なんとなく、ただ何となくデュアルSIMアダプターを使ってみたくなりました。
Aliexpressで買うと1個$3.5程度ですが、思いつきなのでAmazonで購入。

VicTsing Dualsimカード変換アダプタiPhone 4 iPhone 4S対応 同梱10個 [並行輸入品]
001
http://www.amazon.co.jp/dp/B00LBZJUVI

とりあえず安いものにしました。
002
1週間ちょっとで到着。年内に間に合って良かったです。

iPhone4S向けなのでSIMトレイがついてますね。
003

SIMアダプターを付けてワイヤレスゲートSIMを載せます。
004

厚さは1mmとちょっとぐらいですね。
005

配線方向の問題で本体側のSIMには工夫が必要です。
006
今回はSIMとトレイをプリントケーブルで挟む様にしました。

結構ギリギリです。
007

フタも一応閉まりますが、防水性能はガタ落ちでしょうね。
008
お風呂タブとして使う事はないので構いませんが…

この状態で起動し、しばらくするとSIMが2枚認識されます。
SIM切替に使うSIMツールキットが自動的にアプリ一覧に現れます。
009
残念ながら今現在アダプタでWCDMAのDSDSは不可能です。
アダプタじゃ無くともほとんどは3G+GSMのDSDSのゆですね。
今回はSIMツールキットを使って完全に切り替える方式です。
DSSS(Dual SIM/Single Standby)ですね。

デュアルSIMについては以下の記事が詳しいかと思います。

PC online-デュアルSIMって何?

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20140723/1137704/

SIMツールキットを開くと項目が3つ現れます。
010
使うのはSIM切替の「Switch Number」だけですね。
Setupは不要です(後述)。

Switch Number。
011
SIMはSetupで登録した名称で表示されます。
ただ登録しなくともSIM1、SIM2となるので十分でしょう。
SIM1(上)は本体側、SIM2(下)はアダプタ側となります。

現在のSIMは通知領域に常に表示されます。
012
通知領域をタップしてもSIMツールキットを呼び出せないのはちょっと不便。
まぁ、そんなに頻繁に切り替えるものでもないですけどね。

元からのデュアルSIM機と違い、
アダプターの場合はSIM切替毎にAPNの設定が必要です。
毎回設定からAPN設定に行くのが面倒なので、
TaskerでSIMを切り替えたらAPN設定を呼び出すようにします。
013

SIMツールキットを開いている時にSIMの通知があると実行されます。
Taskerに通知を読ませるのは説明が長くなるので下記を読んでください。

[Android] TaskerでLINEの鳴り分けをしてみる
http://blog.livedoor.jp/cn221283/archives/51165017.html

今回はSecureSettingsからQuickShortcutMakerを経由します。
014
実行するショートカットは以下になります。
com.android.settings/com.android.settings.ApnSettings

これでSIMを切り替えると自動でAPN設定が開きます。
015

むき出しのアダプタはケースとの間に挟むことにします。
ケースをホビールーターで削ってやります。
016
ヤスリだと数時間はかかりそうな作業がわずか数分で…
リョービの標準的なホビールーター置きっ放しだったんですよね。
この前のTypo改造の時にも使えば良かったです。

もともと厚いケースなので1mmぐらいはなんとか削れます。
017
フタの所をも隠れるのでアダプタは完全に見えなくなりますね。


で、このデュアルSIMアダプタですが、幾つか動作検証をしてみました。
わかったことを以下にまとめます。

①SIM No.とSIMカードの電話番号は関係ない
SIMツールキットのSetupが不要な理由です。
SIM No.は001や002でも問題はありません。

②SIMとAPNは紐付けしてくれない
これは既に触れてTaskerで対処してます。
APNを指定できるTaskがあれば完全に自動化できるんですけどね。

③SIM2使用中にSIM2を抜いても再起動されない
再起動されずSIM1に自動的に切り替わります。
が、これ、かなり問題のある仕様かもしれません。
この時、SIM1なのにSIM2の番号かつSIM2のAPNで通信され、
IP確認サイトでもSIM2で用いるホストが表示されました。
SIM1(spmode)なのにホスト名がSIM2(wi-gate)のものということです。
危ない橋のような気がしたのでこれ以上は追求せず。

単なる思い過ごしであれば良かったのですが…
もしかしたら同じドコモの回線を使っているからかもしれません。
この状態でSIM2を再度挿してもSIMツールキットは使えません。
アプリがフリーズした後、アプリ一覧から消失してしまいます。

④SIM1の通信確立後ならSIM2を別のSIMに挿し換え可能
SIMを頻繁に交換するような人(いる?)であれば役に立ちそうです。
SIM1に切替後、通信が確立した後であればSIM2を別のSIMに挿し換えられます。
挿し換えた後、SIM2に切り替えると挿し換えたSIMで通信が可能でした。
ただし、SIM1の通信が確立する前にSIMを挿し換えるとダメで、
SIMツールキットがフリーズしてアプリ一覧から消失します。


手持ちのXperia Z2 Tabletでしか検証していないので、
もしかしたら機種やAndroidのバージョン毎に挙動が異なるかもしれません。
しかしながら③はかなり問題がありそうなので、
このアダプターを常用する際には注意が必要かもしれません。


- - - - - - - - - -
ブログランキングに登録中です
当記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします。
人気ブログランキングへ