2013年06月01日

飛騨高山TFTプチ集合その3

昨夜の飲み会にて、おんちゃん撃沈、朝食抜きでしたが、
チェックアウト前には、ほぼ?復活(笑)

記念写真、宿の方にとってもらいました。
BlogPaint



















午後は、白川散策へ。
DSC_1142






















白川は2年前の秋に一度きましたが、桜の咲いている風情がなんともいえません。
それにしても、コイがでっかかったなぁ。

散策した小道、歩き回るのに夢中で、以外と写真を撮り忘れてました。

お昼は川縁でピクニック。
歩く、歩く、どんどん歩く、私たち。

はなhanaさん、ちこっと疲れたはなちゃんを、
ひょい〜〜と持ち上げ、てっくてく。
はなちゃん「らく〜〜♪」って言ってるかな?
BlogPaint






















さて、目的地の公園につき、草地の上にシートを広げて一休み。
上から桜の花びらがヒラリ。
オハ君のはなに、ぴとっ。
あ!!!シャッターチャンス!と思ったら、はなびら落ちちゃいました。
でもあきらめきれず「やらせ」写真。 ↓
おは「・・・めーわくなんだよな。」
BlogPaint

















ぴぃ家の面々、かんぜんにリラックスモードですなぁ。
特に愛ちゃん(笑)
脱力ぐあいがたまりません。
DSC_1160

















はなちゃんを見守りつつ、川の方を眺めるはなママさん。
う〜〜〜ん、大人の女の、さわやかな色気、ありますねぇ。
DSC_1159

















そしてなぜか、この度の間、やたら明里ちゃんを抱きしめたがる我が夫。
BlogPaint






















オハを護衛につけてトイレに行った帰り、川の水面近くまで降りてみました。
はーーーー、カヌー漕ぎたくなってきた。

DSC_1163

















さて、ピクニック昼食も終わり、駐車してある駐車場にもどったら喉がからから。
最後の締めは、ワンコと入れるお店「田園」さんでお茶をすることに。
向かう途中の車の中から、ダイナミックな鯉のぼりを発見。
川の両岸からひもを張ってあります。
こんなの初めて見た!
DSC_1168

















楽しい時間は過ぎるのがほんっとに早いなあ。
来年は2泊・・なんて、むりかな?(笑)


coach_web at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年04月28日

飛騨高山TFTプチ集合その2

ステラフェリスさんに向かう途中、通りかかった公園にて、
「さくら祭り」の登りを発見。
時間にゆとり合ったので、ちょっとお散歩。

まる「おお〜、これが高山の桜かぁ〜」
DSC_1096

















おは「おれ、男の子なんだから、花なんかしょわせるなよ」
DSC_1095

















まる「おっ、いいステージじゃないか。
   どれ、一曲歌ってやろうか?」
DSC_1094

















おおっ!
これは、ぴぃさんに教えてもらった「ヒメオドリコソウ」!
DSC_1090
















さわってみたら “ふかふか”してました。
みなさん、見つけたらぜひ触ってみて。

さて、寄り道のあと、いよいよステラフェリスさんに到着。
すでに皆様ごとうちゃく遊ばしてまして、私ども最後でした(笑)

建物の真向かいは、もとテニスコートだったところ(2面分)が、
広々としたドッグランになってました。

そこには、ぴぃ家、はな家のみなみなさまはもちろん、
初めて見る、でーーーーかい、しろーーーいワンコ様軍団が。

この大きさの違い、おはまると同じ「犬族」なのでしょうか。
でも、とってもおとなしくて、人なつくて、ちびワンコたちにも優しくて、
飼い主さんたちのなみなみならぬ愛情と教育を感じましたぞ。
BlogPaint

















さて、こちら、ぴぃ家の大黒柱、おんちゃんと、長女の愛ちゃん。
お顔をだせないのが残念ですが、この写真を見て、
「親子ってやっぱりお顔が似てるのね」と思ってしまいました。
BlogPaint






















そしてこちらが、はな家の大黒柱、はなhanaさんとはなちゃん。
なんとなく、この写真、気に入っております。
BlogPaint























このあと夕食の前に、男性陣、女性陣に分かれて温泉タイム。
普段、自分ちだけで旅行のときは、温泉はそれぞれ一人ではいりますが、
今日はぴぃさん、はなママさんが一緒。
女性同士でおしゃべりしながらの温泉タイムって、ものすご〜〜く久しぶり。
楽しかったなぁ〜。
いろんなお話ししちゃいましたね。
実際に出会った回数はすくないのに、本当に親戚のような、
久しぶりに会った同級生みたいな気持ちになれました。

さて、お宿のオイシイ料理の後(お話しに夢中で、写真は撮り忘れました)、
ぴぃ家のお部屋に全員集合。
よっっぱらった父親たちが、だいぶ乱れておりまして、
よそのお嬢さんを抱きしめて、怪しい行動。

ぴぃ家のおんちゃんは、はな家のご令嬢はなちゃんを抱きしめ、
ウチのダンナは、ぴぃ家の末娘、明里ちゃんを抱きしめつつ、はなちゃんにキッスを迫っております。
BlogPaint
















もっと「すごい?」写真もありますが、
おんちゃんから「ぜったいダメ」とダメだしされてますので、未公開(笑)

coach_web at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

飛騨高山TFTプチ集合その1

夜中のうちに出発したら、
小雨・・?
→雨。
→みぞれ?
→雪!!!
→おお雪〜〜〜〜!!!!!
いろいろと、えれー目にあいました。
飛騨高山地方でも、この時期、めったにないくらいの雪とのこと。
DSC_1058
















とはいえ、夜も明け、雪がやみ、日が差し、くもりから徐々に良い天気に。
実は宿の予約をしてませんでした。
予約なしで泊まれるキャンプ場にしようって思ってたのですが、
いくつかあてにしていたキャンプ場のコンディションが、
びちょびちょだったり、雰囲気がいまいちだったり、
テント張ろうとしたら風はふくわ、急に雨は降り出すわ。
くたくたになったので、テント泊は見送ることに。
急遽、ワンコ宿泊も可能な宿(いちおう調べてあった)にダメ元でTEL。
一室だけ何とかなるとのこと。
「雨露しのげればそれで結構です!!!」
と飛び込ませて戴いたのが、こちらの宿。
DSC_1080

















「くるみ温泉」 http://www.indigo.to/kurumi/
こちらは、宿とキャンプ場と両方やっているところです。
キャンプ場の脇を綺麗な川がながれていて、ものすごく気持ちの良い環境。
今のオーナーさんは、もと、こちらのお客さんだったそうで、
毎年何度も川釣りを楽しみにきていたそうです。
で、経営者のかたが恒例になって、宿をたたもうとしたところ、
「もったいない!!!」
と引き継ぐことにされ、東京から移住されたそうな。

たしかに、そうしたくなるのがわかるくらい、いいところです。
写真には撮れてないけど、
お風呂(温泉)が、露天じゃないのに、露天以上の気分になるような
不思議な雰囲気があり、とっくに明け方はいると最高でした。

つくしんぼとオハ君。
後ろに見えるのは、キャンプ場のバンガロー。
DSC_1068






















そして、ものすごい勢いのある、つくし軍団。
そこらじゅうにこんな感じで生えてました。
DSC_1070

















ふつうに宿泊する宿の建物の横を流れる小川。
これが実に綺麗。
ちっちゃなお魚がたくさんいました。
DSC_1072

















一夜明けたら、超快晴!
そして、キャンプサイトに面した本当の川。
朝の散歩が気持ちいい〜〜〜。
DSC_1078
















さあ、TFTプチ集合の宿、ステラフェリスさんにむかって、
出発だぁ!


coach_web at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月15日

久々、豊橋実家方面紀行 その3 お兄さんごちそうさま、山猫軒編

昼間、兄貴のお店、山猫軒(豊橋)によりました。

ちこっと兄貴の頼まれことをこなしたお礼に、
お昼を食べさせてもらいまいた。

3品ほどいただいたんですが、つい味わうことに夢中になりまして、
写真はこの一品だけ。

はまぐりとそらまめのリゾット♪
DSC_0981
















このハマグリの大きさと厚み、伝わってるかなぁ〜〜。
ちなみに、特大ハマグリ5個入りです。

いついっても、兄の店の食材には、うなってしまう・・・。
あ、もちろん料理のお味にも。

この秋頃、名古屋にお店を移転する方向なので、
私はなかなか気軽に行けなくなくなっちゃうなぁ〜。

兄貴が仕入れる食材は、ちょっとふつうではお目にかかれないというか、
食べると生命力がドーンとわいてくる選びに選んだものだけ。

たぶん、原価率がとんでもなく高くて、利益ほとんど無いはずなので、
なんとかお店がなりたってるのが不思議なんだな、これが。

東京や京都など、遠いところから新幹線で来てくれるお客さんの比率が多いこともあり、
名古屋駅から徒歩7〜8分のところに移転するんだそうな。

うまくいくといいなぁ。

最近、兄貴は車ではなく、移動はスクーターでるんるんしている様子。
間違いなく、自分でお店の名前を適当に書いたなっ(笑)
DSC_0986
















そして最後、兄貴から「お礼♪」と渡されたこれ。
たいへん珍しいスコッチウィスキーとのこと。
DSC_1022






















お兄さん曰く、
「ウイスキーによくある喉にくるイガッとした感じが全くない。」
とのこと。
東京へ戻って、夫と味見。
イギリスの破産した大富豪の差し押さえられた財産の中から、
たまたま何ケースか見つかった幻のスコッチウイスキーなんだそうな。

バロックレイド ゴールドラベル 
第一次世界大戦中の1920年に製造していたバロックレイド社が、
資金難で破産してしまったってことなので、
少なくとも、第一次世界大戦前に製造されたお酒ってことになります。
うーーーーーーーーーーー、貴重〜〜〜〜!

兄貴がどうやって入手したかは・・ こちら ↓ にて。
http://yamaneko2.blog46.fc2.com/blog-entry-401.html

DSC_1023






















ストレートがうまい!といわれ、
基本、アルコールがだめな私ですが、
はい、なめさせていただきました。

んっ?
舌の上でころがしても、変な刺激は全然なくて、
ほのかに甘みが。
毎年気温変化が大きいこの時期、喉がややぜんそく気味になっていたんですが、
なんだか、喉がやわらかいものでコートされたようなかんじ。

こりゃ、ウマイ!
やばい。
アルコール体に合わないのに。
でも、おいちぃ〜〜〜。


coach_web at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

久々、豊橋実家方面紀行 その3 オハ君ラブリー編

今回の帰省中にとれた、会心の一枚!

オハ君 in タンポポ♪ 
DSC_0959






























のんびりと草を食む牛さん。
DSC_1003
















ではなく、
河川敷でおいかぎまくりの、
体重1.8kgのトイフォックステリア、オハ君。

そして帰りの富士川サービスエリアにて、

どーーん!

しこ名、おはの富士〜〜〜〜〜!
ではなく、オハと、富士山。
DSC_1008





























今回の道行きは、常に、常に、オハと一緒。(お母さんと会ってる時以外)

おかげさまで、寂しくなかったよ〜〜、オハ君。
ありがとね〜。



coach_web at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

久々、豊橋実家方面紀行 その2 オハ君とおねむ編

今回は3泊3日(4日じゃないのだ)。
車でGO。
で、今回のお供はオハ君です。

豊橋の家で寝るときだけ、一緒のお布団でおねむします。

おはくん、寝姿3連発。

おは:「・・・・ねみ〜・・・」
DSC_0978

















「・・・んがぁ・・・・・」
DSC_1000

















おは:「・・・(がばっ)・・・んっ?・・・」
DSC_0979





























たいてい、私の右脇腹から腰のあたりで寝てるんですが、
オハ君、夜中に何度も起きるんです。

もそ・・・、もそもそ・・・(布団の中から出てくる)

ポフ、ポフ・・。(枕元を通過)

タタタタタタタ・・・・(ワンコトイレへ)

ジョワワ・・・(ご想像にお任せします)

タタタタタタタ・・・・(お布団方面へ)

ポフ、ポフ・・。(枕元を通過)

もそ・・・、もそもそ・・・(布団の中へもぎりこみ定位置へ)

これを、毎晩、3〜4回ほどくりかえします。

おうちではそんなに夜中に起きてないみたいなんだけど、
やっぱり旅先だからかな。

ま、実家にお供を連れてくるときは、このナイトタイムが楽しみなんですけどね〜。




coach_web at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)トイフォックステリア 

久々、豊橋実家方面紀行 その1 お母さん編

お正月に母に会いに行った後、豊橋ほうめんでインフルエンザが大流行。
母のいる関連施設すべて、面会禁止期間に突入しておりました。
でも、先週ようやく面会禁止解除のお知らせが。

毎月、一ヶ月開かないように会いに行っていたのに、3ヶ月半もあえなかかったんですぅ〜。

2日連続で会いに行きました。
DSC_0999
















母はかなりひどい冷え性で、いつ言っても足が冷たくて、
靴下を脱ぐといつも紫っぽくなっていたんですが、
昨年秋に、日当たりのよいお部屋に移れたおかげで、かなり緩和されました。

靴下めくったら、ちゃぁんと血の通った肌色!
それでも冷えやすいことは冷えやすいけど、段違いによくなってます。

介護士さんのお話だと、
それに昨年末からお正月の頃は、食べ物もペースト状になっていたんですが、
食欲などももどってきて、ご飯(といっても超やわらかい)に変えることができたとのこと。

それから声を出して話す回数もまた増えたそうで、とにかく、
「ありがとう」を一番よくらしい。
おかあさんらしいな。

さて、母のいる施設は山というほどではないけど、やや小高い感じのところ。
だけど桜が咲くのが早いんです。
3月の上旬くらいが見頃。そういう種類なのかな。
毎年、最初の桜は母のところでみてたんですが、今年は間に合わなかった〜〜。
その代わり、遅咲きの種類らしい八重咲きの木がところどころにありました。
DSC_0994
















早く咲いていた桜はすでに、・・・
DSC_0990
















実っ!

自然が多いところなので、いろいろと春を感じられます。
シダ!
食べれるかなぁ〜、でも、ちょっと堅そう。
DSC_0995
















カラスエンドウはすでに実のさやがこんなにっ!
日当たりのいいところだったけど、ちと早すぎるんじゃ?
DSC_0997





























ここに通うようになったのが2006年の夏なので、
かれこれもう足かけ7年、ほぼ毎月ここへきてるので、
すっかりこの辺が自分の家の近所のような気がしています。

ふだんの東京での生活から、すっと抜け出して自然を感じられる。

これも、お母さんのおかげだなぁ。

coach_web at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行・カヌー、パックラフト 

2013年04月07日

ロシア料理 in 浅草 「ラルース」さん、絶品の件♪

夫が、クーポンでおいしいお店を開拓するのが大好きで、晩ご飯、浅草のロシア料理店に。
特別に大きな期待はしておらず、あまり食べたことがないロシア料理を食べてみよう、という程度の気持ちでいったんですが・・・
良い意味で、期待を、思いっきり裏切られました。

前菜の写真を撮り忘れちゃったのが失敗ですが(旦那に写真もらって、あとでアップしよっと)

特に声を大にして感動したのは、このパン!でございます。

7ラルース2
















一見、ボルシチと、特に変わった感じには見えないパン。
これが、絶品!なのです。

「蒸したパンです」 お店のマダムがサーブするときに一言。

・・・、蒸した・・??? 

自家製で焼いたライ麦とハーブのパンを、「蒸して」暖めてあるんです。
指に触れたときのしっとり、ふんわりした感じと、
口に入れたときのほわほわ〜ん、と溶けそうで溶けない、不思議な口当たり。
それはもう初めての体験で、感動ものでした。

思い切って、持ち帰りの販売ができるのかと、同じように暖める方法を教えてもらい、
一斤(1050円)をゲット!
けちけち大魔神の夫も、私と同様このパンに対して感動していたので、一言の文句も無く、購入許可がおりました(笑い)

その後出てきたお料理も、奇をてらったコースではりませんが、一品、一品、
メインの食材、添えてある食材も、丁寧に、丁寧に作られているなぁ〜・・と感心しきり。

かにクリームとエビのコロッケ♪
自家製マヨネーズは塩分控えめ。
エビを開いた上にかにクリームを載せて揚げてあるそうで、あつあつ、トロトロ。
重すぎないけどコクあり。
7ラルース3

















メインのキャベツロール。
キャベツと中のお肉の境目がわからなくら、トロトロ、味がしみしみです。
また、付け合わせのマッシュポテト、丁寧に裏ごしされていて、口の中でジョワっと溶けます。
ほうれん草のソテーも、火の通り加減が絶妙で、ほうれん草の良い味だけをしっかり押し出した感じ。
こんなに付け合わせが丁寧なお味だと、うれしいというか、申し訳ないくらい。
7ラルース4






























デザートは、フランボワーズ(ラズベリー)のキーセル(ゼリーのような)と、ロシアンティー。
キーセルのお味も、ラズベリーのキツい部分が隠れるような優しいお味でござんした。
また、うれしかったのが、ロシアンティーを運んでいただいたとき、
「ジャムは2杯程度(スプーンに)がめやすです」
と一頃そえてくださったこと。
今まで、ロシアンティーの時、どれくらいジャムを入れるといいのか???だったので、すごくうれしかった。
7ラルース5

















今夜はこういうコースメニューでござんした。
クーポンでお得なお値段で食べさせていただいたのが本当に申し訳ない。
今度は、ちゃんとしたお値段でいただきたいと思います。
(懐があったかいときにね)
7ラルース1



coach_web at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月04日

春がきた屋上にて

今年で3年めのアスパラ。
収穫するにはたよりない、ほそ〜〜い子達。
地植えしてあげると、がんがん太いの出てくるらしい。

DSC_0904






























ホウレンソウくんたち、ちょびちょび目を出してきた。
DSC_0905























何年もほったらかし続けながらも、元気なパセリくんとニラくん。
最近の餃子の腕前があがってきたので、
ニラ君のおせわになろうかな。
DSC_0906

















そして、ベリー達。
DSC_0902

















左から、
グーズベリー
マルベリー(桑の木)
赤いラズベリー
ブラックベリー
モミジイチゴ
黄色いラズベリー
今年も、楽しませてね♪

そして、今一番元気な、そらまめくんたち。
DSC_0900






















めざせ、空豆ポタージュ!



coach_web at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)家庭菜園 

2013年03月28日

サクラとツクシ、そしてオハマルとカマトト

ようやく青空と桜の写真、とれたぁ。
DSC_0882






















やっぱり、青空バックだとお花が喜んで見える。

今日は、田端駅近くのJRの敷地沿いにある短めの桜並木の下をお散歩♪

ねぇ、オハマル。
キミタチも少し、上のほうを見てみたら?
DSC_0896

















マル「・・っん?」
DSC_0894






























マル「かぁちゃん、おれ、ちょっと疲れた」
DSC_0873






















というわけで、植え込み横に腰掛けて(私)一休み。
ねえ、キミたち。
DSC_0893





























せっかく目線があがったんだから、もうちょっと上を見上げてご覧よ!

オハ「ぼく、あの赤い自転車が気になるんだ」
DSC_0884






















マル「おっ、つくし見っけ!」
BlogPaint


















カマトト「どれどれ〜」
DSC_0883


















今年最初に見た、ツクシくんたち。
なんか、すっごく健気です。



coach_web at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月27日

不思議な「2色桜」 in 田端

近所に不思議な桜があります。
まぁ、見て下さい。

DSC_0850

















一見、濃いピンクの花の咲いた木と、桜の木が、互い違いに植えられているのかな〜?

と思いきや、

DSC_0858






























一本の桜の木に、薄い色、濃い色、いろんなグラデーションの花が咲いているのです。

確かに2本ならんでいるんですが、2本ともこういう桜なんです。

色んな角度から見ると、すごく楽しい。

DSC_0862



















DSC_0861

















DSC_0854

















そして、その2本の左側にひっそりと、

DSC_0864






















彼らに影響を与えたのではないかと思われる、濃い花だけの木が。

私にとってこういう桜を見たのはココだけなんですが、みなさんは見たことあるかな?

私が気になってオハマルに付き合ってもらいながら撮影してると、
さわやかイケメン風のビジネスマンの人が、
「あれ?」
と気づいたらしく、写真を撮り出しました。

もっとみんなこの桜に注目しなよ〜〜っ!

て思うのは、私だけ?

数年前、夫に「ほらほら!」と言っても、イマイチ感動してくれなかったので、ちと不満なのです(笑)

coach_web at 18:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年03月15日

花粉症対策ハーブティー・・っていうか、薬草茶

クスリは飲んでいるものの、花粉のすさまじい量のせいか、
鼻と目の症状、キビシイものがあります。

今年の初め、対策にと思ってネット購入したハーブティー、
着いてすぐ飲んでみたら、なかなか飲むのが辛い香りとお味だったので、
味見をしたっきりほったらかしてありました。

でも、あんまり辛いので、お湯を少なめで濃く出して、
香りが気にならないように冷まして、常温で飲んでみました。

コレです  ↓

DSC_0813

















色は、こんな感じ。 
でも時間が経つと、美しくない緑色っぽい色になっるんですよね。
           ↓

DSC_0815

















そしてたらなんと、一口飲む毎に、喉や鼻が楽になってきました。

「うそっ!」

と思いつつ、仕事机の脇に置き、時々「ぐびっ」と一口。

冷ましてあるせいか、においや味も徐々に抵抗がなくなってきました。

そしたら、今年、花粉症の自覚症状がつよくなってきた夫も、
「おれも」と飲みだしました。

「なんとなく、効いてる気がする」

んだそうです。

DSC_0814

















ブレンドされてるハーブはこんな感じ。

治すというより、「 症状をやわらげる 」 ようです。

今も実はすぐそばにカップが。

しばらくは手放せないなぁ。 



coach_web at 19:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年03月13日

ピクルス♪

今年に入って2回目♪

作ってみました。

DSC_0812

















すんません。
今日の号は、自分用のメモです。

★左側は、キノコメインのピクルス(ちょっと食べちゃった)

えのきくん
しめじくん
マイタケくん
タマネギちゃん
インゲンくん

(なぜタマネギだけ「ちゃん」付けなのか・・・ううむ)

液は、米酢150cc、お水150cc、
香り付けに梅酢ちびっと、
ローリエ1枚、鷹の爪1つ、黒胡椒パラリ。

★右側は、お野菜のカルテット(四重奏・なんちゃって)

ニンジンちゃん
キュウリくん
パプリカちゃん
レンコンくん

液は、米酢150cc、お水150cc、
香り付けに、リンゴ酢ちびっと、
ローリエ1枚、鷹の爪1つ、黒胡椒パラリ。

年をとると、こういうものが好きになるのかなぁ〜〜。
食べ出すととまらないのだ。
気を付けなきゃ。


coach_web at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)食いしん坊・お料理系 

2013年03月12日

だっちゅーの!(古?)

今日の一枚。

オハ君。

BlogPaint





coach_web at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年03月11日

花粉の季節の、個人的必需品!

花粉の季節、お薬を飲んでいても飛散量がすごいともう大変。

お鼻をかみすぎて、鼻の下がまっかっかに。
これ、めっちゃめちゃ辛いですよね。

5年くらい前に、あまりに痛くて眠れそうになかった夜、

ふと思いついて、これを鼻の下に 「こってり」 とぬってみました。

DSC_0812

















ドラッグストアでおなじみのハンドクリーム、

ユースキンA。

数あるハンドクリームの中ではお値段もかなり手頃で
めちゃめちゃポピュラーなもの。

そうしたら、なんというコトでしょう・・・

塗って少ししたら、傷みが和らいできて、

一晩眠ったら腫れがほとんど引いてたんです。

以来、花粉の季節や、鼻風邪をひいて鼻の下が痛いときは、
もう、必需品。
(あ、もちろんハンドクリームとしても使ってますが)

今、お鼻の下がイタイ方、だまされたと思って塗ってみて!

ポイントは、「 こってり 」厚めに塗ることです。



coach_web at 22:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)