co blog

日記や覚え書きなど

しまなみ海道 

今治ってどんな町?

名前は知っていたものの、その所在地や名所は全く知りませんでした。
美術館を回るのも考えたんですが、町の随所に「城下町」という言葉が目立ったので今治城に行くことにしました。

近いっていうのも魅力的だったし。

今治城は築城の名人である藤堂高虎が築いた城で、堀が海水になっていて、それは全国的にも珍しい城らしいです。

一部改築中で景観は損なわれてましたが、なかなか見がいがありました。
まず天守閣のある建物で資料館をぶらつきつつ、最上階で今治の町を見渡す。
四方が見えると気持ちいいもんです。

入場券で他にも入れる資料館も覗き、見学終了。
2,3組のカップルがいた以外はほとんど観光客はいませんでした。
まぁ平日だからな・・。

見終わったらお腹もすいたので商店街へ。

まず餃子専門店に入って餃子を食べ(当たり前か)、港の前でお好み焼きを食べました。
餃子はおいしかったんですが、お好み焼きは至って普通。
せっかくだから関西風とかにすればよかったな。

それからフェリーの時間を確認して、愛媛銘菓の一六本舗に入って一六タルトといよかんマドレーヌを食べました。結構うまかったです、お茶も出してくれたし。
やっぱり愛媛は柑橘類のくにだ・・!

しまなみ海道 

四国にかかる最後の橋、来島海峡大橋。
途中2つの小島をつないで、その全長は6.2kmの3連吊り橋です。

橋の向こう側が見えないってすごい。
支柱がドーンといくつも立っていたのは圧巻でした。

来島海峡大橋







橋にたどり着くまでのスロープも自転車専用に高架のついた細い道が出来てるんです。(言葉では説明しづらいな)

途中橋を渡っていると島の人と思しきおじさんおばさんが歩いてきます。
地元の人も結構利用してるみたいです。
当たり前だけど。

鉄柵のすぐ下が海だったり、山だったりと、景色はいいんですが高所恐怖症の人にはちょっときついかもw

島の風景に別れを告げつつ最後に降りるスロープの前で記念写真。
無論ひとりで。

今治の造船所のクレーンとか、街並みが見えてとうとう四国に着いたな〜、と感動。
長かった・・。

それから当初の目的地であった今治の中心まで20分くらい流しました。

10時45分、今治駅到着。


到着・・で、特にすることを考えてなかったのでとりあえずカフェへ。

そこでSOYミルクという最近の健康志向を体現したような飲み物(おいしいです)を飲みつつガイドブックを広げる。

・・。

・・・。

・・・・。

愛媛は松山まで行けば道後温泉があるというくらいしか分からず、体力的に何時間も走るのはきついし、輪行もめんどくさいということで、今治の町をのんびり観光することにしました。

そういえばゆっくり観光したのって尾道だけだった。

しまなみ海道 

6時半起床。
多少の筋肉痛が残るも気分爽快。

とりあえずお腹が減るまで近くを散歩しました。
港の朝は早い。

朝ごはんを済ませ、8時にチェックアウト。
お世話になりました。

この宿はチェックイン・チェックアウトの時間が全て自由なんです。
メシ、風呂も言えばやってくれるし。
何よりおばちゃんがいい人だった。
しかも安いし。

自転車に不備がないことを確認し、島の東までウォーミングアップ。
途中で激坂が現れたので断念しましたけどw

しかし学生からおじさんおばさんまで結構あいさつしてくれる。
これが田舎か!
気持ちいい。

そういえば2日目はめんどくさくなって使い捨ての方ばっかで写真撮ってます。
見たければいつでも用意します。

そして伯方島大橋に続くスロープでやっぱり疲れが溜まってることに気付き、しまなみ海道最後の島、大島に渡る頃には上り坂がきつくなってました。
運動不足だったな〜orz

小休憩をはさみつつ大島の名所のひとつ、ローズパークに行きましたがどうやらシーズンオフのようでバラは一輪も咲いてませんでした。
ついでに言うとまた定休日。もう、いい。

すぐ橋を渡るのもなんなので、村上水軍の菩提寺である高龍寺に寄りました。
ここは静かでこじんまりとしていていい寺でした。
布袋さんがいたり、梅がきれいだったり、ウグイスが鳴いていたり。

次は最後かつ最大の橋、来島海峡大橋にアタックです。

しまなみ海道 

大三島橋を渡りきると少し時間があったので目に入った神社でお参り。
基本的にどこの神社でも旅の無事を祈ってました。

それから海岸沿いの坂道を登り、旅館のある有津(あろうず)港まで気力を振り絞って登攀。
伯方島は犬が多い。

午後5時、ようやく宿に到着。

このときのサイクルメーターの数値は

走行時間(走ってる間のみ計測) 3:52
総走行距離 68.57km
平均速度 17.6km/h
最高時速 49.9km/h

でした。

アップダウンの激しいコースだったし、乗車姿勢や効率のいい休憩の取り方ができなかったことでだいぶ疲れました。そのへんは経験不足だなぁ。

宿に着くとおばちゃんが出てきて部屋まで案内してくれたんですが、時期的に観光客が少ないせいか、7、8人は泊まれるであろう大部屋に案内されました。

結構民宿ライクです↓

大部屋







荷物を置いて晩御飯まで散歩。
港をぶらついた後、生協でお菓子を物色していると、チロルチョコが10円で「あぁ、自分は島に来ているな」と感じました。

戻ると夕食の準備がされており、宴会部屋は団体客が使うとのことで、女将さんが直接部屋に持ってきてくれました。

まずはヒラメの刺身、きくらげとセロリの酢の物、ほうれん草のおひたし。
そして・・生きた車海老!ピチピチしてた。
宿泊費のわりにサービスがいいです。
港の目の前だったこともあるけど。

目の前で剥いてもらっておいしくいただきました。
もうね、プリプリ。

残りは伯方の塩で焼いてもらうことにして、ビール。
プライベートではあんまり飲まないけどこのときばかりは特別。
うまい。

その後煮魚やから揚げ、アラでダシをとった吸い物やらどんどん出てきて、そのどれもがおいしいのです。

さらにかりっと焼き上げられ、体の色が黒から鮮やかな赤に変わった車海老が登場。
しかも女将さんのご厚意で2尾追加。

頭からバリバリいただきました。


・・・・んまい!!


なんつーか、頭のミソから尻尾の奥の身まで海老の全てのおいしさをかみしめた感じでした。メシで感動したのは久しぶりだ。

腹いっぱいで少し後悔するほど食べた後、眠気と闘いつつ風呂へ。
まぁ家の風呂+αってかんじでしたけど、ひとりなのでゆっくりできました。

浴衣に着替えてしばらくパンフやTVを見たりしてたんですが、前日の寝不足と今日の疲れから睡魔が襲ってきて9時就寝。

しまなみ海道 

さぁ、疲れが溜まってきたところで少しコースを外れて多々羅温泉です。
山の中腹にあったので頑張って登っていったんですが・・


定休日。


( ゚Д゚)ポカーン
思わず二度見しちゃったよ!

しゅううぅぅ・・

元気がなくなったところで工事をしてたおっちゃんたちに話しかけられ、海岸沿いの近いところにもうひとつ温泉があることを教えてもらい、俄然やる気が出て下り坂をぶっ飛ばして行きました。

このときに出した瞬間最高時速は49.9繊

原付並みに出てビックリしましたよ。
自転車すげーな、って。
ただこけたらえらいことになりそうだったのでそれ以上は出せませんでした。

着くとそこはドーム状の総合健康施設みたいになってて大丈夫かと思いながら温泉へ突っ込むと、ありました、露天風呂。

しかも海が目の前。
湯がしょっぱい。

地元のおじいちゃん連中と少し話ししつつ、島の時間の流れに身を任せました。
最高。1日目のハイライトかもしれない。

ゆったりと湯につかった後、ビール・・はなかったのでビックルを一気飲み。
・・一気飲みってあんまするもんじゃないね。
ちょっと気持ち悪くなりました。

元気を回復したので(筋肉の疲れはとれず)宿泊予定の旅館がある伯方島へ。

そう、伯方の塩の伯方島です。
博多は九州ですよ。
自分も勘違いしてたけど・・。

戦国時代この辺を根城にしていた村上水軍の城跡を見たり、のんびり大三島橋を渡りました。
この橋だけ構造が少し違っていたのかな。

どうも、僕です。












撮っちゃった。後ろが橋です。
なんで真顔なんですかね。

しまなみ海道 

生口島ではひたすら海岸線を疾走。

なんといっても海がきれいで、見飽きるということがないんです。

それでも日差しが強くて汗だくになってきて、腰も痛くなってきて、休憩がてらドルチェというカフェでデコポンのジェラートを食べました。
まんまデコポンだけど、かなりジューシーでおいしかった。

平山郁夫(よく知らん)美術館も寄ってみようと思ったけど、ここも定休日。

ファッキン

まぁ平日だからしょうがないか・・。
しかもシーズンオフだからサイクリストもあんまり見かけませんでした。

体力を回復したところで次の大三島に渡るため多々羅大橋へ。

この橋は世界一の斜張橋で鳥が羽を広げたようになっていて、今回見た橋のなかの個人的ベスト1,2くらいに入ります。
支柱の真下へ行って手を叩くと鳴き龍現象と呼ばれる反響が起こって不思議な感じがしました。まぁ龍の鳴き声は聞いたことないけど。

渡りきった後、勢いで展望台に登って撮った写真がコレです↓

多々羅大橋







眺めがあまりに気持ちよすぎて思わず叫んでしまいましたw

しまなみ海道 

因島に到着。

ここでみかん畑が増えてきてることに気付く。
さすが愛媛!(まだ広島だけど)

ルートから大きくそれると日没までに宿につけない不安があったので、サイクリングロード沿いの観光地を回ることにしました。

まず因島フラワーセンター。

定休日。

・・。
まぁしょうがない。

因島運動公園。

坂の上。

・・。
無理。正直この因島が一番坂がきつかったです。

しょうがないからサークルKで一休みしました。
平日なせいか学生もちらほら。
島に住むってどんな感じだろう。

少し行くと次の生口橋が見えてきます。
あいかわらずゆる〜い登りがえんえんと続くスロープを通って生口島へ渡りました。
前の橋に比べると感動は小さいけど。

そういえばどの橋を渡るときも通行料がいるんです。
橋の大きさに合わせて50〜200円。
車だと1000円以上かかるみたいで、このしまなみ海道の橋にどれだけ技術とお金が注ぎ込まれているかを感じました。

生口橋

Archives
Recent Comments
プロフィール

co