April 26, 2017

ホットケーキとメープルシロップ

お土産に貰った
このメープルシロップを
使いたくて
ホットケーキを焼く。

それにしても
男子のクセに
甘いモノ好きで
姉弟だから
好みが似ている。
あいつの土産は
いつもハズレがない。

まぁ性格は全くの真逆
なんだけどね〜。

ありがとーっ♪
ごちそうさま。
またヨロシク!


DSCF5423


花プレート、ピッチャー  市野雅利。

April 25, 2017

昨日は和食の日

コロッケやハンバーグ
油淋鶏や麻婆豆腐を作ると
次男が大喜びで
バクバクごはんを食べるのは
わかっている。

けれど時々あえて
超地味なおかずにすることもある。

すると必ず次男は言う。
「今日のおかずは
ごはん進めへんわー」

身体の事やバランスを考えて
献立を組み立てている
こっちにしたらイラッとする。

昨日もそういう日。
やっぱり同じことを言うので
じろりと次男を見ると慌てて
「いや、別に悪い意味ちゃうで」

じゃぁ どういう意味やねん。
どうとっても ホメられてるようには
聞こえへんなー。

そういう時は
そそくさと席を立って
オムレツを作り始める夫。

口には出さずとも
やっぱり2人そろって
同じ事を思っていることがバレバレ。

たとえば1週間
晩ごはんを作り続けてみればいい。
洋食ばっかりじゃ飽きるに決まっている。




DSCF5421



織部鉢 市野耕。

cocochiya at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

April 24, 2017

初モノの筍

お任せでお願いしている
野菜の中に初モノの
可愛らしい筍が入っていた。

旬の筍を買ったのは
初めてかも。
筍の季節になると
たいてい どこからか
どっさりやって来る。

固い部分は
春巻きの具にして
それからすりおろして
筍団子を作って
残りは筍ごはんにした。

筍ごはんは
それだけだとあっさりし過ぎて
我が家では人気がないので
鶏ミンチと薄揚げを入れて
炊き上げる。

木の芽がなかったから
山椒を振りかけた。

美味しいなぁ。
ついつい食べ過ぎた。



DSCF5419



インディゴ銘々皿 市野雅利。

April 23, 2017

スパニッシュ・オムレツ

春巻きの具が余っていたので
茹でジャガイモとアスパラを加え
スパニッシュ・オムレツを焼く。
今日はオーブンで。

ふわっふわに焼き上がったところで
真ん中にくしを刺して
火が通っているか確認する。

なかなか火が通らないのが難点。

時間がなかったので
数分レンジでチン!
臨機応変。
テキトーなのが家ごはん。


DSCF5408

April 22, 2017

久しぶりの試合観戦

お店をしていると
週末の次男の野球の試合は
なかなか応援に行けない。

「店番、代わってよ」
と夫にお願いすると
「じゃぁ店のオープン遅らせば?」と。

よくよく話しをしてみれば
自分も観に行くと言い出した。

なーんだ。
それならそうと
早く言えばいいのに。

で、実家の母も誘って
応援に出かけた。

それがまた
なかなかしんどい試合で
簡単には点が取れない相手。

観ていてついつい
身体に力が入るものだから
久しぶりに肩が凝った。

ファーストを守る次男が
8回辺りでマウンドに上がった。
ますます力が入る。

ちょっとハラハラ
させられる場面もあったけど
どうにかこうにか勝ち投手。
よかったーっ。
次に進める〜♪

「あの子、メンタル強いなー」
と横に座る同級生父に言われた。

さすがに緊張はするみたいだけど
そうは見えないのが 次男の強み。

やっぱりマウンドに立つ姿が
似合う子だな、と改めて思う。


DSCF5407


便乗して買ってもらったケーキ。
自分の分は迷いに迷う。


インディゴ四角皿 市野雅利。


cocochiya at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

April 21, 2017

塩レモンラーメン

塩レモン。

実は私もブームに乗っかって
早々に作ったみたけれど
どうにも使いこなせず
2度と作ることはなかった。

でもこれを見つけた時
この袋のデザインがいいなと思って
ひとつ買ってみたら
何と長男もお土産に
買って来てくれた。

親子やな。

味は塩レモンというより
鶏出汁のレモン風味って感じ。
すごく懐かしい味。

あ、サッポロ一番じゃない?
と思い当たった。

こだわった食生活をしていると
なぜか思われがちだけど
添加物に気をつけてはいるものの
案外 雑食です、私。

ジャンクなものも
ほんのたまに
無性に食べたくなる時がある。

DSCF5406


April 20, 2017

メダカの赤ちゃん

暖かくなってきたら
やたらとメダカのお腹が気になる。
卵がくっついていないか
チェックするのが
また朝の日課になった。

去年は暑い日が続いたせいか
産まれた子供が
すくすくと育ち
みるみるりっぱになって
なんと夏の終わりに
また卵をたくさん産んだ。
そんなことってある!?

けれど子供の
そのまた赤ちゃんの中で
冬を越せたのは
たったの1匹。

自然界はシビアだ。


DSCF5405


タイ風汁なし焼きそば  

お花プレート 市野雅利。

cocochiya at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

April 19, 2017

レモンケーキ

大会前なので
今日は朝練の次男。

先週、久しぶりに
朝練があった日は
朝、目が覚めてから
ハッと思い出し
すぐさま飛び起きて
身支度を整え
それでも朝ごはんは
しっかり食べて
ダッシュで家を出て行った。

起きてから
家を出るまで15分。
やればできるやん。

いつもは1時間ぐらいかかるのに。
というより バタバタするよりも
出かける前にちょっとだけ
のんびりした時間が欲しいタイプ。
そこは私に似ている。

朝練の日は次男が出かけると
朝の時間がとても長い。

いつもの家事に加え
メダカ鉢をキレイにして
ついでにレモンケーキを
焼く時間もあった。

充実している。
だけど1日が長くて
お昼過ぎには眠くてたまらない。


DSCF5404


インディゴ四角皿 市野雅利

April 18, 2017

ふいに…

駐車場に車を停めた時
ふいにラジオから
竹原ピストルの唄が流れてきた。

「ドサ回り数え歌」
そのまま曲が終わるまで
じっと聞いてしまった。

  
いま、行きたい場所があるのに
まだ行ってはいけない。

暗く深い場所に
落ちてしまっている人に
何と言葉をかけていいのか
まだ見つからないから。

どんな顔をしていいのか
まだわからないから。

早く会いに行きたいのに
まだ行けない。

そんな悶々とした想いを抱えて
一日を過ごす毎日に
しんと染み入る唄だった。


DSCF5364



April 17, 2017

網焼きパン

欲しい製菓材料が
いつもとは違うお店で
買うことにして
ネットで注文したら
なかなか発送メールが来ない。

ネットショッピングしたら
遅くても2日後には届くという
日常に慣れてしまっている。

慣れって怖いなぁと思いつつ
ココチ舎のネット注文は
定休日以外は遅くても次の日に
発送することを心がけている。

午前中にオーダーをもらったら
午後には発送する。
わくわく感が続くうちに届けば
自分なら嬉しいなと思うから。

だけどじっくり待つことも大事。
でも5日も経過って
遅くないか?
いやいや…とひとりで葛藤しつつ
今日は網焼きでパンを
じっくり焼いてみた。



DSCF5363


スリップ6寸皿 市野雅利。

April 16, 2017

モーニング味噌汁

夫が買い物袋を下げて
ホクホクして帰って来た。

「もしかして
モーニング味噌汁
買って来たん?」

「何でわかるんや」

何でわかるのか
自分でも不思議。

袋から取り出して並べると
なぜか豆腐が一丁入っている。

「豆腐料理でも作るん?」

「いや、カワイイのばっかりやと
恥ずかしいから
男っぽいものも買おうかと思って」

で、男前豆腐。

その理由までは
わからんかった。




DSCF5362

April 15, 2017

恒例のお花見夜会

昨日は春の恒例
夜のお花見会。

普段 小さい子達と
あまり顔を合わさないので
久しぶりに出会うと
大きくなっている姿にびっくりする。
人の子って何で大きくなるのが
早いんだろう。

夫が悪ふざけして大泣きさせた
一番小さい子を抱っこしたら
ぎゅっとしがみついてきて
懐かしくてかわいかった。

結局 6家族が集まり
ライトアップされた
満開の桜の木の下で
呑んで食べてしゃべって
お腹いっぱい。

今年は最後まで
雨が降らなかったけど
寒かった〜。

2次会は我が家で
夫特製手打ちラーメンを。
自慢の鶏チャーシューを
トッピング。
夫のマイブームはまだまだ続く。




DSCF5361


お重に詰めたおかずの他に
蒸籠で蒸したサクラおこわを持参。



April 14, 2017

ポテトサラダ

次男が使っているボロボロの
グローブの修理をお願いしに行ったら
よく使いこんでいて
使いやすい形もついていて
とてもいいグローブだとホメられた。

先輩から譲られたそのミットは
古いモノだけど
古い方が革は上等らしい。
修理すれば
まだまだ使えるんだって。

それにしても
どれくらい費用がかかるのか
ドキドキ。


DSCF5358


スポーツ用品店の
ちょっと先に行くと
キビトパンさんなので
パンを買う。

上と下を分けて
違う味で食べる。
ポテトサラダの美味しい季節。

インディゴプレート 市野雅利。

April 13, 2017

アルジュン先生のヨガ教室

日本で暮らして26年の
アルジュン先生に
ヨガを習っている。
正真正銘
ヨガの国から来た人だ。

呼吸のリズムに注意して
淡々と基本のポーズをマネして
ムリをしない程度に1時間。

自分の身体に向き合う時間を
ひとりで続けるのは無理だから
教室に通う。

おかげで今年の冬は
風邪を引かなかった。

男性女性合わせて
レギュラーメンバーは7人ほど。

こじんまりした教室だけど
ただ今生徒募集中です。

毎週木曜日。
きっちり6時に始まり
きっちり7時に終わる。

月謝は木曜が5日ある月でも
月3000円。
場所は今田町の休場公民館。

12月は先生が
インドに里帰りされるので
まるまるお休みになります。

興味のある方は
とりあえずヨガマットと
タオル持参で
体験にどうぞ〜♪

お待ちしてま〜す。

DSCF5356




















cocochiya at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

April 12, 2017

台湾の「いいもの」を持ち帰る

今、一番気になる国は台湾。
なのでこの本が目についた。

台湾の「いいもの」満載。

カッコよさだけではなく
日々の暮らしの中で使ってみて
ホントに気に入ったものだけを
厳選して紹介されている。

土鍋はたくさん持ってるけど
とにかくこの表紙の鍋が
気になってしょうがない。

ますます行きたい国、台湾。


DSCF5352


青木由香 著。


アマゾンから3日違いで
同じ雑誌が届いた。
夫がボケたのかと思った。

あえて2冊頼んだ雑誌と知って
ホッとする。

DSCF5353






April 11, 2017

ケイク オ ショコラ

朝から静かに
寂しい雨が降る。

手と頭を動かしていたくて
久しぶりにチョコケーキを焼く。
ひよこ豆を煮る。
タンドリーチキンを仕込む。

遅く起きて来た夫が
「あの器、店に並べる分やで」
とお気楽に言う。

店のテーブルの上に
おまつりから戻って来た器達が
所狭しと置かれていた。

わかってる。
気付いてる。

でもそれより先に
今日はケーキを焼きたかったのだ。



DSCF5354


ケーク オ ショコラ。

中にオレンジピールの刻んだのと
大きめのいちじくとデーツがゴロゴロ。

April 10, 2017

当たり前の日常

今日から新学期が始まった。

クラス替えがあって
新しい担任になって
次男は高校2年生になった。

「いってきまーす」
「いってらっしゃい」
「ただいまー」
「おかえりー」

こんな当たり前の日常が
ただただくりかえしの毎日が
かけがえのないものだと
彼女が教えてくれた。

どこかで
またきっと
いつか
ばったりと出会って
他愛ない話しをしようね。

またね。



DSCF5349


cocochiya at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

April 09, 2017

丹波篠山さくらまつり

もういい加減
タイヤ交換をしなくちゃと
自動車屋さんに行ったついでに
さくらまつりへちょっと寄り道。

丹波焼陶器市もやっていて
焼き物屋の面々に
久しぶりに出会うと
決まって長男の話題で
また持ち切りになる。

どこでどう話が
ねじ曲がってるのか
ガセネタの噂が
飛び交っているようで
「ホントのところはどうなん?」と。

一緒にも暮らしてないし
籍も入れてないし
ましてや子供もいないです!

「まー君から聞いたって
誰かに聞いたよ」って。

「いったい どこのまー君よ〜」
と笑ってしまった。

さくらまつりの
滞在時間30分ほど。
だけど一気にしゃべって
丹波焼に和菓子の「春爛漫」の
新商品もゲットして帰って来た。

おまつり、楽しいなぁ♪



DSCF5348


そばちょこ 上中剛司さん。




April 08, 2017

丹波篠山さくらまつり

今日から「さくらまつり」なのに
朝から大雨。

どうなることかと思っていたら
まつりが始まる頃には
何とか雨は止み
同時にムシムシと
気温が上がって来た。

毎年恒例の
丹波篠山さくらまつり。
今年はサクラの満開には
ほど遠い。


今までサクラの花が
全く咲いてない年もあったし
そうかと思えば
ほぼ散って
わさわさ葉桜の年もあった。

サクラの開花は
何しろ自然のことなので
こればっかりは
どうしようもない。

さくらまつりやのに
咲いてないやんって
怒らないでね。
笑ってつっこんでね。

そんなこともあったよねーと
結局そんな年の方が
記憶には残る気がする。




DSCF5347


一袋残っていたビーフンを
食べようと思っていたら
あと30分で帰ると次男からメール。

慌ててサンドイッチとスープを作り
ビーフンは半分こ。


ぞうさん皿  石井桃子さん。



April 07, 2017

失くした指ぬき

初めて自分のお裁縫箱を
買ってもらったのは
小学生の家庭科の授業の時。

記憶が確かなら
赤やピンク、オレンジ色が混ざった
セルロイドの四角い箱だった。

それから今まで
クッキーの空き缶も含めて
いろんなお裁縫箱を
気分次第で使って来たけど
小学生の時から変わらず
持ち続けている道具もある。

最初のセットに入っていた
ヘラとか糸きりとか指ぬきとか。
きたない字で旧姓が書かれている。

さすがに指ぬきは
くたびれて来たので
カッコいい外国の金属のモノとか
革のモノとか買ってみたけど
慣れ親しんだチープな作りのやつが
一番使いやすくて
結局くたびれたのを使い続けていた。

数日前 ふと気づいたら、ない!

ちっちゃいモノだから
どこかに紛れているんだと思って
ミシンの回りを探しまくったけど、ない。

しょうがないから
金属のを使ってみたけど
やっぱり使い辛い。
革のは汗をかく。

結局 チープなやつをまた買った。
チープなやつが
また一段と
チープさが増しておもちゃみたい。

でも未だ廃れずにあるってことは
やっぱり使いやすいって事かもね。


DSCF5345

cocochiya at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁