September 20, 2017

3代目と窯元めぐり

お店には
様々な人がやって来る。

今日は特別
変わった理由で
お店に立ち寄られた人がいた。

何でも3代目のファンで
あちこちのドームのコンサートに
行かれるそうなんだけど
その土地の窯元めぐりを
趣味にされているそうだ。

3代目と焼き物って
繋がらない気がするんだけど
その人の中では
好きが一致しているんだろう。
オモシロい。

今日もこれから
京セラドームに行くと言う。

東京ドームにも
来てもらえたらいいな。


DSCF6115


焼き締めめん鉢 市野雅利

September 19, 2017

君の膵臓を食べたい

次男が先に観に行って
もう一回観たい映画だと
しきりに言うので
昨日は家にいた次男とふたりで
久々にレイト・ショーへ出かけた。

隣に知っている人がいると
映画に集中出来ない性質なので
次男とは2列くらい開けて
おまけに右と左に
離れた席を取った。

ぐいぐい引き込まれる
青春映画だった。

病気のせいで
カウントダウンが始まった
残り少ない人生に
明るく向き合う女の子のお話しで
亡くなってから日記を読む形で
その時々に揺れ動く彼女の心情も
最後に語られる。

数年後に見つけられた
親友に宛てた遺書の中に
「病気のことを言えなくてゴメンね」
という一文があって切なかった。

言わなくて、ではなく
言えなくて。

何も告げないまま
春に逝った友人も
きっと同じ気持ちだったのかな
と、ふと思う。

それなら最後に会った時
お互い笑顔で別れたんだから
それでよかったんだ。

本当に観てよかった。
そう思える映画だった。


DSCF6112




September 18, 2017

台風一過

夜になって雨が強くなり
ドキドキしたけど
そんなにたいしたこともなく
通り過ぎた。
本当にこの地は
自然災害が少ない。

台風が通る前に
高く伸びたセージを
切ろうかどうしようか迷って
ちょうど咲き始めた青い花を
切ってしまうのは忍びなく
そのままにしておいたけど
風がそれほど強くなかったから
倒れる事もなくて
ホッとした。

倒れそうな植木は枝を切り落としたり
鉢植えや看板を中に入れたり
雨が吹き込みそうな場所には
レンガを置いたりして
最近は備えることに
ちょっとだけ賢くなった。


DSCF6110


イメージは雨。

September 17, 2017

フレンチトースト

台風の予報で
試合が延期になって
練習も休みになって
珍しく一日、家にいた次男。

お昼のリクエストは
花巻かピザかフレンチトースト。

たぶん言い出すだろうと思って
材料を揃えておいたので
お昼はフレンチトースト。

「なんかいつもと違う〜」
ちょっと浸し液が少なくて
ただのトーストみたい。

カツカレーが食べたいというので
夜はカレーとひと口カツ。

「カラアゲみたいなカツやな」
って食べやすいように
小さめにしたのにーっ。

リクエストに答えてあげたのに
コメントがちょっとイラッとする日。

夜になって
雨が激しくなってきた。
これ以上
ひどくなりませんように。


DSCF6107


丸皿 市野雅利。

September 16, 2017

自分を見つめるということ

関ジャムの福山雅治の回は
とても興味深かった。

男前で歌が歌えて
作詞 作曲 そして俳優もやって
おまけに女優を妻にした。

陽の当たる場所を
ずっと歩いて来た人だと
思っていたけど
自身は何か一つに
秀でているわけじゃなく
10種競技に出るタイプ、だと
自己分析する。

自分の声は
ロックに向いてないから
歌だけじゃ食べていけないと思い
この声を活かすには
どうすればいいのか突き詰めた、と。
あんな風に研究熱心だとは
思わなかった。

自己プロデュース能力に
長けている人なんだと思う。
コンプレックスを抱えるコトも
自分を客観的に見つめるコトも
大事なことなんだと思った。




DSCF6106


器イロイロ すべて市野雅利。

September 15, 2017

気圧とアタマイタ

2番目の子は
のびのび育つ。
よって体格も大きくなる。

長男と同じ高校に
次男が通うことになった時
制服代が助かるなと思ったのに
すぐにスラックスの丈が
ちょんちょんになり
ウエストもキツイと言い出した。
とうとう今年の夏は
新調する羽目になる。

そしてもうすぐ衣替え。
冬服も用意しないと…。

それに加えて
来週は国体の結団式があり
決められたジャージを着用との指示。
国体なのに 支給はしてくれない。
それがまた けっこうなお値段。

4泊5日の愛媛国体遠征は
補助やら寄付やら下りるものの
個人の負担は大きい。

子供達は楽しいだろうなー。
学校は公休になって
野球部だけで
ほとんど旅行やん。
あ、いや目的は試合です。

気圧のせいか
フトコロ具合なのか
なんだか最近
頭が痛い。



DSCF6103


いろいろ考えるのも面倒になって
無心になってチクチクしてたら
訳が分からなくなったブローチ。


cocochiya at 17:20|PermalinkComments(0)pepper brothers 

September 14, 2017

うちの夫は朝ごはんを食べない

そろそろ忙しくなる時期で
また最近、夫は
夜中に仕事をするようになった。

そうなると朝、起きない。
朝ごはんも用意したところで
「味噌汁だけでいいわー」と
簡単に言う。

「うちの夫は仕事が出来ない」って
ドラマみたいならば
妻に家を出て行かれるところ。

でもまぁ結婚して
22年も過ぎれば
イラッとはするけれど
それも想定内のコトで
そんな些細な事で
家出している場合ではない。

それにしても
あのドラマを観ていて
いくら家族が大事でも
そんな大きな仕事を断ってもいいのか?
ゆくゆくは未来の収入に繋がる
大事な事なんじゃないか?
と、思ったのは
私だけじゃなかったらしい。

人が何を一番にするかなんて
結局本人しか わからない。

なら、私は何が一番なんだろう。
自分でもよくわからない。


DSCF6097



インディゴプレート 市野雅利。


cocochiya at 14:46|PermalinkComments(0)ひとりごと 

September 13, 2017

あん バター トースト

O型でもないのに
子供の頃から
蚊には よく刺される。

この夏は暑かったから
意外と蚊に刺されることも少なく
ちょっと気を抜いていたら
今になってやたらと刺される。

夕方、気が付いたら
首の辺りを集中的に
10ヶ所くらい刺されていた!
どーゆーこと?

気が付かなかった自分にも
腹が立つ。

かゆみ止めを塗りまくったら
首がスースーして
まだ眠れそうもない。


DSCF6077


久しぶりにあんバタートースト。

cocochiya at 22:08|PermalinkComments(0)ひとりごと 

September 12, 2017

雨降りとミシン

どしゃ降りと雷の朝。

予測はしていたけど
次男が起きて来るなり
「今日は送って下さいっ」

潔くて つい、「いいよ」と
言ってしまった。

ゴミ出しと店の掃き掃除を
嫌がることなく手伝う次男。
当たり前か。

送って行く車の中で
「君の膵臓を食べたい」の映画が
も一回観たいくらい良かったと言う
次男の話しを聞く。

私も観に行こうかなと思いつつ
ミシンをかける雨の日。


DSCF6074




cocochiya at 15:22|PermalinkComments(0)布と洋裁 

September 11, 2017

続けるということ

今まで製菓材料を
ネット購入していた2つの店が
片方に事業譲渡され
ひとつになるらしい。
ビックリ。

街中のコンビニが
潰れたと思ったら
また違うコンビニになる。
更地になって
駐車場になる。

長く続けるということは
本当に大変。

ココチ舎も来月で
ちょうど7年目に突入する。
変わらないように見えて
少しずつ変化して来た。

これからも気持ちを新たに
がんばります。
だから…ヨロシク!


DSCF6073




幅広リム鉢 市野耕。

cocochiya at 23:30|PermalinkComments(0)ひとりごと 

September 10, 2017

伊勢うどん

私は傍から見て
こだわりがあるように
思われがちだけど
案外どうでもいいことには無頓着。

最近は夫に
麦茶のポットの
蓋の入り口を合わせろと
口うるさく言われる。

ポットに麦茶を作った時に
テキトーにポンと蓋をしてしまうもんだから
次に注ぐ人が
ドボドボお茶をこぼす。

お茶を注ぐ時に
気が付いた人が
ポットの注ぎ口と
蓋の入り口が合ってるかどうか
気にしてもらえればいいんだけど。

夫はA型なので意外と細かい。





DSCF6065


逆さ富士鉢 市野雅利。


cocochiya at 11:37|PermalinkComments(0)ひとりごと 

September 09, 2017

秋季大会 2回戦

今日は2回戦。

全国大会と違い
軟式野球はやっぱり辺鄙な球場で
ベンチのすぐ後ろは
金網を隔てて
木々が鬱蒼とした場所。
涼しくてよかったけど。

新チームの雰囲気は
やっぱり和気藹々として
みんな楽しそうで
ヤジすれすれの声掛けも
信頼関係があってこそ。

ベンチが近かったから
メンバー同士が話すコトも
筒抜けで面白かった。

全国大会の時に
追っかけていた新聞記者の言葉に
「高校球児というより
野球少年と言う言葉が似合うチーム」
と書かれていたように
楽しそうに野球をしているのが
応援していても気持ちがいい。

それは先輩から代々
受け継がれてきた
芯のようなものなんだろう。

今日は次男完投で
ほぼ完全試合。(と次男曰く)
神港に3対0で勝利。

次も楽しみだ。



IMG_0573




cocochiya at 17:01|PermalinkComments(0)pepper brothers 

September 08, 2017

布バッグ

バッグは作らないの?
と何人かに聞かれたので
ボチボチ作り始めている。
超スローペースで。

オーダーになると
しんどくなる性格なので
好きに作って
見に来てもらうって感じ。

B型なので
こんな風に、とか
こんな形で、とか
細かく決められると
いっぱい いっぱいになって
やーめたってなる。

ちゃんと希望を聞いて
それに添って作れる人は
尊敬に値する。






DSCF6064

cocochiya at 16:35|PermalinkComments(0)布と洋裁 

September 07, 2017

カエルと青虫とコオロギ

リビングは店と土間続きなので
生き物が時々遊びに来る。

ある夜、遅くまで
ひとりで起きていた次男が
ギャーッと大声を上げるので
ビックリして飛び起きて見に行くと
カエルがぴょんぴょん跳ねていた。

保育園の頃は
捕まえたアマガエルを
制服のポケットに入れて
帰って来てたのに。
今は全くダメな次男。

ある朝、夫と話しをしていたら
首元をうわっわっと言いながら
しきりに払うので
ムカデかと思ったら
なんと10cmほどの青虫。

ひえぇ〜っ なんで?どこで?

ネットで調べたら
アゲハチョウの幼虫らしい。
いったいどこにいたんだろう?

昨日は昨日で
なにやら動く物体。
携帯をいじっている次男に
ぴょーんと向かっていたけど
気付くかなーと思って
黙ってみていた。

するとやっぱり「ギャーッ!」

コオロギでした。

家に登場する虫にも
季節を感じるな〜。


DSCF6001


cocochiya at 13:55|PermalinkComments(0)ひとりごと 

September 06, 2017

娘のひと言

最近の母娘は
まるで姉妹のように
見える事もあって
そうではなく育ってきた私は
不思議な想いで
2人を眺めることがある。

だけどやっぱり女同士で
娘は母に手厳しい。
そんな場面に出くわすと
そうよね、やっぱりそうよねと
妙に納得してしまう。

器を手に取りながら
「こんな料理がいいわね」
「あんな料理が合いそうね」と
次々言い出す母に向かって
「そんな料理したことないやんか」
と、ぴしゃりと娘が言う。

聞こえないフリをする私。

「今、流れている曲は誰?」と聞かれ
「エド・シーラン」と答えたら
「誰でも知ってるで」と小学生の娘さん。

ええーっ
小学生なのに知ってるの?
と、そっちにビックリした私。

夏休みは親子連れが多かった。
もう秋だ。


DSCF6061



インディゴプレート 市野雅利。

cocochiya at 16:59|PermalinkComments(0)

September 05, 2017

偽装工作

朝、ごはんを食べた後も
登校前まで机に向かい
ギリギリ期限に間に合わせた様子の
夏休みの課題。

次男にとって
この夏休みは
あってないようなもんだったし。
それでもようやく終了したようだ。

だけど家庭科の料理の課題なんて
やった形跡もない。
クックパッド様様だ。

高校生を持つ母達と
話しをすると
どんな課題が出ていたのか
把握している人も多くて
ビックリする。

私は全く知らない。
興味がないわけではないけど
やるのは本人。

次男ならテキトーに
何とかするだろうと思っている。


DSCF6060







cocochiya at 22:33|PermalinkComments(0)pepper brothers 

September 04, 2017

ライン事件

この春からガラケーから
スマホに替えた。
最近の連絡網は
たいていラインで回るから
その方がやっぱり便利なのだ。

私は友人にしても
マメに連絡を取る方ではないので
そんなにラインのグループも多くない。

けれど間違えないように
とても気をつけている。

ところが最近
私宛てに送っているつもりのメールが
夫に送られていることが判明!

同性である私には言い難い悩みかと
こっそり相談に乗っていたらしいのだ。

友人にしても
私が絵文字使う人だっけ?
と違和感を覚えつつも
自分の旦那の愚痴をぶちまけていた。
だって私に相談しているんだから。

それがまた
若い頃の夫と
似通ったダメダメぶりだから
聞いていて夫は
耳が痛かっただろうな。

ここでふたつ
わかったことがある。

夫は私には言わない事が
たくさんあるというコト。

メールにやたらと
顔文字を使うコト。

友人は当たり前だけど
穴があったら入りたいくらい
恥ずかしくて
うちの夫とばったり会っても
目が合わせられないらしい。

こういうことってあるんだな。
気をつけよう。

愚痴なら また
呑みながら聞くよ。




DSCF6057

cocochiya at 21:39|PermalinkComments(0)ひとりごと 

September 03, 2017

背番号は「1」

いよいよ秋季大会が始まり
明石球場へ。

初戦は42対0で完封。
とはいっても相手は
この春に野球部が結成されたばかりの
同じ篠山にある東雲高校。

野球経験者が3人しかいないチームで
試合もこの公式戦が初めてという
何とも無謀な挑戦で。

投手をしていたのは
小中と一緒に野球をしていた
次男の同級生だった。

外野経験しかないにもかかわらず
野球経験者というだけで
マウンドに上げられたようだ。

持ち球はストレートしかなく
遠慮なくバンバン打つこっち側は
1回で打順が2巡ほどする。
なかなかチェンジにならない。

見ていて胸が痛くなった。

同じように彼をよく知る
小中と一緒に野球をしていた後輩母と
こっそり彼を応援した。
こっちが点を入れても喜べない。
それほどツラい試合だった。

次男が小3の時に初めて出た公式戦で
30対0だった記憶が蘇った。
4年生以下のチームで
3年生で出たのだから
結果は目に見えていた。

けれど小学生とは違う。
高校生はプライドだってある。

「野球、嫌いに
ならんといて欲しいなぁ、
続けて欲しいなぁ」と
帰って来た次男も
同じようなことを感じていたらしい。


DSCF6052







cocochiya at 22:15|PermalinkComments(0)pepper brothers 

September 02, 2017

トノマチ マルシェ

先月は超バタバタしていて
出かける余裕もなかったから
今日は久しぶりに
トノマチ マルシェへ。

今回はケニアとタイの
布や雑貨のお店があった。

ケニア在住で
篠山が実家。
ビザの切り替えで
一時帰国だって。
カッコいい〜。

いろいろお話を聞きたかったけど
目の前の布にクギ付けだった。

どれも小学生がお小遣いで
買えそうなプライス!

さぁ ミシンかけよっと。


DSCF6051



September 01, 2017

あいさつ当番

いよいよ次男の野球部も
新チームが始動している。

となると役員決めが必須。
昨日の夜は
急きょ同級生母5人で集合した。
少数だからパラパラで
待ち合わせ。

5人って少ないけど
だから協力し合わないと。
決める事はさっさと決めて
あとはペチャクチャ
話しが止まらない。

結局、「もう閉店です」と
お店の人に言われ
追い立てられるように帰って来た。

今日は今日で朝から
年に一度回って来る
学校のあいさつ当番。

校舎のそばで
登校してくる生徒達に
「おはよー」と声を掛ける。

高校生になっても
保護者は けっこう忙しい。
他の高校も
こんな風なんだろうか。




DSCF6044