2015年06月29日

2015年06月29日

とあるタレントさんのブログを読んでましたら、こんな一文が…。

『「休みが早いと感じたということは、
  それだけその日が充実していたという事だと思います」
  という人もいれば、
 「休みが長いと感じたということは、
  それだけその日をじっくりと過ごしていたという事だと思います」
  という人もいる。』


どのように過ごそうと1日は86,400秒、
長くも短くもならないわけですが、
その1秒は万人に平等に与えられた1秒、
だから「今、この時」のことを「present(贈り物)」というんですね。

…、誰が借りてきたようなウマいことを言えとww


昨日は休みでした。

来週末に控えている結婚パーティの余興バンドのヘルプで
3時間、スタジオに篭ってました。
当日、生カラオケで歌う方々を順に来ていただいての
リハーサルです。合計4曲…。
3時間のほとんど、その4曲を繰り返し演奏してました。
cococuワンマン分の20曲を総ざらえする3時間よりハードでしたねww

終わってから楽器を片付けに事務所に戻って、
なーんとなくPCを立ち上げてカチャカチャやってたら
いつの間にか5時を過ぎてました。

ワタシの休みは無駄にもなってませんし、無為でもありませんでしたが
はっきりとは表現できない焦燥感と喪失感が、ほんの少しだけ…。

まあ、そうやって不完全な日々を過ごしていくのが人間なのでしょう。
善哉、善哉。

saxでした、

7月1日に「閏秒」が行われるそうですね、3年ぶりですか。
その日は86,401秒になるわけですね。
「午前8時59分60秒」、体感できればいいなぁww

NHKでもガン観しとこうか>それこそ無駄で無為な1秒やねww
>誰がウマいことを言えと…、もおええかww

(21:43)