June 21, 2017

スモモと蜜は桃の味。

スモモの木の傍に暮らす長男から
収穫したスモモがひと箱届いた。

去年、
「熟したスモモに蜂蜜をかけると
桃の味になんねんでー」
と長男が教えてくれたのは
すっかりスモモを食べ尽くした後。

今年は絶対に
この食べ方をしてみようと
半信半疑で
切り分けたスモモに
蜂蜜をたらりとかけてみた。

ん?

桃や!

不思議と桃の味がした。

去年、大量に作ったスモモジャムを
炭酸で割って飲む
スモモジュースが
最近気に入っている次男のために
フレッシュなスモモシロップを仕込んでみた。

スモモと蜂蜜で
桃シロップになるかな?

ちょっと楽しみ♪


DSCF5698






June 20, 2017

ようやく梅雨らしい日

ポトンと天井から
何かが落ちてきた。

ひぇ〜〜〜っ
ムカデやーっ

今年、3匹目。
ペアでいると聞くので
あと1匹見つけるまで
落ち着かない。

噛まれると腫れるから
容赦なく退治する。
シューッと凍るスプレーで。

ムカデがやって来るなら
もう夏が近いのかなと思い
ようやくストーブを
片付けることにした。

ファンヒーターの説明書には
分解しないようにって
書いてあるけど
裏のネジを外して
羽の回りのホコリだけは
取り除いておく。

後は灯油を
しっかり抜いておくと
確実に長持ちする。
面倒だけど
これだけはちゃんとしておく。

ストーブがなくなった部屋は
広々している。
窓を開けっぱなして
風が通る部屋にいると
寒かった冬の記憶が
もうすっかり抜け落ちている。

それにしても
蒸し蒸しする。
湿度が高いのも苦手。



DSCF5696


働いた後は
ちょっと一服。



スリップ皿   市野雅利。




June 19, 2017

梅シロップ

去年、梅シロップを
久々に仕込もうと思って
氷砂糖を用意したものの
グズグズしていたら
あっけなく
梅の季節が終わっていた。

というわけで
今年はさっさと仕込むことに。

氷砂糖を半分にして
あとは甜菜糖の茶色いバージョンと
甜菜糖のグラニュー糖の白いバージョン。
ふたつ作ってみた。

毎日瓶を揺する、ってことだけど
私の力では
あんまり効果がないようなので
男ふたりに
この瓶の横を通ったら
とりあえず揺らすように指令を出した。

似たモノ同志の男ふたりだから
やってくれるか超不安。
こういう時には
離れて暮らす長男の顔が
つい浮かぶ。


DSCF5672

June 18, 2017

アーモンドロール

久々にシナモンロールを
作ろうかと思いきや
シナモンがない。
粉糖もない。

おまけでもらった
アーモンドプラリネがあったので
アーモンドロールにする。

粉糖もないから
アイシングなしの
あっさりタイプ。


DSCF5680


お花プレート 大  市野雅利。

June 17, 2017

オム チャプチェ

昨日はチャプチェを
作り過ぎて残ってしまった。
半分の量でよかったかな。

マクドに寄り道した次男が
いつもより食べなかったせいもある。

寄り道っていいなぁ。

私が通った高校は厳しくて
寄り道ご法度の校則だったから
寄り道するのも命がけ。

運動嫌いなクセに
そういう時はダッシュしたっけ。

働き始めても
寄り道癖は相変わらずで
まっすぐ家に帰れないタイプだった。

あちこち飲み歩いたし
それで嫌な事も忘れられた。
それが次の日の糧になった。

だから息子の寄り道にも
うるさく言わない。
その付き合いも大事だ。

と思っていたら
今日は違う高校に通う同級生と
お出かけしている。
次男の交友関係も幅広い。


DSCF5670


オムそば、ならぬオムチャプチェ。
ケチャップの代わりに
スィートチリソース。


インディゴ大皿 市野雅利。

June 16, 2017

体育祭

今日は高校の体育祭。

体育祭になると
本領発揮の次男。

綱引きは先頭で
引っ張っていて
場所替えのじゃんけんで
やっぱり勝って
好きな側の場所を取っていた。
相変わらず
次男はじゃんけんが強い。
結果、綱引きは3年を退け
次男のクラスが優勝で
全体でも準優勝だったらしい。

綱引きが終わったあとで
男同志 抱き合って
わーわー騒いで喜んでいた。
青春やな。

喉が痛いと
数日前から言ってたけど
風邪なんてどこへやら。

めちゃくちゃ元気で
はしゃいでいて
ホントに楽しそうだった。




DSCF5660


cocochiya at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

June 15, 2017

キュウリ・サンド

暑くなると
キュウリのサンドイッチが
食べたくなる。

最近、ネットで見たレシピは
キュウリに塩とワインビネガーを
振りかけるというもの。

誰のブログだっけ?
インスタだっけ?
こういう時はいくら探しても
見つからない。

確か、パンにバターと
マスタードで
キュウリに塩と
ワインビネガーだった、はず。

やっぱり気になるレシピは
書き留めておくべきか。
それって結局
アナログやん。

使いこなせてるんだか
こなせていないんだか
よくわからない今日この頃。


DSCF5645

June 14, 2017

手のひらサイズの動物達

長男の訓練校時代の同期が
丹波に弟子入りしている。

長男が帰って来ると
ごはんを誘うんだけど
来ると必ずポケットから
小さな動物を出して
次男の手に
ころんと渡してくれる。

テストピースの動物達。

今回のは
ちっちゃい耳がついていた。
かわいい。

次はどんなのかなーと
いつも楽しみ♪


DSCF5642

June 13, 2017

GOOD MORNING FARM

次男がピクルス好きなので
よく作る。
普段は甘酢漬けに近く
水は入れないレシピ。

たまに王道のピクルス液を作って
漬けこんでみたくなるんだけど
たいてい不評。

次男は食べ慣れた
キリッと酸味の効いた
ピクルスがやっぱり好きらしい。




DSCF5640


長男が買って来てくれた
「GOOD MORNING FARM」の
ピクルスは
アーティスティックな出で立ち。
なかなかこんな風に
瓶に入れられない。

June 12, 2017

手打ちうどん

昨日は登り窯を焚いた後
夫が自慢の製麺機の
見せびらかしタイムが始まり
その勢いのまま
急きょ うどんを作ることになった。

製麺機を語り出したら
止まらない。
初披露された3人が
長さが長いの短いのと
わいわい騒ぎながら
製麺機から出て来る麺を
交代でカットする。

長さをこだわったわりに
茹で上げると
ぶつぶつ短い麺になったけど。

うどんは寝かせるのが必須。
いきなりだったから
その工程をすっ飛ばしたせいだ。

だけどモチモチ
つるつるして
とっても美味しかった。

調子に乗って
今日のお昼は
デュラムセモリナ粉で
生パスタを作る。

これも絶品。

夫のこのおもちゃは
しばらく飽きそうにない。



DSCF5639


cocochiya at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

June 11, 2017

ナッツ ケーキ

長男が甘いモノ好きなので
久々にケーキを焼く。

得意のナッツケーキ。
焼き上がりに
ココナッツシュガーを
染み込ませるのがコツ。
冷めるとちょっと
プラリネっぽくなる。

今回は幅が細くて長い
スタイリッシュな型で焼く。
カッコいいんだけど
この型、ちょっとバランスが悪い。
気を抜くと
パタンと倒れそうになる。

上にナッツが山盛りだから
よけいに危ない。

カッコ良さを取るか
安定感を取るか
何においても
永遠のテーマかも知れない。


DSCF5636

June 10, 2017

久々の外メシ

のぼり窯を焚く手伝いで
長男達が帰って来ていて
友達も来るから
バーベキューってリクエスト。

久々の外メシ。
店の前で
夕方早い時間から
炭を熾して
準備して
だらだら呑む。

さすがに夜は寒かった。
途中でアトリエに退散して
まただらだら。

長男は早々に寝てしまい
長男の友達たちと
だらだら呑む。

楽しい夜だ。


DSCF5633


桃皿 石井桃子さん。


June 09, 2017

キング・プロテア

好きな花のひとつに
プロテアの花がある。
花言葉を調べていたら
誕生花だとわかった。

とは言っても
色んなサイトによって
誕生花は様々。

プロテアだって
年に3日ほど
誕生花の日がある。
どれがほんとか判らない。

フリージア
アナナス
ストック
ナワシロイチゴ。
これ全部、私の誕生花。

プロテアの中でも
ひときわ大きな風格の
キング・プロテアも。

好きな部分だけ信じる。

ギリシャ神話では
プロテアは
自分の意志でその姿を
自由に変えられる
神プロテウスに由来するという。

お花のストーリーは
神秘的で楽しい。


DSCF5629


cocochiya at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁 

June 08, 2017

次男の文化祭

次男の通う高校は伝統校なので
保護者も卒業生が多いせいか
土地柄なのか
高校の文化祭とはいえ
保護者がたくさんやって来る。

今年は少し時間をとって
じっくり見に行くことにした。

クラスごとの合唱や模擬店
文化部の発表やらがいろいろあって
お楽しみは素人名人会。

今どきの高校生って
ほんと芸達者。
特に1年の時からエントリーしている
弾き語りの子がいて
なかなか大したものだった。

アンコールはバラードのつもりが
回りの反応を見て
急きょアップテンポの
違う曲を歌う柔軟さ。
盛り上げる高校生男子達も
楽しそうだったなー。

デカンショバンドの登場の時は
客席が束の間
盆踊り会場になった。

篠山なのでみんな普通に
デカンショ音頭を踊っている。
次男もひっぱり出され
照れながら踊っていた。

友達とツルんで
相変わらず楽しそうな次男。
何よりだ。


bunkasai



cocochiya at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pepper brothers 

June 07, 2017

野菜ビーフン

梅雨入りだって。

冷えるから
一旦仕舞い込んだ
スパッツやら
ハイネックのTシャツやらを
またひっぱり出して着込んだ。

暑い日は気温の変化に
身体がついて行かなくて
さすがの私も食欲が落ちた。

サラダだけのお昼ごはんで
済ませたりしたけど
これくらいの気温だと
やっぱり食欲は湧く。

今日はモリモリ食べた。


DSCF5627


インディゴ 市野雅利。

June 06, 2017

あれから

あれから
ふた月が過ぎた。

サクラの花が
ひとつふたつ咲き始めた頃
突然、彼女は逝ってしまった。
満開のサクラの花が
今年ほど悲しかった春はない。

彼女とは約束して出かけたことは
数えるほどしかなくて
どうしてるかな?と思った頃に
思いも寄らない場所で
ばったりと顔を合わせ
近況を報告し合い
「またね、今度ゆっくりね」と
別れるのが常だった。

最後に会った時
「ちょっと痩せた?」と聞いた私に
「大丈夫よ」と穏やかに笑った彼女が
今から電車に乗るというから
普段通り仕事に行くもんだと思っていた。
相変わらず
忙しくしているんだと思っていた。

ふと別れ際に
「今日会えて本当によかった」と
言ってくれた言葉の重さを
知る由もなかった。

気になる短い手紙をもらった時に
すぐに会いに行けばよかった。
電話をすればよかった。

そう悔やんだ日々があったけれど
後からご主人の話しを聞けば
その時はもうすでに
どうにもならなかった。
弱った姿は決して
見せたくなかった彼女の
強い想いが感じられた。

「前世はドイツの頑固なパン職人だよ」
私は彼女の性格を
いつもそう例えていたけど
最後の最後まで
ホントにあなたらしかったね。

嫌な事やしんどい事があっても
過ぎ去った後に笑って話す人だった。
その困難に立ち向かう行動力に
いつも驚かされた。

そういう彼女だったから
会えば触発されて力が湧いて
私もまた明日から
頑張れる気持ちになれた。
大事な友だった。

記憶の中のあなたは
やっぱり笑顔のままだ。
今でもまた どこかでばったり
会えそうな気がしてならない。

だからいつか違う場所で
また会えた時に
胸を張って報告出来るように
私はしっかり生きていくよ。

あなたの服を
時々大事に着て
これからも生きていくよ。

またね。

ありがとう。




DSCF5449




cocochiya at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

June 05, 2017

ネコパンツ

好きな動物は?
と聞かれたら
オオカミ
チーター
ライオン、と答える。

決して飼う事の出来ない
強くて逞しい動物が好き。

だからBSでやってる
「ワイルドライフ」の番組が
好きなんだけど
次男が横にいると
チャンネルを変えたがる。

平和主義の心優しい次男は
弱肉強食の動物の世界は
苦手なようだ。

この間は同じ番組で
白クマを追っていて
夫も興味深く観ていた。

こういうのに興味を持つのは
結局年代なのかしら。


DSCF5617


珍しくネコ柄。


cocochiya at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁 

June 04, 2017

キテンゲのフィッシュ

近頃またミシンに
向かう余裕が出て来た。

それにしても
集中力がない。
ぜーんぜん進まない。

縫いたいモノも
たくさんあるのに
ミシンの調子もよくない。
だからよけい進まない。

ヤル気になった時に
ダダーッと仕上げた。
夏に向けて
オレンジのフィッシュ柄。

夏にはやっぱり
アフリカ布が似合う。


DSCF5610

cocochiya at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)布と洋裁 

June 03, 2017

記憶力の欠如

昨日は風が強くて
洗濯物がパタパタはためいて
乾くのも早かった。

夕方、それらを
取り込んでいる時に
次男の体操服がないことに
気付いた。

飛ばされたのかと思って
その辺りを見回したけど
落ちている気配はない。

まさか体操服泥棒かと
怪しんだりして
数時間後に
ハッと気づいた。

そうだ、体操服は
あっという間に乾いたから
早めに取り込んだんだった。

自分の記憶力の無さが
恐ろしい。



DSCF5602


フリーぼうる 市野雅利。

cocochiya at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

June 02, 2017

ゾウの器

チャーハンを食べる時には
ゾウが見えるくらい
小盛りにするって決めているけど
サラダなら大丈夫。

ゾウが見えないくらい
たっぷり盛って
わしわし食べる。

新玉ねぎドレッシングの
美味しい季節。

DSCF5573


ゾウの器  石井桃子さん。