bee1d99c.JPG昼に銀行に行ったら途中、店の前に、そこの飼い猫?が2匹。1匹が、ものずご〜〜〜く開放的に無邪気に、ごろごろお腹を上に向けたり、転がりまわっていた(^0^)あまりの可愛さに遠くから写メをとったが・・・ちょうど起き上がったところで残念(><)
今夜は異業種交流会。お鍋を食べたあとのデザートにミカンが盛られ出てきたが、思わず笑った(^^)この大きさの違い。普通、盛ったときに変えるでしょっと(笑)ブログネタだよと写メを撮った。
夜テレビをつけたらトルコの天才ピアニスト「ファジル・サイ」が出演して演奏をしていた。思わずテレビの前で止まって聞き入ってしまう。アーティストは自分本位でないといけないと私は思う。ほとんどが突出した才能は芽が出ないだろう。でも、サラリーマンではない限り、その道を選んだなら妥協=堕落。見る人を、聴く人を、意識したものは厭らしさが出て、感動から遠い。仕事柄、いろんな人を取材してきて思うが、アーティストは作品ではなく人間である。人間が芸術で、人間が文学で、人間が音楽家で、人間が文化を生み、人間が人生を作り、人生が作品を生み出す。
それは企業家にもいえる。理念がないところに私は魅力を感じられない。ま、それは芸術家と同様、金儲けにつながるのは難しいのかもしれない。でも、製造業なら「いい品作り」販売業なら「いい商品を見極め販売する」それが商いではないかな〜
ま、生意気ですが〜(^^;)
そんなことをピアノを聴きながら思った。<