モンスター
シャーリーズ・セロン、クリスティーナ・リッチ
出演のヒューマンドラマ。
公開日:9月25日


☆ストーリー☆
1986年、フロリダ。
どしゃぶりの雨に打たれながら、アイリーンは自殺を考えていた。
女優になることを夢想する平凡な少女だったアイリーン。
不幸な環境で生まれ育った彼女は、
いつかきっと自分を別の世界へ連れて行ってくれる誰かが現れると信じて、
肉親の暴力に耐えた少女時代。
そして今は娼婦として過酷な日常を生き抜いてきた。
だが、その夢も潰えたとき、
彼女は、生まれて初めて自分を蔑むことなく愛してくれるセルビーとめぐりあう。
人生をやり直したい、そう願うアイリーンだったが、
旅立ちを目前に控えた日、
お金が必要な彼女は再び客となる男を探し、車に乗り込んだ。
だがサディスティックな客に死の寸前まで暴力をふるわれ、
とっさに相手を殺害してしまう。
こうして一線を踏み越えた彼女は、恐怖から娼婦として生きることもできず、
普通の仕事を探す努力をするがうまくいかず、お金もなくなる。
そんな彼女を尻目に自分はなにもしないセルビーのわがままも、全部受け入れながら
それでも愛するセルビーとの生活をという思いから、とる道は一つしかなかった。
客を殺し、お金を奪う犯行を重ねていくことになる。
彼女の幸せはこうして哀しい結末へと向かうのだった・・・。

☆cocoaの感想☆
久々に重い映画でした。
もうすごく切なくて。。。
公式HPのストーリーを読むだけでも泣けちゃいます。
だってこれ、実話なんですよ。
モンスターと呼ばれた連続殺人犯のアイリーン。
でも彼女の人生の背景にあるものが、すごくつらくて切ない。
やっと幸せになれる、幸せになりたい、
そう望んだだけなのに、ひとつの歯車が狂ってしまった。
あいつにさえ出会わなければ、きっと違った人生になっていたのに。
罪を犯した彼女がつかまるのは当然で、
その償いをしなくてはいけないことも当然だけど、
最後の最後までセルビーのことを思い、裏切りを知っても
セルビーへの愛とセルビーを守り続ける彼女がせつなかった。。
一番最初の正当防衛の時に自首していれば、こんなにも苦しい殺人を繰り返さず、
こんなに哀しい結末にならなかったのに。。。

13キロも増量し、歯型をいれ、不細工メイクをし、
「世界でもっとも美しい50人」のシャーリーズセロンとは思えない。
動き方や話し方まで役になりきったところがすごいです。

モンスター ←公式サイト
★★★★☆