安田さん解放 「自己責任論」再燃

見識に欠ける人々がいつものように「自己責任論」なる珍論を吐いて、己の程度の低さをアピールしているようである。身代金によって結果的にテロリストを潤しただの、紛争地帯と知りながら乗り込んで、むざむざ捕まり日本政府ほか多くの人に迷惑をかけただの。

馬鹿としか言いようがない議論だ。

こういう人々は、今回のような事例において安田氏を擁護することが、とりもなおさず「ジャーナリズム」を擁護することなのだという基本的な理解を欠いている。安田氏という個人を擁護するのではないのである。

戦場ジャーナリズムの役割とは、危険を顧みず紛争地帯にも足を踏み入れて、あくまでも平和的手段により情報の収集と発信を行い、世の人々に戦争・紛争の実態を知らしめ、多くの洞察を提供することにある。

それはたとえ安田氏のように誘拐・拘束され、いわば「失敗」したとしても、世界に貴重な洞察をもたらす価値ある行動として評価され、支援されるべき活動である。それを安手の「自己責任論」で切って捨てたとき、いったい誰が得するだろうか。言うまでもなく暴力的手段で人命を蹂躙し、その意を通そうとするテロリストや、人権を屁とも思わない独裁者たちが得するのである。

こうしたテロリストや独裁者にとって、最も疎ましく目障りな存在は、自分たちが隠しておきたい戦場の真実を暴き、世界に発信する安田氏らジャーナリストである。サウジの反体制ジャーナリストが殺害されたことは、それを間接証明していると言えるだろう。

今、安田氏を自己責任論で罵倒している馬鹿たちは、自分がテロリストや暴力的独裁者の味方をしていることに気づいていない。それどころか自分こそが本質を捉えた正論を主張しているとすら思っている。

安田氏を拘束したテロリストは、日本で安田氏がバッシングされていると知ったら喜ぶだろう。これで少なくとも日本から邪魔くさいジャーナリストが自分たちの知られたくない秘密を暴き立てにくる恐れが減るのだから。

分かっていない連中は、過去の安田氏のツイートなどを持ち出して、「こういう偏見の持ち主だから」と自己正当化したつもりになっている。だが「ジャーナリズム」とは、自分が支持する言論だけを指すのではない。自明のことだ。

時には自分とは意見を異にする言論もあるだろう。ユダヤ人支持者にとっては、アラブ人の方を持つジャーナリストは気に食わないかもしれない。サウジの体制を支持する人間にとって、殺害されたジャーナリストは気に食わないかもしれない。

しかしそうであったとしても、そのジャーナリストがあくまでも「言論」のみを武器にして活動していたのであれば、それはジャーナリズムの精神にのっとっていたのであり、擁護されなければならないのである。気に入るか気に入らないかは問題にならないし、それをいくら持ち出したところで、ジャーナリズム攻撃の正当化はできないのである。

文明社会を文明社会たらしめているのは、多様な見識の持ち主がそれぞれに意見をぶつけ合うことのできる健全な言論空間である。この空間は多くの政治権力者から絶え間なく攻撃を受ける。もちろん今回のようにテロリストから攻撃を受けることもある。なぜなら、こうした権力や武力の保有者たちを監視し、批判し、抑制しているのが「言論」だからである。

文明社会の恩恵を知り、その価値を知る者ならば、こうした攻撃には断固として立ち向かわなくてはならない。そしてその対抗上、最も力を持つ「武器」がほかならぬジャーナリズムなのである。

今、安田氏を自己責任論で罵倒している連中は、こうした背景が分かっていない。この連中に見えるのは、目先の税金が使われただの、身代金でテロリストが潤っただのという、甚だしく表層的な問題だけだ。

日本社会の圧倒的多数が、安田氏の個別の言論を超えて、ジャーナリズムの価値を擁護し、テロリストに批判の目を向け、安田氏が伝えんとした戦場の現実を直視すること。これこそ、テロリストたちが最も恐れている展開なのである。「自己責任論」でテロリスト擁護にいそしんでいる連中は、もう一度言うが、馬鹿としか言いようがない。