コンスタンティン キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ、
シア・ラブーフ、ティルダ・スウィントン、
ブルイット・テイラー・ビンス、ジャイモン・フンスー、
ギャビン・ロズデイル出演のサスペンス。
公開日:4月16日

☆ストーリー☆
「ガキの頃から、いろんなものが見えた。人間が見ちゃいけないものがな」
彼にはこの世に属さない者たちの姿が見える。
そのもって生まれた特殊な能力に絶望し、かつて自殺を試みた。
だがその後すぐに蘇生してしまうが、 自殺者の死後の行き先は地獄しかない。
閉ざされた天国の扉−
その裏口をこじ開けるために彼がすがりついた最後の手段、
それが「天国と地獄のエージェント」としての役割だった−−−。

異変はすでに起こりつつあった。
悪魔を見分ける特殊能力を持ったジョン・コンスタンティンは、
人間界に潜む悪魔を地獄へ送り返し続けている。
その体は末期ガンに冒され、余命は1年。
ある日、友人の神父からの依頼を受け、
悪魔に取り憑かれた少女のもとへ赴いたコンスタンティンは、
いつもの悪魔祓いの儀式の途中で、言い知れぬ恐怖を覚える。
これまでとは、何かが違う! 
長い間保たれてきた天国と地獄のバランスが崩れ去ろうとしている予感。
それを裏付けるように、コンスタンティンの周囲で蠢きだす不気味な出来事の数々。
病魔に冒された現実と、得体の知れない謎を抱え込んだ彼のもとに、
女刑事アンジェラ・ドッドソンが、
自殺した双子の姉妹イザベルの死の真相を探るべく協力を求めにやってきた。
アンジェラの頼みをいったんは断ったコンスタンティンだが、
その背後につきまとう悪魔の姿を見て、彼女こそが謎を解く鍵を握る人物と知る。
この世とあの世の境界線で、いったい何が起ころうとしているのか?
ただひとつ確かなことは、
かろうじてこの世を成り立たせてきた危ういバランスがついに崩壊を始めたということ。
それは、終末への序章なのか?
越えてはいけない一線を越えて、
何かとてつもないことが動き出そうとしているのだ。
イザベルの手首には、ルシファーの子“マモン”の印が刻まれていた・・・。

☆cocoaの感想☆
キアヌカッコいい!!
そして面白い!!
期待して待ってただけに、ワクワクしながら観ましたが
ぜんぜん期待を裏切らない作品でした。
天使に悪魔にハーフ・ブリード、そしてそれらを見分けてしまう能力を持つ人間。
運命の槍に地獄の聖書、悪魔祓いの封印に聖水、古代の宗教的な武器、遺物。
もう、なんだか好きな要素がわんさか。
ワクワクしない方がムリです(笑)
圧倒的な映像にも飽きさせないストーリーにも
ひと癖もふた癖も裏もある奥深いキャラクターにも、満足!
コンスタンティンがときおり見せるアンチヒーローちっくなところもいい感じ。
ガブリエルも中性的な魅力がピッタリだったなぁ。スーツとかビシっと似合ってて。
とても【猟人日記】の彼女とは思えないほどカッコよかった。
天使のハーフ・ブリードの翼が広がるシーンが好き。
多少、虫がニガテなので観られないシーンもありましたけど・・。
そんなことはどうでもいいくらい、私は大満足で面白かったのです。
続編もたぶん出来そう! というか、シリーズ化するのかなぁ?
ってか、作って欲しいんですけどね♪
キアヌって40歳とは思えない・・・。若いなぁ。
あ、ひとつだけちょっと・・・ キアヌの若い頃の設定の彼。。。
違う人がいいなぁとか思っちゃったなんて、ナイショ(笑)

ちなみに、おまけ映像があるので
観たい人はエンドロールが終わるまで、席を立たないほうがいいですよ。

コンスタンティン ←公式サイト
★★★★★