Nephilim
Nephilim
クチコミを見る


Nephilim
Nephilimってなんだろって思ってた。
西川さんの説明を見て初めて知った。
大きい意味でひっくるめてNephilimなんだね。
こういうタイトルの付け方は個人的に好きです。

初めて聞いたのはゲームのサイトでPVと一緒に見たんだけど、映像とのシンクロ具合がはんぱなくて鳥肌たったのを覚えております。
すべてがマッチしていてこの曲はこのゲームのために作られたのでは、と思わせるほど。
さすが、いい仕事してます。
でも、実際はあのデビューライブで披露されてた上に、岸さんがabsのために初めて書いた曲、ということ。
absのために初めて書いた曲がこの曲なんて!
いい言葉が思いつかないのが悔しいんですけど、すごく嬉しい。

お気に入りポイントは、サビスタート、そしてサビで音の塊がどーーーんてくること。
ボーカルとバック(楽器)って分かれてるんじゃなくて、一つの塊になってるんだよ。
これボーカルが楽器的じゃないとこうはならない。
とにかく、これがこのバンドの好きなとこの一つでもある。

サビは「は」で始まるのがいい。
どうせなら全部「は」ではじまる言葉にしてほしかった。
「は」の音圧がすごい。
「は」が一番音として混じってる気がする。

SUNAOさんの「泣き」のギターソロ。
入り方が好き。遠くから近づくかんじ。

ラストのブリッジの繰り返しから解決までがとてもドラマチックで祈りたくなる気分です。
このクラシック的要素はなんだ?
なんかのどまででかかってるけど、思い出せない。
何かとイメージが重なるけど、なんだっけなー
思い出したら書く。

神様がふってきそうな曲。


LOST REASON
柴さんが初めてabsのためにつくった曲。
ありがとう、柴さん。

何も考えないずにまっさらな心で感じました。
かっこいいというここと、そして感動した。

展開は置いといて、ストレートな音と曲だと思います。

最初にこの曲を聞いたのは視聴でAメロとサビの一部だったかな?
そのときは今までと違う優しいabsらしからぬ雰囲気に少し驚きましたが、このときに驚くのは早かった!
あそこだけ聞いてもなにもこの曲をわかっちゃいなかったということ。
で、初めて最初から最後まで聞いたのはこないだのラジオかな?
でもこれは正式に流されたわけじゃなくて、なにげなく流れて、4人がしゃべるバックで流れてる、みたいな。

驚きました。
最初イントロがなんの予告もなしに流れたときはアメリカンなバンドの曲が流れてるのかと思った。本気で。
あのヘビーなイントロであの流れるようなAメロがくるのは誰も予想だにしませんて。
でも、なんだかんだ驚いたとはいえど、absらしいと思えるのはHOWLINGで免疫ができたら、そして、メンバーが(特に柴さんと西川さんが)変な展開の曲やらバンドに興味をお持ちのご様子だったからでございます。

個人的に変な展開な曲とか変拍子とか変なテクニックを使った曲とか大好きなので大歓迎です。
現代音楽ちょこっとかじってたわたしからいわせてもらうと、Enter Shikariとかまだマシな方よ。
クラシック方面は(意外だと思われるかもしれませんが)もっと更に上をいく変な曲が山のように存在します。


自分でもびっくり。
わたし西川さんの英語好きみたい・・・


視聴したときはまた何歌ってんだよ、わかんねーよとか思ってたのはさておき、何がそうさるのはわかりませんが、好きなんです。
西川さんの英語ってすごくしまりがないの。
あまり人にはいってませんが、わたしゴスペルやらクワイヤやらちょいとやってたから、歌うときの英語の発音ってまた話すときと違って歌って聞こえるようにすごく口の形とか気をつけたりとかそういうのあるわけで、そんなんロックやし、西川さん知らんだろうし、知る必要もないわけで、なにがいいたいんじゃーーー
とにかく、英語の発音ならわたしのほうが上手いに決まってるし(大きくでました)、でも、しまりがなくても西川さんの英語は好きなんです。
ビョークが好きなんと一緒の感覚なんかなあ。

歌詞もストレートでわかりやすい英語でいい。
英語詞のアドバイザーがFSとNBとこれで違うのがふーんへえーーと思ったり。
アドバイザーによって色変わったりするのかな?

英語の歌詞はあまり訳さないほうがいいと思います。
英語は英語のままで聞くのがいいです。
英語と日本語では性格が変わるんです。(ほんとに)



思い出した。
デビューライブで一番好きな曲、これだった。
途中の歌詞をケータイになぜかうちこんでた。


展開はさておき(さっきからさておきすぎる)この曲はけっこうフツウなんだけど、好きみたい。
それが悔しい。
胸がきゅんとなりました。