2009年01月08日

1週間たちましたがなw
こないだ あけましておめでとうございますっちゅうたとこやに
…先生、時の流れなんて…そんなもんですかねぇ…
      (byさだまさし「木根川橋」)



正月のTV番組も近年は面白くないですね>唐突な展開だね

最近流行りの1分間でネタを披露するタイプの芸人さんが多いので、
まあ、間が持たないですわな。
なんか、のんびりとTVを見るっちゅう感じではないですもんね。


で、今年のお正月はいろいろ本を読んでる時間が長かったです。
そのなかでも、ちょっと面白かったのがこれ。
日本人なら知っておきたい神道

コンビニとかで雑誌コーナーの前にぶら下がりで置かれている本ですね。
わりと軽い感じで読めたのですが、中身はなかなか興味深いものでした。

古今東西、宗教が政治の道具で無かった時代のほうが少ないとは
思うのですが、それを差し引いても、この日本にお住まいなさる
八百万の神様は、あくまでも人間が作り出した「正しきもの」であり、
「目指すべき道」であり「とても良い状態」のことであると思います。

ダヤ人の神様のお誕生日と言われる日も、宴会を開いて贈り物を
交換する「お祭り」にかえてしまう日本人の柔軟さw

うん、たしかにその通りですねぇとなんだか納得してしまいました。

私は、お祭りが好きで、お神輿が好きですから>あれ、知ってた?

神社での作法やら、自分が氏子の神社の謂れやらは、わりと知っている
つもりだったのですが、そういった指南書的な使い方としても
この本はなかなか優れものでした。

お神輿の下に肩入れる人は、いっぺん読んどいてもエエと思うよん。

saxでした、

便所にまで神様(紙さま)がおる日本人、
インドの神様も中国の賢人も、まとめて船に乗せれば福の神な日本人、
ええ国民やないですかw

この8,000,000の神様の国では「すべての生き物が楽しく過ごすありさま」を
「産霊(むすひ)」といって一番良い状態とするのだそうな。

よ〜し、今年一年、楽しくすごそ〜〜ZzzZzzZzz

…先生?…先生?……な〜んだ、寝ちまったんですかぁ?
      (byさだまさし「木根川橋」)

(19:51)

コメントする

名前
 
  絵文字