開発道中記



 ここ最近の気温は上がったり下がったりと温度差が激しくて、毎日なにを着るか迷っちゃいますね。薄着で過ごした翌日に上着を着るとか、もうイヤなのではやく梅雨が過ぎて気温を安定させて欲しいです。まあ暑いとそれはそれで文句言ってそうですけど。。

 温度差というと、ぼくは人どうしの温度差というものを連想をするのですが、これは気温より頭を悩ませる温度差です。合わせようと思ってもはじめから合うものではないですし、人によって違うので気温より予測しづらいのに加えて、人どうしの温度差が合っていないと物事がうまく進まないという特徴があります。そのため、複数人で物事を進める前には、まず温度差をできるだけ無くすというステップが重要になります。方法は様々ですが、話し合うというのが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。話し合ってお互いのズレを解消していくことで、同じような熱量を持って取り組めますし、前提がすり合わされることで、他人のすることに多少の安心感が得られます。めんどくさくても、やったほうが結果的にスムーズに進みますし、温度差を無くす作業はなるべくやったほうがいいと思います。

 プライベートも仕事もそうですが、他人と同じような熱量をもって臨むことで、過程や結果に良い影響をもたらすとぼくは考えてます。とはいえお互い人間なので、思想や行動原理は千差万別です。一筋縄ではいかないこともあると思いますが、それも他人と物事を進める楽しさのひとつと捉え、楽しんでいきましょう。