2005年09月23日

サイト移転のおしらせ

当ブログですが、移転することになりました。それと同時にタイトルも変更しています。

サイト名:Brightning ocean
URL http://ameblo.jp/brightning-ocean/

です。ご面倒ではありますが、こちらへ移動してくださるようお願いいたします。何で移転しようと思ったかは移転先で書いてます。


cnst_hirokun at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月19日

禁煙トライ経過などなど

まず宣言した禁煙について

経過時間 4日 4時間 13分経過
吸わなかった煙草 125本
浮いた煙草代 1750円
(原価 783円  たばこ税+消費税 967円)
延びた寿命 10時間 25分

いや最初の2日間は地獄だった。頭はボーッとするし、しまいには頭痛まで起きてしまったので辛いっちゃなかったわ。それを過ぎてからは比較的楽になってき た。でも時々一本吸いたくなるのがつらいところ。おそらく体ではなく心が欲しているんだろうな。でも禁煙できそうな気がしてきた。
この前は「禁煙セラピー」を購入。あれを読むとタバコを吸う気にならなくなるのもわかる。多分に洗脳効果がある本だけど、まああの本に書いてあることを信じ込めば禁煙は可能な気がする。タバコを吸ったってメリットなど何もないことを頭に叩き込んで、禁煙生活を続行しよう。

【うーむ、つまづいちゃったなあ】
コンサドーレ札幌 1−3 アビスパ福岡
(札)清野

 完全につまづいてしまった。正直厳しい情勢になったのは確か。でもまだ12試合あるわけだし、このあとどこかがまたつまづくかもしれない。それを信じて、まだ諦めないでもらいたい。



cnst_hirokun at 18:24|PermalinkComments(2)TrackBack(3)にっき 

2005年09月15日

宣言!

唐突ではありますが、以下の宣言をします。

私、今日から禁煙します。

思うところというのは色々あって、
・ちょっと健康面で不安になるところがあった。
・近くの人も禁煙を始めた。

というのがあるんですが。将来自分が就く職種を考えたら、ここでタバコをやめないと恥ずかしいのもあるので、ここに宣言します。ブログで宣言したのは勿論自分を追い詰めるため。前にも挑戦しようとはしたけど、離脱症状のつらさに断念したこともあるので、まずは最初の5日間が肝心。さあがんばろう。

開始日時 2005年 9月 15日 14時 0分
経過時間 1時間 33分経過
吸わなかった煙草 1本
浮いた煙草代 14円
(原価 7円  たばこ税+消費税 7円)



cnst_hirokun at 15:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)にっき 

2005年09月12日

衝撃の結果

【自民圧勝「296」、与党3分の2超…郵政法案成立へ】

 昨日の8時に各局の出口調査結果が発表。この瞬間、はっきりいってぶったまげました。おそらく自民が勝つだろう、とは思っていましたが、せいぜい単独過半数、自公で絶対安定多数がいいところだろうと考えていただけに、まさか自公で3分の2をとるとは思いませんでした。小選挙区制って強烈だなあ。このページを見てもらえばわかりますが、比例では自民と民主にそれほどの大差はついていないし、小選挙区でも実は接戦が多かった。のに選挙区ではこれだけの圧勝となりました。今の選挙制度になってから確か4回目の総選挙だったけど、この制度の凄さを初めて思い知った気がします。

 まずこれで郵政法案は通るでしょう。というか絶対に通ります。ただ問題はこれから。これだけの議席を獲得できた、ということはこの先何かとんでもない失政があると、次の選挙でまるごとひっくり返される可能性もあるわけで、自民党に課せられた責任はとても大きいですよ。

以下雑感を
ホリエモン落選
 フジテレビのインタビューであのホリエモンが弱音を吐いた。やっぱり選挙戦って過酷なんだよね。それを何回も通ってきている今の議員たちが色々な意味でタフなのもわかる。しかしこれでこのブログの動作が重いままになってしまうことを懸念。

ムネオ比例で当選
 ムネオ復活。とはいえ今は公判中の身。もし有罪が確定したら失職してしまうのだが。あ、それを考慮して比例で出馬したのか。これなら補欠選挙にならず名簿2位の人が繰り上がるだけだからなあ。それより気になったのがムネオの娘。弁舌は父に似ているのに、顔は父に似ていなくてかわいい。この娘、何年かあとに出馬しそう。そうなったら相当人気が出そうな気がする。

■刺客の結果あれこれ
 受かって当然の人もいれば、何だかなぁという結果もあり。静岡7区で城内氏が落選したのは残念に思う。かなりつつましい生活をしていた方で、庶民の気持ちがわかりそうな人だったので、惜しいなあ。野田聖子は受かって当然でしょう。

 これ以外にも書きたいことはあるのでまた後で。



cnst_hirokun at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)にゅーす 

2005年09月10日

J1への道はまだまだ険しい

【J2第31節】
コンサドーレ札幌 0−3 サガン鳥栖

 これだけの完敗は久しぶり。水戸戦はスコアがまだ0−1で済んでいたけど、今回は0−3だからなあ。こういう負けをやらかすところがまだ若さなのだろ う。守備が1回崩れると立て直せるだけのスキルがついていないのかなあ。あまり得失点差が大きくない札幌にとって痛い敗戦。まあ次から山形、福岡、京都と 続いていくので、この負けをバネにしてほしい、っていうかしてくれい。じゃないとJ1は夢で終わる。

 今日は近くのスーパーで北海道フェアなんてことをやっていて、クラシックを売っていたのでこれで祝杯をあげようと考えていたんだけど、そんな目論見はもろくも崩れ去った。とはいえ今飲んでいるところですが。勝利の美酒を味わいたかったよぉ。



cnst_hirokun at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こんさどーれさっぽろ 

2005年09月06日

ああ、ついに終わっちゃうのかあ。

 ついに内村プロデュースが終わります。オレもこのニュースに衝撃を受けた一人です。月曜の夜といえば内P。あえて女性にケンカを売ると、間違っても「あ いのり」なんて見ようとも思いませんでしたね。どうしようもなく下品でくだらなくてバカばっかりで、でもそいつらを見て笑っていた月曜の夜がなくなると思 うと寂しいですね。内村プロデューサーのメッセージを見ると、単発では何回か復活するようなので一安心。また笑わせてほしいなあ。

 とこれだけじゃアレなので、印象に残ったシーンを3つ。

出川のケツをじーーーっと見つめていた徳ちゃん
 今やウッチャンの奥さんになった徳ちゃん(金沢出身)。その徳ちゃんの印象を決定付けたのがこのシーン。出演者の言葉を借りると「こんなアナウンサーいねぇよ」。

出川、水槽の角におでこをぶつける
 おそらくこれをお笑い番組における「奇跡」というのでしょう。出演者全員瞬殺。オレも瞬殺。

出川のケツに柿の種がくっつく
 いつだかの春スペシャルでの一コマ。これも奇跡だな。腹の底から爆笑。

 って全部出川絡みになってしまった。レギュラーではなかったけど、これだけ印象に残る数々の芸をやってくれた出川哲朗、やはりただものではない。

 まあ他にも色々あることはあるんだけど、余りにバカすぎて忘れてしまいましたね。またこんなバカな番組作ってほしいなあ。
 


cnst_hirokun at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)げいのー 

2005年09月05日

試作品その2完成

準優2回乗り禁止こんなんどうでしょうか。よかったらどしどし用いてください。

cnst_hirokun at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月04日

大きな大きな勝ち点3

【J2第30節】
ヴァンフォーレ甲府 0−1 コンサドーレ札幌
(札)三原

 前のブログで「かなり重要な一戦」と位置付けたこの試合で、勝ち点3を取れたことがものすごくうれしい。柳下監督の会見でもあったように、選手たちがこの戦況の中で成長しているのでしょう。こういう試合では内容以上にまずは結果。その結果を勝ち取ったことで本当によかったです。
 ただここからの試合が鳥栖、山形、福岡と続いていて、しかも中3日。この3試合もまた気の抜けない試合になるから、しっかりと準備して臨んでほしいです。ここで勝ち点をかなり取れると、いよいよ昇格が見えてきます。勝ち点6は稼いでほしいですね。

続きを読む

cnst_hirokun at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こんさどーれさっぽろ 

2005年09月02日

変動相場制ワイド番組

 北海道で絶大な支持を誇る札幌テレビ(STV・日テレ系)のローカルワイド番組「どさんこワイド」。当初は2時間番組 「どさんこワイド120」として始まり、その後3時間以上の大型番組「どさんこワイド212」として発展していきました。ラジオで人気のあった木村洋二、 明石英一郎両アナウンサーをメインパーソナリティに配したこの番組は、瞬く間に北海道の夕方を支配。この番組をきっかけに「じゃんけんぽん(テレビ金 沢)」や「テレビ宣言(広島テレビ)」、「めんたいワイド(福岡放送)」など夕方の地方ローカルワイドが全国に普及していきました。

 そのどさんこワイドの後についている「212」というのは、北海道の市町村数を表しています。ところが市町村合併が進んでいる昨今、北海道でも多くの町 が合併を行うようになりました。当然合併により市町村の数は減っていきます。そうなると問題になるのが番組タイトルにある「212」という数字。この数字 をどう扱うか、STVでも様々な議論があったでしょう。その結論は、

あくまで市町村数に合わせる。
合併したらその分数を減らす。

でした。これにより昨年12月1日、どさんこワイドは「どさんこワイド208」と タイトルを変更しました。しかし市町村合併はいっぺんに行われるわけではありません。各市町村のスケジュールにより順次行われるものですから、それにあわ せて番組タイトルもどんどん変更されていきます。よってどさんこワイド208は207になり、9月1日には「どさんこワイド204」と変更されました。

 そしてこの流れはまだまだ終わりません。今後のスケジュールは次のようになっています。

2005年10月01日 どさんこワイド198
2005年10月11日 どさんこワイド196
2006年02月01日 どさんこワイド195
2006年02月06日 どさんこワイド194
2006年03月01日 どさんこワイド192
2006年03月06日 どさんこワイド189 (注:このときの合併は5日の日曜日に行われます)
2006年03月20日 どさんこワイド188 (うちの実家の町が隣町と合併)
2006年03月27日 どさんこワイド182
2006年03月31日 どさんこワイド180

 って変わりすぎです。まるで今の原油相場に逆らうかのような下落っぷりです。特に195や192はこのタイトルで放送するのがわずか3日しかありませ ん。はっきり言ってムダだと思うのですが。ここまでして市町村数にこだわる必然性があるのでしょうか。私にはどうも理解できません。もはやどさんこワイド の知名度は北海道では当たり前なのですから、いい加減「どさんこワイド」のみでいいんじゃないでしょうか。そう思うのですが。

続きを読む

cnst_hirokun at 00:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)にゅーす 

2005年08月31日

実は私、免許取得中

 実はこの夏、今更ながら運転免許を取りに行っています。補習はつきましたが、仮免許は一発で合格。にしても当初の予定より免許取得のスピードが遅くて 困っています。まあ夏休み期間中なのでたくさんの人たちが取りにいっているし、仕方ないですね。現在は第2段階の真っ最中。街にドライブ気分で教習・・・ てな感じにならないから大変。結構色々言われています。

 運転の三大要素といえば「認知→判断→操作」であり、その中でも認知と判断が大事なのは学科の必修項目です。が、オレはどうやら認知が少し遅く、判断をすっ飛ばしがちだと言われました。確かに焦りから「認知→
判断→ 操作」になることがあるかも。んでこういうタイプは事故を起こしやすいそうです。昔からオレは無鉄砲だと親によく言われているので、改めてこういう風に言 われて反省に反省を重ねているところです。今後慣れていけば多少はよくなるのでしょうけど、これからまた大変になっちゃうかなあ。

【J2第29節】
コンサドーレ札幌 2−0 湘南ベルマーレ
(札)デルリス、池内
デルリス
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!
池内も
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!
 連敗しなかったのは何より。前節の敗戦を引きずらなかったことが最大の収穫。ということで次の甲府戦が相当大事になってきましたよコレ。


続きを読む

cnst_hirokun at 21:28|PermalinkComments(4)TrackBack(2)こんさどーれさっぽろ 

2005年08月28日

処分決定

【 駒大苫小牧の全国優勝変わらず、部長は謹慎 高野連結論(08/27)】
 このような処分が下りました。まずは生徒に罪を被せる形にならなかったことで、心からほっとしています。このような事態によって生徒の名誉まで傷をつけてはなりませんからね。

 正式に処分が下ったことで、この件について少し思ったことを書きます。この件で焦点になったところは
1.部長が被害者を殴打したこと
2.6月に殴ったとき、何発殴ったのか
3.8月にスリッパで殴った経緯
4.隠蔽に至った経緯
の4点だと思います。1については学校側、被害者側双方ともに認めていたので議論の余地はありません。3についてもやや認識に違っていたものの、この件で のメインテーマにはならなかったでしょう。問題は2と4でしょう。2については和解直前まで両者の認識にズレがありました。しかし昨日の和解で被害者の父 は
「正式に謝罪をしたことで、回数についての差は消えた」
とコメントしています。そして今日に至るまで何回殴ったのか、その真実は明らかになっていません。また4についても和解では
「校長が勘違いをしていた」
と処理していました。正直この言い分にも疑問は残ります。

 そのようなことを考えると、学校側のスタンスがおぼろげながらわかってきます。
1.学校側に問題があったことは謝罪したい。
2.しかし真実を曲げることはしない。
3.被害者の生徒を守りたい。
 この3点を念頭に置いて被害者サイドと交渉をしていたのだろうと思います。特に3つ目の項目に最も気を配っていたのでしょう。このことは和解文書の
(部員の)学校生活と進路指導に万全を期す」
という文言からも覗えます。例え被害者サイドにどのような問題があろうとも、被害者は学校の生徒であり、その生徒を卒業まで面倒を見る、という姿勢は一貫していたように思います。今回の交渉を見ると、このあたりをギリギリまで詰めていた印象を受けました。

 私は被害者の父親の言動、行動には大きな疑問を持っています。6月の時点で40発も殴られていたのなら普通は病院送りですし、もし私が父親の立場ならす ぐに病院に行き、学校に猛抗議しています。なぜそのような行動を取らなかったのかなど、他にも疑問点はいくつも残ります。しかし駒苫サイドはその点に突っ 込むことは避けたのかもしれません。また今回の駒苫の対応も非常に問題が多かったと思います。トラブルを回避する方法が身についてなかったのでしょうか。 それでも被害者の生徒を守るための誠意ある行動が和解につながったのでしょうし、とりあえずは丸く収まる形になったと思います。

 とにかく今回の件で、他の部員の心には大きな傷が残ってしまいました。しかし彼らは全く悪くありません。この辛い思いはぜひグラウンドで、野球で晴らしてください。まずこれからの秋季大会に向けて全力で取り組んでください。2年連続で頂点に立った自信を胸にして。

 あと今回の件とは別に言いたいことが2つあるのですが、それについては後日。




cnst_hirokun at 02:11|PermalinkComments(2)TrackBack(1)すぽーつ 

2005年08月26日

金曜ナイター

↑ 昔のプロ野球中継はこんな古臭いタイトルでしたね。それが今や「一球の緊張感」とか「野球烈闘」とかになり、しまいには「プロ野球完全燃焼主義」なんて主張までしているのですから時代ですね。

では金曜ナイターの結果です。
【J2第28節】
水戸ホーリーホック 1−0 コンサドーレ札幌
(水)オウン・ゴール
 って負けてるよ。ネットで拾った情報だとグダグダだったみたい。オレが生観戦した第1クールの仙台戦もそうだったけど、たまにどうしようもない試合をし てしまうところが若さなのかなと思う。それとコンディションが勝ち点を積み上げた頃から見ると落ちてるかもしれん。ただ今は上が見えている状況だし、山形 戦の順延で過密スケジュールになっているので、せめて勝ち点1でも拾ってほしかった。残念。

 ちなみに水戸のホームゲームは金曜ナイターが実に多い。これは陸上競技場が地元の競技会>J2 という基準で貸し出す日を決めているかららしい。たぶん地元陸連の力が相当大きいんだろうな。陸連といえばこんなかわいそうな話が。

C大阪困った!長居1年間使えない
 2年後の世界陸上は大阪。これを開催するための改装を行うため、セレッソが1年間ジプシー生活を強いられるらしい。今年も世陸をマターリ楽しんでいたオ レとしては大阪世陸も楽しみなんだけど(たぶん織田裕二は現地に乗り込むだろう)、これはセレッソがかわいそうだ。万博や神戸や地方を回るのかなあ。個人 的にはこの機会に大阪ドームで人工芝開催のテストをやりそうな気がする。そういえば昔花園でセレッソvsグランパス(当時はピクシーがいた)の試合もやっていたよね。選手からは「ピッチが固い」「ピッチが平らじゃない」など不評だったけど。今回はどういう対策を取るのだろうか。

cnst_hirokun at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こんさどーれさっぽろ 

府中氏へ業務連絡

 stop_nikainori府中氏へ業務連絡です。以前言っていた画像ができましたので、ここにアップします。こんな感じでよろしいでしょうか。もしよかったらどんどん使ってください。

 この画像の意味がわからない人はスルーして結構です。ただし競艇に関心のある方はぜひ府中氏のこの記事をお読みください。


cnst_hirokun at 12:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

また靭帯断裂かよ・・・。

 秒刊をのぞいていたところ、MF上里が十字靭帯断裂で全治6ヶ月とのこと。ソースはUHBで放送されている「Fの炎」。なので朝になったらWEBでも掲 載されるだろう。痛い・・・・・・。痛すぎる。とにかくゆっくり治してください。そしてベンチの選手には、カズゥの分まで頑張ってほしいです。

つ鶴

続きを読む

cnst_hirokun at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)こんさどーれさっぽろ 

2005年08月24日

藤ヶ谷陽介vs佐藤洋平の試合結果

【J1第20節】
ガンバ大阪 3−1 ジュビロ磐田
(G)フェルナンジーニョ、アラウージョ2 (磐)前田

 試合に入る前に、スタジアムにたどりつくまでが大変でした。5時過ぎに金沢駅のバス停でシャトルバスを待っていました。このシャトルバスは15分おきに来ることになっていたのですが、

来ない。

 いつまで経ってもバスが来ませんでした。その間にバスを待つ列は長くなる一方。何かみんなイラついていましたね。

 そして5時40分頃、ようやくバスがやってきました。幸い前の方に並んでいたので席に座ることができました。そのときに運転士に「全然来なかったんですけど」と文句を言っておきましたが。

 ようやく発車。しかし中心部は渋滞していてなかなか前に進みません。このシャトルバスは中心部を通過していくのですが、既にバスは満員なので積み残したくさん。そしてその渋滞は増泉の交差点まで続きました。まあ夕方のラッシュ時間でしたので、ここまでは予測できました。

 しかし、そこから少し進んだところでまた大渋滞が発生していたのですね。要はこの試合を観にいく人たちの車で大混雑していたのです。さすがに乗客の中に もイライラやら焦りやらが募り、途中下車する人も出てくる始末。運転士は平身低頭でした。そのときの正直な対応には車内からも笑いが出ていましたが。

 結局スタジアムに到着したのは午後7時。

 ってもうキックオフしてるじゃん!!

 大急ぎでスタンドに走っていきました。そして中に入ると既に満員。その光景にもびっくりでしたね。ところで金沢で何度かJ1の試合を見てきましたが、これほどのバス遅延は初めてでした。これには次の原因があると思います。

(1)ここ数年では久しぶりの平日ナイターであったため、シャトルバスが夕方のラッシュ時間帯とぶつかってしまった。
(2)相手がジュビロ、しかもガンバにも大黒、宮本など日本代表選手がたくさん出場していたため、予想を超える観客が集まった。
(3)その観客の多くが、車で来場した。これは平日開催のため仕事帰りに直接スタジアムへ向かったこともあると思います。

 これらの要因が重なって今回のトラブルを起こしてしまったと考えられます。特に遠方からやってきたガンバやジュビロのサポーターには大きく迷惑をかける 結果となってしまいました。運営サイドには今回の件を教訓としてほしいものです。とはいってもやれることは限られますが、例えば金沢駅からスタジアムへ直 行する臨時バスを出すなどの対策は今後とってほしいものです。


 さて試合。試合が始まってしばらくしたところ、GK川口が負傷し、佐藤洋平に交代。ここで「おおー元コンサだよ」と思いながらメンバー表を見ると、ガン バのGKも藤ヶ谷。まさかここで元コンサのGK対決が見られるとは思ってもいませんでした。こんなシーン、早々見られるものじゃありませんからね。

 得点シーンについて本当は色々説明もしたかったのですが、その全てがホームゴール裏のサイドで決まったため、ヤンツーさんに敬意を表してアウェーゴール 裏に座っていたオレにはよく見えませんでした。むしろ前田の先制点の前にあった、フェルナンジーニョの宇宙開発の方が印象に残りましたね。ただその得点 シーンの中でもガンバの逆転ゴールにはびびりました。アラウージョもすごいけど、その前の大黒のパス出しが絶妙。自分で打つフリをしてジュビロのDFを完 全に騙しましたからね。見事と言うしかありません。

 全体を通してみると、両チームとも結構攻めあっていた印象があります。しかしこのスコアになったのはDFの差でしょう。特に効いていたのはシジクレイ。 ほとんど高さでは負けなかったんじゃないのかな。一方ジュビロは後半になってからガンバの攻撃陣に相当やられていましたね。ここしばらくの間にジュビロも かなり順位を上げていきましたが、鹿島を追い詰める力ではガンバの方がやはり上だと思いました。試合としてはかなり楽しめましたね。主審もゲームを壊さな いいいコントロールをしていました。

 あとこの試合の観客動員は19129人。ここ数年では最高の動員でした。こんな観衆は見たことがなかったので驚きましたね。そりゃ大混雑もするわけだ。金沢までやってきたサポーターの皆様、お疲れさまでした。




cnst_hirokun at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)すぽーつ 

訂正

PKだと思っていたのはただのFKでした。まぎらわしい。

現在1-1。たった今フェルナンジーニョが決めました。どっちも結構攻めあっている印象。


cnst_hirokun at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)けーたいから 

ガンバ対ジュビロ試合中

a9590d35.jpgわかりづらいですが、金沢開催では過去最大級の入りであることは間違いないです。

あ、ガンバにPK。

cnst_hirokun at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)けーたいから 

2005年08月23日

選手の頑張りは決して消えない

 とりあえずソースはこれ。2ちゃんでこのネタをずっと追いかけ、ニュースサイト各種も見てきたけど、どうも全体の状況がつかめない。それについてここで触れるのは今のところはやめておく。ただ引っかかる点があるんだよなあ。これはあるニュースのある部分を見れば勘付くかもしれないです。

 なのでこれからどういう処分が下されるかはオレにもわかりません。けどこれだけは言っておきます。


 甲子園で抜群のチームワークを見せ、仲間を信頼し、自分たちの野球を思う存分披露し、最高の結果を残したナインの奮闘ぶりを称賛することには全く変わりありません。3年生の皆さんにとっては今一番辛い時期でしょうが、甲子園で見せた活躍を自信にしてこれからも頑張ってください。そして1・2年生の皆さん、どんなことがあってもくじけずに野球を続けてください。答えはグラウンドの上で出しましょう。

 この夏、選手たちの頑張りに感動した一道産子からの願いです。


cnst_hirokun at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)すぽーつ 

2005年08月21日

あれをどうやって当てればいいのか教えてくれ

 駒大苫小牧の優勝に興奮した昨日から一夜明け、早速一般紙&スポーツ紙を買い込みました。何せ普段とっている北國新聞があまり記事を載せていなかったこ ともあって、主催の朝日ほか数紙をコンビニで購入。いやーこういういいニュースは何度見てもいいものですね。でもこういうときにはやっぱり地元紙を読みた いもの。北海道に住んでる人がうらやましいなあ。

 んでそのスポーツ紙を見ながら札幌記念の検討。府中氏が帰省中で札幌競馬場にいたのでいろいろ話を聞く。隣にいた某氏は携帯アプリでスロットを打ってい たらしい。パチやスロをやる人ってゲームやアプリでも遊ぶよね。あれ何ででしょう。オレはスロットとかを全くやらないのでイマイチわかりません。

 そして札幌記念。エプソムカップ勝ちのスズノマーチから3連複で数頭に流す。

 ・・・

 ・・・・・・

 3・4コーナーで終了。orz

 ヒモでヘヴンリーロマンスにもファストタテヤマにも流していただけに、悔しい。けどあの3着はとても買えない。それであの配当だべ。無理無理無理無理。ついでにアイビスでも無謀な馬券を購入し、無謀であったことを悟る。当たらん。どうしたものか。

 やさぐれながら夕食を食い、メールを交換しつつ、今はパソコンを打ちながら東京Vvs大宮をテレビ観戦。まだ後半の途中だけど、前半を見る限りではヴェ ルディに本来のサッカーが戻ってきたかもしれません。新加入のジウが今のところは効いているけど、このあとも機能し続けるか注目です。

続きを読む

cnst_hirokun at 20:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)こーえーきょうぎ 

2005年08月20日

最高の夏、ふたたび

【全国高校野球・決勝】
駒大苫小牧 5−3 京都外大西
(駒大苫小牧が2年連続2度目の優勝)

 昨年、駒大苫小牧が北海道勢初の優勝を決めた。そのときの正直な気持ちは「一生に一度見られるかどうかの奇跡」というもの。これまで北海道のチームは自 他ともに認める弱小チーム。そんな北海道から優勝校が出るなんて夢物語だった。それだけに去年の優勝には感動したし、こんなシーンが次に見られるのはいつ になるのだろうか、と夢想していた。

 しかし、その瞬間は今年もやってきた。2年連続の決勝。前年優勝校が決勝に進んだこと自体84年のPL学園以来。あの桑田・清原を擁してでも成しえな かった偉業に挑む。これだけでも十分に素晴らしいこと。試合前は「とにかく自分たちの野球をやってほしい」という思いでいっぱいだった。

 その駒苫、これまで鳴門工、大阪桐蔭と神懸り的な試合を勝ち進んでいただけに、疲れや気の緩みをオレは一番心配していた。が、その心配は的中する。1回 表、ヒットに送球エラーが重なり京都外大西に先制点を献上。この夏初めてのエラーに不安は高まる。「やっぱり決勝は一筋縄ではいかないな」。

 1回裏、林のヒット→五十嵐の送りバント→悪送球で林が三塁→辻の遊ゴロで同点に追いつく。型通りの攻撃で1点を返し、「これで落ち着いてゲームができ るかな」と思ったが、やはりそううまくはいかない。その後、バント失敗の併殺が2つ駒苫に出る。浮き足立っているのか、夏の連覇はやはり困難なのか、そん な不安がよぎる。

 5回裏、1死から青地のヒット→小山の犠打成功。ようやくバントが決まり、少し期待が。そこで田中のゴロを相手のサードがまさかの悪送球。思わぬ形で勝 ち越し点を貰う。そして6回裏、青地のタイムリーでさらに1点を加える。しかしそこから相手の投手本田を打ち崩すことができない。「この試合、まだ流れは 駒苫に来てない。絶対に追いつかれる」。なぜかそんな確信を持った。

 その確信は的中。7回表、林の信じられない悪送球で1点差、さらに京外西の五十川のタイムリーで同点。でも上記の確信があったせいか、この時点では不思 議なほどがっかりしなかった。ただ問題はここからだ。さすがに逆転されたら流れは京外西に行ってしまう。「ここで抑えてくれ!!」。そう願っていたとこ ろ、相手の走塁を刺し3アウト。

 流れが、変わった。

 さらにその流れを持ち込んだのが、7回裏・林のバントヒット。ここから辻の二ゴロ間に勝ち越し、さらに岡山のショート内野安打で1点を加える。5対3。 綺麗な点の取り方ではないものの、特に岡山の内野安打が2アウトから出たものだけに、「これでいける!」との思いが一気に高まった。

 そして圧巻は5回途中から登板した田中のピッチング。疲れは当然あるだろうけど、それを感じさせない気持ちの入った投球で、見ていたオレのボルテージも一気に高まる。そして9回、最後は三者三振でゲームセット。

 駒大苫小牧、57年ぶりの夏連覇という偉業が達成された。去年とはまた違う感動、そして選手・監督が作り上げた素晴らしいチームに対する喝采。この2つ で涙を流した。この大会を通じて一番チームとして戦ってきたとオレは思う。安定していた3投手、堅い守備もそうだけど、常に声をかけあい、仲間を信頼して 戦ってきたその姿に最も感動した。そしてこのチームを作り上げた香田監督へ心から拍手を送りたい。解説者が「最も高校野球らしいチーム」と駒苫を称してい たが、まさにその通りだと思う。

 夏に2連覇したのは57年ぶり、今の49代表制度が定着してからは初めての偉業。これを奇跡と称するのは簡単だけど、確かな実力と強靭な精神力なくして は絶対に成し遂げられるものではなし、それを奇跡という言葉で片付けてはいけない。この夏、北海道民をさらに熱くしてくれ、そして自信と勇気を与えてくれ た駒大苫小牧、本当におめでとう。そしてありがとう。



cnst_hirokun at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
最新コメント