弾くだけでクルクルと回るMKSと違って回転が渋い。
1回転すらしません。caracle純正と同じぐらい。
でも回転は滑らかではあります。

玉当たり調整か?と思い分解してみることにしました。
キャップはアーレンキーで外れます。
IMG_8404

中は9mmナットで固定されています。
IMG_8405
これは左右でキチンと逆ネジになっていました。

軸もキャップと同じアーレンキーで外せます。
IMG_8426

キャップ側はボールベアリングでした。
IMG_8429

が、クランク側はただのセラミックです。
IMG_8432

クランク側にはゴムのシーリングもあってこれも抵抗に。
IMG_8431

シャフトはテーパリングされています。
IMG_8430
ワセリンのようなグリスがたっぷり。

パーツクリーナーで元のグリスを洗い流してしまいます。
AZのウレアグリスを充填して逆の手順で組み立て。

若干更に少しだけ滑らかになったような?
ベアリングへの換装は厳しいです。

Caracle-s ver2を購入

前々から気になっていた世界最小20インチのcaracle-s。
東京に行ったついでに狐塚自転車工房に実写を見に行きました。
18インチ版のcaracle-s lite(仮称)を狙って様子見のつもりでしたが…

店主とお話しすると18インチにしたってそこまで小さくはならないし、
エンド幅は130mmもない(試作車は外装3段)もあって改造の制限も大きい。
そこは燃えるところですが、やっぱり走行性能をとって20インチにしました。
現行のver2の在庫がはける頃にver3が出るそうですが、
若干の軽量化はされるもののメインフレームに大きな変更はなさそうと。

色々お話が聞けたので勢いで注文してしまいました。
1週間ちょっとでテックワンから納品されて、整備して沖縄へ。
着払いで送って貰って送料は4000円とちょっとでした。
IMG_8379
IMG_8380
台風7号(プラピルーン)の暴風域突入ギリギリで到着。

試乗したいのですが残念ながら大雨です。流石雨の神。
分解計量もしたいですが、それをするにはちょっと時間が…

付属品は簡素な説明書と保護シールです。
IMG_8381
IMG_8384
birdyみたくトルク一覧表とか欲しかったかな…

狐塚自転車工房さんで組付けしてもらったのですぐにでも走れそう。
IMG_8385
と思ったんですが、リアブレーキが触れてるので微調整が必要かな。

ボトルケージ穴には鈍く青く光るネジがついてました。
IMG_8388

ハンドルポストは左前方に折れるタイプ。
IMG_8391
Boardwalkは左後方に折れるタイプです。
余った伸縮式ポストが使えず残念。

沖縄ではサンセットバイクが契約店なようです。
必要な純正パーツがあればそちらで取り寄せかな。

改造の方向としては輪行特化型です。
スーツケースに収まるのは絶対条件。
そこそこの軽量化と内装ギア化を目指します。

内装ギアについてはエンド幅130なので選択肢が狭まります。
ざっと調べると以下が使えそう。

・Shimano Nexus 7Sシリーズ(eBayで購入可)
・Shimano Alfine 8S(ナット加工or交換で130mm化可能らしい)
・Sturmey-Archer X-RF8(120mmモデルがある)

上記で簡単なのはNexus 7Sですが、変速幅が狭くて微妙です。
Sturmey-ArcherはNexusと比べると回転が微妙なようです。

本命はAlfine 11Sです。
ドイツ?の記事でナット交換と左側の加工で130mm化可能な様子。
ネックは試すにはなかなか良いお値段(4~5万はかかる)なこと。
32H/36Hしかなく406のホイールの選択肢が少ないこと。
まぁ、しばらくパーツ探しで楽しめます。

最後に、待っている間に調べたパーツリスト。
caracle

そろそろクランク周りが届くので早速交換したいです。

[BW2016] ブルホーンバーにバーエンドミラーを

安物ブルホーンバーなので肉厚で内径も16mm程度しかありません。
Bush&mullerのバーエンドミラーがギリギリ入らない…。

表面を軽く削って入るようにはなりました。
2018-05-19 19.16.25

ただ、スレッドレスコンバーターと同じ構造で固定するタイプです。
緩やかにカーブしているのでナット側が入る余地がありません。
2018-05-19 19.16.36

ナット側を加工するのも面倒なのでボンディックで作ることにしました。
2018-05-19 19.35.24
少しずつ塗って固めていきます。

べっこう飴のような見た目です。
2018-05-19 19.37.30
そんなに力がかかる部位ではないので強度的には十分でしょう。

無事固定出来ました。
2018-05-19 19.48.37
やっぱりミラーがないと道路を走るのが怖いです。

[BW2016] BoardwalkをBirdwalkに

前後ディスク化してブルホーンバーもつけたBoardwalk D7 2016 International。
大改編ももう終わりと思っていたんですが…
フロントにサスをつけたいという欲求が抑えられなくなってしまいました。

最初はモールトンのフロントフォークに目をつけたんですが、
なかなか流通していないうえに、あっても多分値段がえらいことになっていそう。
構造上もDAHONの折りたたみステムと共存は難しい。

MTB用のはごつすぎる。
中華サイトにあるフォークの付け根がバネの物はちょっと不安が…

と探しているとヤフオクでルノーパシフィックのものを見つけました。
2018,05,08_19,14,45
しかもBoardwalkに近い水色。
Vブレーキに逆戻りですが試してみたくて落札。1万ちょっとでした。

凄い汚れている。洗えばもうちょっと値段があがったんじゃないか…
2018,05,08_19,14,57
ネジは錆びているものの表面だけで問題無し。クラックもない。

元々18インチ用ですが20インチ(406)もつけられます。
2018,05,09_22,40,24
Speed P8用のホイールを74→100mmアダプターで装着。

つけられそうなタイヤの縦幅は35mm程度でした。
2018,05,09_22,41,43

今使っているTIOGA PowerBlock S-spec 20×2.10は50mm近い…
2018,05,09_22,42,30
残念ながら普通の太さのタイヤに換えます。

BD-1の20インチ化にはロングアーチVブレーキが必要です。
お試しなのでヤフオクで購入。
2018,05,16_20,22,15
1個だけバネがついてなかったですが中華クオリティなので。

DAHONの折りたたみステムとの共存のためにもう一工夫。
フロントディスク化の廃材を捨てずに置いておいてよかったです。

[BW2016] アルミフロントフォーク(ディスク対応)に交換
http://blog.livedoor.jp/cn221283/archives/51238469.html

140mm程度に切ってM26でタップ。
2018,05,16_22,00,00
ネジを使ってスターファングルナットを慎重にねじ込みます。

 トップ?キャップは安いので。
2018,05,16_23,05,56

各所の締め付けトルクはbirdyの整備マニュアルにありました。
二世代ほど前のものですがそんなに変わってないと予想。
文書名 _rm_birdy_ba_en_state_10-2015

INSTRUCTION MANUAL BIRDY
https://www.r-m.de/media/filer_public/64/b6/64b612ae-6726-439c-a3f9-3b355f311134/rm_birdy_ba_en_state_10-2015.pdf

クラウンレースがゆるゆるです。
2018,05,16_23,16,18

隙間にはアルミ缶を細切りにして詰めることにしました。
2018,05,16_23,20,52
2018,05,16_23,31,44
liteproのクラウンレースは切り込みが入っていて扱いやすいです。

タイヤはせっかくなのでKOJAK 20×1.35にしてみました。
2018,05,18_06,44,55
1cm程まだ余裕があるのでもうちょっと太めでも良さそう。

フロントのカゴもつけてテストライド。
2018,05,19_13,35,45
若干ハンドルがクイックになりました。
地面に吸い付く感じはタイヤの影響の方が大きいかも。

段差を乗り越えるときの衝撃は多小緩和されました。
ただカゴの中身はだいぶ暴れるのでフロントカゴは止めた方がいいかも…。

前ブレーキで前に沈みますね。
確かにフルブレーキで前をロックすると前転しそうです。

折りたたみは…
2018,05,19_13,38,53
正直厳しい。
フロントとリアで高低差が5cm程度あって不安定です。

苦労を重ねたドロップハンドルの配置もまた考えないと…
2018,05,19_13,39,08
もう外折れにした方がよいかもしれない。

birdyシリーズの特徴のフロントフォークの展開は逆効果。
2018,05,19_13,47,22
バネが地面に着いてしまいます。


caracle-s lite(18インチ)が出たら輪行特化機を作りたいです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングに登録中
当ブログを気に入った方は
クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


記事検索