開発道中記



 4月になってから、街なかでシャキシャキのスーツとシャツをまとった、新入社員であろう人たちをよく見かけるようになりました。そういう人たちを見ると、どこの誰かは存じませんが頑張れって気持ちになりますね。カリストにも4月入社の新入社員がいます。でも、入社前からインターンシップに参加してもらっていたこと、カリストが私服出勤なこともあり、フレッシュさはあまりないですね。もうすでに仲間というか、同僚という感じです。

 昨日はその新人の一人が仕事の進め方についてしっかりとアドバイスされていました。この時期にはしばしば目にする光景です。思い返すと、ぼくもよく注意されていました。いまでは後輩を指導する側にいるのですが、指導する際は、自分の経験を基にあることを意識して情報を伝えるようにしています。それは手段の先にある「なぜ」を伝えることです。

 まず、言われたことがなおらない原因第1位(ハシ調べ)は、「なぜ言われているかを理解していないから」です。手段を教えることは簡単で即効性もありますが、なぜその手段をとるかを理解しないと応用が利きません。そのため、ぼくは手段を伝えるだけでなく、なぜその手段が必要なのかも同時に伝えます。そうすることで、別の問題にあたっても「こうだからこうする必要があるな」というように、理由をもとに手段にたどり着けるようになります。

 とは言ったものの、その「なぜ」に自力でたどり着かせるためにあえて言わないという指導方針もあるので、新人のかたは上司・先輩の傾向を見抜くのがまず最初のお仕事かもしれませんね。