2008年08月

イメージトレーニング

今の時代、スポーツの世界でのイメージトレーニングは、ごくごく当たり前のことですが、私が昔、体操をしていたころは、まだそういったことが言われる前のことでした。

前回に続き、器械体操の話です。
回転技、ひねり技をしている時、自分の体がどのようになっているのか、自分でイメージできていました。

ところが、いくらイメージしようと思ってもできない技がありました。
それほど難しくない技なのに、なぜかどうしても自分がうまくやれているところがイメージできなかったのです。

それは、段違い平行棒の降り技でした。

試合の前日まで、コーチが補助をしてくださってました。
でも、実際には横についているだけで、手は出していないということだったので、独力でできていたはずです。

不安でした。
自分の体が空中でどうなっているのかイメージできないことが、これほど大きな不安を起こすんだとその時初めて知りました。

大会当日、3種目目に段違い平行棒でした。
始まったときから、とても順調で、練習中にうまく決まらなかった技もスムーズにこなすことが出来、全ては練習以上の出来栄えでした…着地までは。

いよいよ、最後の降り技です。
一瞬不安がよぎったのは確かです。
そして…

回転しながら上バーから下バーを跳び越す際、私は足を引っかけてしまい、そのまま落下、大けがをしました。
落ちた瞬間、ボキ!という鈍い音がしたのを今もはっきり覚えています。

このときの骨折で、2度の手術を経験しました。

当時はイメージトレーニングという言葉すらなかった時代でしたが、イメージの大切さを身をもって学んだ経験でした。
ほぼ内定していたオリンピックの出場をこの怪我で逃しました。

私の後に出場した、当時、女子体操界のNo.1の選手は、同じ技をきれいに決め、とても悔しい思いをしたことを覚えています。
彼女には、何としても勝ちたかった!

私は今、NLPを通してイメージすることの大切さを伝えています。
スポーツとは無縁の世界にいますが、あの時の経験は確実に今に生きているということを実感しています


NLP体験講座(大阪)
NLP資格認定コース(10月開催)はこちら



北京オリンピック

北京オリンピックもたけなわですね〜♪

私は体操競技を見るのが好きです。
というのは、子どもの頃、体操競技でオリンピックを目指していたからです。

女子体操は、男子と違って4種目です。
床、跳馬、段違い平行棒、平均台。

一番得意だったのは、段違い平行棒。
そして、一番苦手だったのは 平均台でした。

平均台は高さ1メートル20センチ、幅10センチの台の上で演技をします。
片足しか乗らない狭さです。

その上で、宙返りなどをするのですが、実際にその高さで技を練習する前に、床の上で、徹底的にやります。

同じぐらいの幅の上で、出来るようになるまで、徹底的に練習して、大丈夫!という自信がでるまで練習するのです。

それが出来たら、それほど高くない平均台の上でやります。
徐々に高さをあげていくのです。

最終的に、1.2メートルの高さのうえでやるのですが、下には安全のためにセーフティマットを敷いてあります。補助もつきます

身体で覚えるまで、徹底的に練習すれば、1.2メートルの高さでマットなし、補助なしでもできるようになります。
低い平均台で、ピタッと決まれば、理論的には高い平均台でもうまく行くはずなんですよね。

ところが… 実際にそうは行かないのです。

なぜか…
実際に平均台の上に乗ったことのある方なら、お分かりになると思いますが、高さ1.2メートル、幅10センチというのはどんなものか…

怖いです。気持ちを許すと止め処も無く不安と恐怖が襲ってきます

うまく行くのだろうか。
もしかしたら… と考えてしまう。
落ち方によっては大怪我につながります。

考えれば考えるほど、そういったことが次から次へと出てきます
今まで出来てたんだから大丈夫!といくら自分に言い聞かせても、恐怖や不安が湧いてきます。

しかも、以前にそういう経験をしたことがあるなら、なおのことです。

心と身体は一体である と、よく言われますね。
NLPでは、まず最初に学ぶことのひとつです。

恐怖心が出ると、無意識に体が緊張します。
余計な力が入ります。その結果、技がピタッと決まらない。
あるいは、本当に落下してしまうのです。

そういう時は 無になること。
余計なことは考えない。
恐怖から 意識の焦点をずらす。

そして、とにかくやる! 
そう、度胸です。
するとうまく行くのです。

人生でも同じようなことがいえるなぁと思います。
十分、やれる力があるにもかかわらず、自分を信じられないときは、怖くて前に進めない。余計なことを考えすぎてしまう
頑張ったとしても、本来の力が発揮できないことも多いですね。

体操も人生も、最後は自分との戦いですね。
恐怖に打ち勝ち、自分の力を信じることで、技は確実なものになります。
そうなると、自信がつきます。

出来て当たり前。という意識に変化してくるのです。
その繰り返しによって、最終的に、大きな技をやりこなすことが出来るようになる。

自分の力を信じる心と信じられない心。
いつも、この二つの戦いでした。

未知のことに挑戦するとき、不安や恐れの無い人なんていないと思います。

「勇気のある人」というのは不安や恐れが無い人のことではなく、そういう自分を認めつつ、それでも前に進める人なんだろうなぁと。
それが、さらなる自信、自己信頼、成長へとつながるんだろうなぁと、昔のことを思い出しながら、オリンピックを観戦しています



NLP体験講座(大阪)
NLP資格認定コース(10月開催)はこちら
















【人生に変革をもたらすエリクソン催眠 in 大阪】開催!

9月に【人生に変革をもたらすエリクソン催眠 in 大阪】集中3日間コースを開催いたします

歴史上もっとも有名な天才催眠療法家といわれる【ミルトン・エリクソン】
このブログでも言葉のマジックとして紹介させていただきました
5月2日と5月29日をご覧いただけたらと思います(^^;

催眠というとマインドコントロールみたいで怖いとおっしゃる方も多いのですが、実際はそうではありません。

こういう御経験ってありませんか?

「何かを始めたいけれど自信が無い」、
「物事をすぐに悪いほうに考えてしまう」など
これは無意識のプログラムで、自分の成功や能力発揮の妨げとなっているともいえますね。

「そういった考えはやめよう」とか「大丈夫」とか頭では理解していても、どうしても消し去ることは出来ない。
そして、頑張って行動してみたものの、やはりうまく行かなかった

これが無意識の力です。
なぜなら、無意識は人の思考や行動の実に90%を占めているんで、うまく行かないほうに引っ張るんです。

この無意識のプログラムを解除するために、催眠は絶大な効果があります。
しかも今回の講座は従来の催眠講座によくある、参加して経験して終わり というものではなく、日常生活にいつでも使えるよう徹底的に御指導してくださいます
さすが大阪!使えてなんぼですよね(^-^)

今回御指導いただくのは多くのヒプノセラピストやNLPトレーナーから推奨されているオサメイサオ氏です

少し高度な内容ですが、この度はありがたいことに催眠に興味のある初心者にも懇切丁寧に御指導をしていただけるということです。
多くの方にエリクソン催眠で幸せになってもらいたいとおっしゃるオサメ先生ならではのお言葉ですね。

一流の催眠療法家の誘導方法をじっくりと学ぶ機会はなかなかありません。
残り数席となっています。是非、この機会をお見逃しなく!

【講師紹介】
オサメ イサオ
大阪在住。現代コミュニケーション主宰、大学卒業後、大手商社を経て、現在産業機器メーカー役員を兼任。
大学在学中、講義で犯罪心理学を学んだことをきっかけに、深層心理に興味を持ち、社会心理学、精神分析、交流分析、カウンセリング、NLP、催眠の指導者訓練を受ける。
催眠を用いたファシリテーターとして習癖改善や目標達成をリードするだけでなく、企業研修、プロスポーツ選手のイメージトレーニングや政治家の原稿執筆、クラブのホステス教育など活動は多岐にわたる。柔軟な姿勢で自由自在に催眠をつかいこなす姿は、多くのNLPトレーナーの憧れのまと。

【講師】 オサメ イサオ氏
【日時】9月13日(土)14日(日)15日(祝) 9:45〜16:45           
   
【会場】大阪市民総合学習センター
 最寄り駅 JR 大阪駅・北新地駅/地下鉄・阪急・阪神 梅田駅
【受講料】 一般価格:82,000円(テキスト代・税込み)       
       NLPプラクティショナー以上72,000円
Coach FIOREでのNLP認定取得者67,000円で御提供させていただきます。     
【定員】 先着20名様限定。残席わずか。お申し込みはお早めに!
※懇親会・ピークパフォーマンスカラオケは別途代金を頂戴いたします
【主催】Coach FIORE 代表 藤原恵津子 
 米国NLP協会認定トレーナー・NLPコーチ&NLPメタプログラムプラクティショナー
【お申し込み】はこちらから


NLP体験講座(大阪)
NLP資格認定コース(10月開催)はこちら

イメージの力

暑中お見舞い申し上げます♪

毎日暑いですね。

先日、一緒にいた友人に「こんなに暑いのにいつも涼しそうね」といわれました。

友人がそう思うのも無理ないでしょうね。
というのは、あんまり汗をかかないからです。

なぜか?

種を明かすと、首の後ろにアイスパックをあてているんです。
そうすると 暑くないのです…と言ってもイメージの話。

そう、実際にあてているわけではなく、そういうイメージをしているだけ。
しかし、これが効果抜群!

全く暑く感じない!

暑くてたまらないと思ったら、一度お試しを(^-^)


NLP体験講座(大阪)
NLP資格認定コース(10月開催)はこちら



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ