2020年08月15日

オレゴントレイル(MSX)

ザ・アメリカのゲーム。

40 年にわたり 6,500 万本売れたというし、日本のゲームとしてもインベーダーやマリオやソニックなどが選ばれている The Strong Natinal Museum of Play(ストロング遊戯博物館?)の殿堂入りもしているし。でもほとんど知らない。

ふと目にして気になって、でも英語なので・・・と訳しながら遊ぼうかと思ったとき、ついでだから MSX に移植しながらゲーム内容もみてみるといいかもしれない、と Akalabeth: World of Doom のときと同じ流れ。

1985 年以降にリリースされたフルグラフィック版はかなりゲーム内容が強化されているけれど、その前のものはシンプルなテキストゲーム、これなら。1978 年に Creative Computing Magazine 誌で BASIC のコードが公開されていましたので、これを移植です。Applesoft BASIC かと思ったけどそうではないみたい、でもまぁこんな感じかな。時間が計れる入力命令なんて初めて(たぶん)。

SLG でクリアするのは難しいかな?と思っていたけれど、移植してプレイしてみたら意外とゴールできて、あれ?あってる?と Apple II の古い版をプレイしてみたら同じような感じだったので、なるほど、大丈夫そうだ。

rom フォルダにあるファイルをどうにかしてカートリッジ化するとか、読み込むとかすれば遊べます。



オレゴンを目指してください。

【 動作環境 】
・ 16KB 以上の RAM を搭載した MSX

【 操作方法 】
・ ↑↓←→で項目や数値を選択
・ SPACE あるいは Z キーで決定
・ ジョイスティックにも対応

「You have died of dysentery」はまだこのときにはなかったようだ。

ダウンロードはこちらから ⇒ DOWNLOAD
すぐに遊ぶならこちらから ⇒ RUN


cobinee at 15:30コメント(3)MSX  

コメント一覧

1. Posted by あぶらちゃん   2020年08月15日 19:38
5 お疲れさまです。ありがとうございます。
テキストアドベンチャー!
Hobbit 似?
それとも、雑誌I/Oに載っていた
イスカンダルノ豆腐屋ゲーム 似?

いつもcobineeさんのゲームで頭の中のシナプス連鎖しまくりです。

楽しんでます!!
2. Posted by Nautilus   2020年11月29日 00:33
5 Amazing! Fantastic work. 👏
3. Posted by ルーショウ好き   2021年01月03日 10:42
5 初めまして!オレゴントレイル、楽しく遊ばせてもらいました。
少し前の海外ドラマですが「
PERSON of INTEREST」(POI)という番組の重要なシーンでオレゴントレイルが出てきて、ずっとやってみたいと思っていました。
先日、ふと思い出して探してみたら、こちらのサイトを見つけ、しかも日本語版だったので、すごくうれしかったです
ドラマではシーズン2の第2話に出てくるので、よろしければご覧ください。(出てくるのは画像付き版です)
公開してくださって、本当に感謝します

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
ぽきゅなのにゃ
QRコード
QRコード