チャーリーとチョコレート工場ジョニー・デップ、
フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム=カーター、
デヴィッド・ケリー、ディープ・ロイ、
クリストファー・リー出演のファンタジー。
公開日:9月10日


☆ストーリー☆
チャーリー・バケットの家の貧しさといったら、それはもう大変なものでした。
大きな町のはずれにある、左に30度くらい傾いた今にも壊れそうな小さな家に
一家7人で暮らすバケット家。
失業中の父と、母と、チャーリー、それに祖父母が2組。
年に1度、誕生日のときにだけ買ってもらえる大好きなチョコレート。
そのたった1枚の小さな板チョコを1ヶ月かけて少しづつ少しづつちびちびと食べるのです。
あぁなんとけなげなチャーリー!
そんなチャーリーの家のすぐそばに大きなチョコレート工場がありました。
世界で1番大きくて、世界で1番有名なウォンカのチョコレート工場が。
ここ15年間というもの工場の門は閉ざされ、中に入った人も出てきた人もいないのに、
世界的ヒット商品を毎日出荷し続ける謎のチョコレート工場。
そんなある日、驚くべきニュースが世界中を駆け巡りました。
「ウォンカの工場ついに公開!幸運な5人の子供たちに見学を許可」
ウォンカ製のチョコレートに入った“金のチケット”を引き当てた5人の子供とその保護者を
特別に工場に招待する、と工場主のウォンカ氏が異例の声明を発表したのです。
世界中が目の色を変えるなか、次々と現れる当選者たち。
1年に1度しかチョコレートを買ってもらえないチャーリーが当選する可能性は、
昨日の夕飯のキャベツスープより薄いものでした。
ところが、道端で拾ったお金が幸運を呼び、
最後の1枚がなんとチャーリーの手元に転がり込んできたのです!
さて、いよいよ工場見学の日。
ジョーおじいさんに付き添われたチャーリーと
絶対にひと悶着起こしそうな4組の親子を出迎えたのは、
15年も工場に引きこもっていた伝説の工場主ウィリー・ウォンカ氏その人。
前髪揃えのおかっぱ頭にシルクハットをかぶり、歓迎用の笑顔を青白い顔に貼り付けた
ウォンカ氏に導かれ、一同が目にした光景は・・・。
彼が時々遠い目をするのはなぜ?
そして、個性的すぎる5人の子供たちを待ち受けている、それぞれの運命とは・・・?

☆cocoaの感想☆
待ってました! やっとジョニデと会える♪
もう、公式も読まず、情報はいれず、ただただ楽しむためにガマンしました。
ワクワクしたり、ニヤニヤしたり、思わず笑っちゃったり、ほんとに楽しかった〜。
ディズニーのアトラクションちっくでもあるけど、
やっぱジョニデ、ブラックなところもあり、茶目っ気もあり。
ウォンカのチョコレート工場へ行ける幸運な子供たちが小憎らしい子揃い。
ただ1人、チャーリーを除いては。
チャーリーに当たるのはわかっているのに、なかなか当たらないからヒヤヒヤ。
年に1回しか買ってもらえないチョコレートに入ってなかったときは、
どうなるんだろう!?って思わず思っちゃいました。
チャーリーの家族が、貧しくてもみんなが仲良く優しい感じでとてもステキ。
そしてチャーリーはすごく普通ではあるけど、
自分のことより家族のことをまず考える、すごく家族思いのいい子。
まさにフレディ・ハイモアくんにピッタリ。
ジョニデが彼を気に入ったのも、彼を推したのも、すごく納得。
“トゥー・ブラザーズ”でも“ネバーランド”でも、
すごくチャーミングに、賢く、そしてすごく上手く演じている子だった。
クセのある映画で、クセのあるキャラ揃いの中で、至って普通な子のチャーリー。
そんな彼を見事に自然に演じてたと思う。
チャーリーとウォンカの関係がとても微笑ましい。
チャーリーだから、ウォンカも素直に頼れたんだろうな。
再びチャーリーの元に現れるウォンカのバレバレ具合もかわいい。
この映画の映像のファンタスティックなのに未来な感じがスゴイ。
そこに違和感なくハマってしまうジョニデがさらにスゴイ!
夢の国のようなチョコレート工場で起こる出来事の数々は摩訶不思議で面白かった。
ただのファンタジーでもなく、子供たちのキャラを通してのブラックさもあり、
チャーリーを通しての家族愛もあり、ウォンカを通してトラウマの克服もあり、
そして、ウォンカとチャーリーの友情もあり。
とってもステキで贅沢な作品でした。
ナッツ選別室でお仕事をしてるリスたちもすっごくかわいかったなぁ。
そしてそして、ウンパ・ルンパの動きや歌やダンスは要チェック!
厳つい顔の小さいおじさんがリズミカルに動いてるだけでも、なんかかわいくて笑っちゃった。
ウォンカとチャーリーが“選ぶ”結末は、ジーンとほんわか、優しい気持ちになれる。
観終わったあとは、ほんわかするし、楽しかったし、また観たい!って思いました。
もう、ジョニデ最高♪♪♪
私もウォンカ製のチョコレート食べてみたい!工場に行ってみたい!
ウォンカの工場見学歓迎シーンの
♪ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ〜♪ってメロディが離れないよ〜っ。

パンフレットのチャーリーの紹介文のところに、
“ウォンカのヘアスタイルはイケてないと内心思っている。”
って書いてあって、読んで笑っちゃったのでした。

チャーリーとチョコレート工場 ←公式サイト