September 30, 2016

お弁当とおにぎり

朝から土鍋で
ごはんを炊く。

慣れれば案外
手間にも思わず
朝起きて一番にお米を研ぎ
顔を洗う間、浸水させて
火にかける。

浸水時間が短くても
炊けてしまうのが
土鍋ならでは。

その後は
お弁当のおかずを作ったり
だしを取ったりしているうちに
炊きあがる。

リズムが出来れば
何てことない朝の時間。

昨日はおひつに
ごはんが残っていたので
それを使う事にしたら
微妙に足りない感じ。

お弁当のごはんの上に
目玉焼きを乗っけたりして
誤魔化してみたけど
帰ってきた次男に
「何で今日、お弁当少なかったん?」
ときっちり言われてしまった。
バレたか。

というわけで
今日はしっかりごはんを詰めた。
おにぎりも4つ!という
リクエストだったから
ごろんと大きいのを
味を変えて握った。

梅干しと梅しそ塩。
おかかとしょうゆ。
こんぶと山椒。
栗味噌と黒ゴマ塩。

どうだ!
これで足りるだろう。

次男の朝ごはんとお弁当で
3合のごはんがほとんどなくなった。



DSCF4750

September 29, 2016

キクナとニラと焼き豚ビーフン

昨日は土砂降りの中
若いご夫婦が広島から
途中姫路辺りで道に迷いながら
はるばる丹波焼を見に来られた。

一番初めに
ココチ舎に立ち寄られ
おしゃべりが弾み
ひとつ、器を選んでいただいた。

その後はあちこち窯元めぐりをして
日帰りをすると聞いていたので
昨日の夕方から
警報が出るくらい雨がひどくなったので
無事帰られたかなぁと
少し気になっていた。

すると今日になって
思いがけず電話があった。

やっぱり同じお皿が
もう1枚欲しいと。

こんなに嬉しいことはない。
たぶん家に帰って
さっそく器を使われたはずだ。
その上でもうひとつ、って。

こんなお天気だから
よけいに明るい気持ちを運んでくれた
ご縁が嬉しいなぁと
私も同じタイプのお皿を
お昼ごはんに使うことにした。




DSCF4748


おひたしよりも
お鍋に入れるよりも
キクナは炒めるのが好き。


September 28, 2016

久しぶりの顔

田んぼの畦道には
紅い彼岸花が咲き乱れ
どこからともなく
金木犀の香りが漂う。
雰囲気は秋なのに
なんだ この蒸し暑さは。

おまけに雨続き。
洗濯物が乾かない。

奥の手を使おうと
コインランドリーへ行ったら
ばったり長男の同級生母と
出くわした。

久しぶり〜と言い合ったその後は
同級生数人の
近況の話しになった。

保育園から中学校まで
全く同じ顔ぶれで成長し
三田・篠山の高校を卒業すると
あちこちに散らばる。

今は彼らがここに
挙って暮らしていたことが
不思議なくらいだ。
月日は流れているんだなぁと
あらためて実感した。




DSCF4745


このとんすい、
またCMに使われていた。
今度は一瞬ではなく
めちゃくちゃ器が映っていた。
なのに何のCMか忘れてしまった。

cocochiya at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

September 27, 2016

あいさつ当番

今日は高校のあいさつ当番があった。
校門と校舎の間付近に立って
登校してくる生徒達にあいさつする。

こちらから声をかける前に
元気よく挨拶してくれる子。
恥ずかしそうな子。
下を向いたまま
もぞもぞと言う子。
ニコッと笑ってくれる子。
眠そうな子。
本当にさまざま。

次男はもちろん
自転車通学なわけで
私よりも30分ほど前に
家を出たんだけど
なかなか登校して来ない。

やっと登校して来たと思ったら
自転車置き場から
なかなか出てこない。

何やってんのかなーと
思っていたら
汗だくのポロシャツから
カッターシャツに着替えていた。

私の前を通り過ぎる時に
「着替えてたん?」と声をかけたら
横にいた友達に
「だれ?」と聞かれている次男。

親だと判ると
友達がビックリして
慌てて振り向き
ちょこっと会釈した感じが
愛想のない次男と対照的で
かわいかった。

通り行く女子の髪型にも
流行りがあるようで
それを観察しているのも面白かった。


DSCF4744


September 26, 2016

蟹のトマトクリーム

ようやく次男の
送迎生活が終わった。

昨日で骨折して
ちょうどひと月で
包帯を外してもいい日。

最近は指を固定したままでも
ノックを受けていたらしく
包帯も泥だらけで
その茶色くなった包帯を
外した手のひらも
カサカサで薄汚れていた。

まだまだ指を握るのは
怖いようだけど
それくらいの慎重さ加減で
ちょうどいい。
ボチボチ馴らして行けばいい。

久しぶりの自転車通学は
朝から雨ふり。
まさか送ってとも言えずに
テンション低いまま
次男は出かけて行った。

帰りは雨、上がってるかな。




DSCF4743


久しぶりに神戸北のイオンまで。
無印のスープやソースを買う。

家に帰ってパソコン開くと
無印の10%OFF週間が
金曜から始まるメールが!
あー買うの待てばよかった〜。

cocochiya at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

September 25, 2016

栗ごはん

初物の栗をいただいたので
栗ごはんと
鶏と栗の炒め物にした。

それにしても
栗の皮を剥くのが苦手。
この固い皮を剥いて食べるって
いったい誰が気付いたんだろう?

旦那さんが剥いてくれる家庭も
あるらしいで〜
と夫をちらりと見たけど知らん顔。

よそ見してたら 親指負傷。
刃物を扱う場合は
よそ見は禁物。
夫への期待も禁物。
うちの夫は
そういうタイプではなかったなー。



DSCF4739


スリップ皿 市野雅利。


September 24, 2016

まちなみアートフェスティバル 2016

まちなみ アートフェスティバル へ
行って来た。

篠山の河原町妻入商家群に
アートが点在するフェスで
お散歩しながら
町屋とアートを楽しめる。

様々な表現のアートに
間近で触れられる
またとない機会だ。
久しぶりにゆっくり散策出来た。

ひとりで出かけたのにもかかわらず
あちこちで友人知人に出会い
他愛無い話が出来たのが
何よりも楽しかった。

このイベントでしか買えない
岩手のりんごを
今年は早めにゲット♪
たくさんあっても
すぐ売り切れてしまう人気のリンゴで
口コミでリピーターが増えているらしい。
思った通り
帰る頃には今年の分は完売。
嬉しいなーと思っていたら
スタンプラリーの景品を
もらうの忘れたーっ。
せっかく集めたのに…。

何かひとつ気になることがあると
もうひとつは忘れてしまう。
だから忘れないように
わざわざ手に握っていたのに。
あーぁ。



160924_1019~01


しばらくの期間
篠山図書館の前にあったママの像。
今回のイベントで
子供の像と再会を果たす。
かわいい。


あさうみまゆみ さんと
水上雅章さんの共作。

cocochiya at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)gallery 

September 23, 2016

お疲れさま会

昨夜は軟式野球部の
お疲れさま会があった。
久しぶりに
引退した3年生も勢揃い。

3年生はいちばん人数が
多かったこともあり
保護者の結束力がハンパない。

母親チームでYMCA踊って
間奏の合間に
ノックのミニコント。

こんなのやろうよって
言い出す人に
乗ってくれる人。
きっとみんなが同じ方向を
向いていたんだろうなぁ。

40分ほどのDVD鑑賞や
1人ずつの表彰式。
下級生からのメッセージの贈呈など
本当に盛り沢山な3時間だった。

会が終わり 会場を出た後も
その場を去り難い雰囲気の中
ピアノが得意な先輩が徐に
ロビーにあったピアノを弾き始め
束の間 リサイタルみたいになった。

和気藹々とした いいメンバーだ。
次男の事を
理解してくれる先輩達に囲まれ
次男もすっかり
野球部に馴染んでいた。



DSCF4737


cocochiya at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

September 22, 2016

ちくちくブローチ

ここのところ頭痛が続く。
お天気のせいだろうなぁ。

それでも
閃いたことがあって
ちくちく ちくちく …
ブローチを作った。
好きなコトは出来る!

古い大きなボタンのも
いくつか作ろうと思っている。

毎年、秋にはブローチを作る。
陶器まつりの時の
スタッフブローチにもするんだけど
去年はちょっと間に合わなかった。

会場を手伝う長男に
なんで今回ないんよーっと
チェックされたので
今年は早めに。


DSCF4736



cocochiya at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁 

September 21, 2016

台風一過

台風が過ぎて行った。

あんなに長く強く雨が降ると
お店の入り口から
水が浸水して来る。

やっと雨漏りの心配が
なくなったというのに
今度は床!

なので今日は大掃除。
水を吸わせるために
敷き詰めていた新聞を剥がし
ついでに気になっていた網戸や
窓の拭き掃除もやってしまう。

あースッキリした。



DSCF4735



スリップ小皿 市野雅利。

cocochiya at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

September 20, 2016

ラタトゥユのカッペリーニ

学校が休校になった。
警報が出るくらいの雨と風。
こんな日は家から
一歩も出たくない。

けれど病院の予約があって
渋々車を出す。

こんな天気の日は
空いているかと思いきや
相変わらず
病院の待合室は人がいっぱい。

次男の指の経過は良好。
なのにまた包帯で
ぐるぐる巻きにされる。
「日曜までは絶対取らないように」

律儀にも医者は
ひと月の固定の予定を
繰り上げることはない。

診察室を出て
次男と顔を見合わせる。
「ざんねーん」

あと6日。
もう少しの我慢。

今日一日だらだら過ごす気満々で
ビデオをレンタルして帰って来た。



DSCF4734


茄子とピーマン。
この夏は豊作らしく
あちこちから頂いた。
どっさりラタトゥユを煮込む。


粉引たわみリム鉢  市野雅利。



cocochiya at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

September 19, 2016

あっぱれ

賛否両論あるだろうけど
三田寛子の会見はあっぱれで
見ていて気持ちがよかった。

あくまでも笑顔で
ただ頭を下げるだけではなく
伝えたいことは
きちんと伝えるというスタンス。
覚悟が見えた。

その強さは
持って生まれたものなのか
培って来た月日なのかは
判らないけれど
あんな風に言えるってことは
きっと家族や周りの人に
大事にされている証だ。

昨日は夫と
「お見捨て置きなく」と言う
言葉使いで盛り上がった。

この先、周りに
多大なる迷惑をかけないとは
言い切れないタイプの夫なので
この言葉を覚えとこって言うと
なんでオレやねん、と。

自覚がないのが一番困るなー。




DSCF4725


蓋をしないで焼く目玉焼きに
最近、凝っている。


cocochiya at 12:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

September 18, 2016

夫のラーメン

ここのところ夜中に
ネット通販の生麺を
検索しまくった形跡が
あると思っていたら
夫がまたもや
スープを作り始めた。

冷凍庫の中には
大量の魚のアラと
手羽先、鶏皮が
幅をきかせていたから
そろそろって気はしていたけど。

こっちだって
献立の予定があるんだから
ひと言、言えばいいのに。

おまけに届いた麺は20玉。
誰がそんなに食べんねーん。

いつものごとく
台所の調理器具を総動員して
せっせと出汁を取る夫。

忙しいんちゃうんかーい。

今日のお昼は
汁なし麺にしてみた。

夫は頑なに
温かいスープで
麺を食べる。


DSCF4726




September 17, 2016

県大会へ

ベンチ入り出来なかった次男なのに
「試合、見に来れるん?」と聞く。

それは なんとなーく
見に来て欲しいな という
ニュアンスなのだ。

今日は三田駒ヶ谷球場で
第1試合だったから
行けないことはない。

相手チームは神戸国際大付属。
敗者復活戦で1回勝てば
県大会に進むことが出来る。

球場にたどり着くと
同級生でもう一人
選手登録が間に合わなかった子がいて
その子とふたりメガホンを持ち
大声でイキイキと応援していた。

試合に出ていないから
緊張することもなく
「GO!」と2人の声が揃っている。
ホントに楽しそう。

結果、9対0。
盛り上がって試合は終わった。

県大会には次男も
出られるかなぁ。

それにしても
久しぶりの試合観戦は
暑かったーっ。
でも勝って嬉しかった〜♫




DSCF4724


灯台とクジラ。
夏の模様。



cocochiya at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

September 16, 2016

かき揚げうどん

ゴボウをささがきではなくて
細切りにしてキンピラを作ると
たいてい食べ切れない。
噛み応えがあるからだ。

だけどたまには
噛むのも大事だと思うから
あえて細切りにして作る。

余ったのを
お昼にかき揚げにしてみた。

小さめのフライパンに
目いっぱい広げて
少量の油で揚げ焼きに。

7寸鉢が
ちょうどいいくらいの大きさ。
うどんが全く見えない。

お腹いっぱいになった〜♫


DSCF4723



September 15, 2016

タコとブドウのカルパッチョ

ユーミンがラジオで
魚介とフルーツの組み合わせに
凝っているという話しをしていた。

たとえば
貝柱とキウイ。
タコとピオーネ。

ちょうど材料があったので
タコとブドウで
カルパッチョを作ってみた。

男子は料理にフルーツ入れると
嫌がるんだけど
気にしな〜い。

冷凍していたタコだから
味がいまいちだったけど
組み合わせとしては
悪くない。

美味しいタコを
誰か釣って来てくれないかなぁ。


DSCF4721





September 14, 2016

夏の終わりのサマーパンツ

「暮しの手帖」の夏号に
掲載されていたサマーパンツ。

型紙がパンツの形ではなく
使わない部分を型紙にするという
画期的なやり方。

だから型紙を作って
布の上に置くと
置いてない部分が
パンツの形になる。

ただこのやり方だと
布幅でパンツの幅が変わってくる。
型紙用が省スペースの紙面で
作れるのはいいんだけど。

でもまぁテキトーに
いつものパンツの幅や丈を考えて
オモシロい柄の布を見つけたので
作ってみた。

見た目より動きやすい形。
ただ、オモシロいと思った布が
パンツにするとモンペみたい。



DSCF4719





cocochiya at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁 

September 13, 2016

おやつマット

「暮らしの手帖」の特集は
こうして始まったのかと
「とと姉ちゃん」の商品試験が
とても興味深い。

その雑誌に
たまたま迷っている商品の
特集が載っていたりすると
参考にしてみるけれど
結局のところ
身の丈に合うモノを
選んでいる気がする。

いくら性能が良くても
自分の使い勝手や
見合う価格でないと
購入は出来ない。

ある骨董市に出かけた時
靴下や布巾を売るおっちゃんに
「奈良の有名な雑貨屋さんで
売ってるのと同じ布巾やで〜」
と声をかけられた。

奈良で有名といえば
2つほど見当がつく。

ふと足をとめて
言われるまま
その布巾を手に取ったら
薄っ…というのが第一印象。

で、よーく見ると
ステッチの色が違う。
1つのお店のなら
ステッチは生成のはずだ。

だけど格安。
布巾だし、まっいっか。

そう思ってまとめ買いした。

家に帰って水につけると
違いは明らか。
やっぱり違うよなーと思いつつ
使っている。

布巾にどこまでこだわるか。
それこそ人それぞれ。
自分の気持ち次第。

そんなことを思いながら
商品試験がどうなるのか
楽しみに毎日観ている。




DSCF4707


この布も最後。
ランチョンマットは家で使わないから
ついサイズが小さ目になる。


cocochiya at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁 

September 12, 2016

次男の経過

今週も次男と病院へ。
経過は良好。
けれどまだ固定したままで
包帯は外れない。

「あと2週間
がんばれるか?」って
医師に聞かれてたけど
我慢するしかないよね。

毎回、人によって
固定の仕方や
包帯の巻き方
テープの種類なんかが違って
病室を出てから
次男がいちいち指摘する。
なかなかの観察力。

それにしても
手がクサーい。

前に長男が
手首を骨折した時に
ギプスのにおいと
夫の足のにおい、
どっちがクサいか対決をして
お互いクンクンしあって
大騒ぎしていたっけ。

男ってアホやな。



DSCF4705


やっぱり食べてしまった お稲荷さん。



スリップ・メダカ  市野雅利。

cocochiya at 17:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

September 11, 2016

スダチ素麺

アンジェ ボン・ルパスにて
形状の違うぐい呑みで
日本酒を呑み比べすると言う
キキキの会があった。

キキキの会 終了後
夫から楽しそうに
報告の電話があった。

アンジェのワークショップの時には
たいてい初対面の参加者同士が
仲良くなるらしいんだけど
今回は特に盛り上がったそうだ。
売り場の方まで
賑やかな声が届くほど。

無事終了して何より。

用意された肴の数々も
とても美味しかったらしい。
ご参加いただいた皆さま
ありがとうございました。

いつものことながら
昨日の夕方に
窯出しされたぐい呑みを
せっせと仕上げをして
当日納品と言う早業。

毎度毎度思うけれど
もう1日、早く出来ないかな。

夫が出かけた後
働きついでに
本棚の整理をした。

世間は断捨離!なんていうけど
olive の創刊号や
すでに廃番になったレアな雑誌は
なかなか捨てることが出来ない。
捨てたくない。
私の本好きの歴史だから。

結局処分する気になったのは
たったの6冊。

気持ちはスッキリしたけど
夏の終わりだと言うのに
汗だくになった。


DSCF4704


暑いからスダチ素麺〜♪



逆さ富士どんぶり 市野雅利。