このブログは、これまでの緑のカーテンのご紹介はもちろん、エクステリアショップ『co-batake コバタケ』からのご案内や
当ショップによるエクステリア商品の施工の様子もご紹介していきます。

自称達人の竹の子の堀り方です



何年もかかっていろいろ試してみて、自分で編み出しました

 


特に山(斜面)で有効な方法です。




まず探し方から




毎年良く生えてくる場所があります。

CIMG6468

基本的に同じエリアです。

年々ちょっとずつ変わります。


変わると言っても、そのエリアを含めて、今年は少し西の方に多いね、と言った程度です。



竹が密生してたら良いかというと、そうでもないようです。





とにかく、まず一本目を探してみましょう







すぐに一本目を見つけました 

CIMG6573

これです。




そのままその周囲を探します

CIMG6559



二本目がありました

CIMG6557

二本目を首尾よく見つけたら、最初の一本目と、次に見つけた二本目のライン上に目を走らせます



竹の子が、地下茎で伸びる性質があるためだと思いますが、竹の子のゴールデンライン(直線的に良く生える方向)がある場合があります。

 


そのゴールデンラインを見つけることが出来たらラッキーです。


一箇所で何本も掘り出すことができます

CIMG6575


一本目を見つけても、不幸にもゴールデンラインを探しきらなかったり、宿敵イノシシ君に先に食べられてたりした場合でも諦めてはいけません。


地道に山を上り下りしてみましょう

上り下りするたびに、ルートを変えてみます。



不思議なもので、最初は気付かなくても、一度上って、下りてきたら「あった!」となる場合も。

CIMG6474

自分の立ち位置を変え、見える角度が変わったら見つかったり。






掘っていて、何かに見られている気がするようになれば、あなたも相当なレベルに達しています。

きっと振り返るとそこに竹の子が生えているはずです。



まるで、『僕を見つけて!』って言ってるような気がしませんか







あなたもその境地に達したら、私と同じ、自称達人の仲間入りかもしれませんね

*----------------------------------------------------------------------------------*
co-batakeコバタケ店長

緑のカーテンキットなどのlohasな商品|co-batakeコバタケ
http://www.co-batake.com
tel:078-277-2525
fax:078-779-6349

co-batakeコバタケ楽天市場店
http://www.rakuten.co.jp/co-batakeも営業しています。
*---------------------------------------------------------------------------------*  

 

 

 


 

 


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

コバタケ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ