2009年03月12日

…っちゅうても、エフェクター買うたとか、マイク買うたとか、デジホン落札した
とかw、じゃないのよ、takさん>なぜ、takさん?

以前、お風呂でmp3が聴ける防水プレイヤーを紹介しましたねぇ。深夜、疲れて
帰ってきて、ゆっくりとお風呂につかりながら好きな音楽を聴くという、
リフレッシュタイムには欠かせないアイテムとして活躍してくれていたんですが、
1つだけ気に入らないところがあったんですよ。っちゅうのが、レジューム機能が
ないこと。つまり、毎回毎回、メモリーの中の1曲目から再生になるんです。
2GBのUSBメモリーにガッツリと曲をぶち込んでても、かかるのは最初っから
ばっかりなもんで、ちょっとイラつくんですねぇ。ランダム再生機能もショボくて、
毎回同じパターンで曲が跳ぶもんですから、まったくランダムではないわけです
ねぇw

そんなある日、とあるゴルフコンペにお付き合いで参加することになりまして、
(唐突な展開は仕様の一部です、バグではありませんw)ひっさしぶりのゴルフを
してきました。無事(スコア的には無事じゃないですけども…)プレイも終わり、
コンペにつきものの表彰式となりまして、私はドラコン賞なんぞをいただきまして
(ボール1ダースですけどw)(順位は訊くなw)まあ、よかったよかったで
表彰式も終わるころ、その日一緒にラウンドさせていただいた方が、優勝!
されましてね。「同伴競技者に恵まれまして…」というお決まりではありますがの
お褒めの言葉もいただきまして、これまた、よかったよかったでした。

でね、その優勝した方の賞品っちゅうのが、こちら。
TWINBIRD ZABADY 7型液晶 防水DVDプレーヤー VD-J712W ホワイト
sax179


…なんでウチの食卓で撮った写真ナンかっちゅうとね、

「わ〜、エエですねぇ。まえからボクもそんなんがほしかったんですよぉ」
「ん?ほな、やろか?」
「え〜、マジっすか?くれるんすか?」
「エエよぉ。だって、わし、これ持っとるもんw」
「うっわぁ〜、ありがとうございます。ほんならこのボールと交換しましょか?」
「おお、エエなぁ。わし、かあちゃんにドラコン賞とった言うて自慢しょぉw」
「…ボクは優勝したいうて自慢…できんわなぁ、すぐ、バレるねwww」

とまあ、このような顛末がございまして、めでたくウチにやってきました、
ザバディちゃん!こちらが今日ご紹介する新兵器でございますw

もうなんつったて優れもの!!もう、君を放さないよ!
ほら、今日も一緒にお風呂に入ろうね、ザバちゃんw

…、てなわけでして、最近はお風呂で音楽!からお風呂で映画!となっておるわけ
でございます。ど〜すか、蒼さんw>なぜ、蒼さん?>いや、タダの自慢w

リモコンも、防水やし、
切り替えボタン一発で、ワンセグもOK、
SDカードスロットもついててmp3もOK、
sax180
sax181

フル充電状態で、2時間ほどは稼動します>そんなに長風呂しねぇw

裏のDVD格納部分はこんな感じで、
このレンズむき出しがなんともオシャレw、
sax182
sax183

めっちゃ、取扱い注意的な場所ですね、こりゃ。

昨日も、マトリックス・リローデッドを1本まるまる観てしまいました、
風呂ん中で…w、出るころには、もうめっちゃデトックス状態ですよw

さあ、今晩は何を観ようかなぁw>長風呂してんじゃんw
>つうか、マトリックス・レボリューションズに決まっとるわねw
……To be continuedやもんねぇw

蒼さん、ほんま、コレ、オススメしますw

saxでした、


さて、お話は変わりますが>まだ、続くんだね

最近はamazonを利用することがほとんどになってしまい、めっきりと行くことが
少なくなってしまった明○書店ですけども、その昔は「○屋書店に買い物かごを
置いてもらおう」運動を推進していたほどのヘビーユーザーでした。
サンデーとマガジンのコミックス発売日は近接してますからねぇ、1回に10冊
〜15冊ぐらいは買ってたんとちゃうかなぁ。
冗談抜きで両手いっぱいのジョニー状態でしたわw

そのころのコミックスはビニール袋の包装がされてましたね。まあ、立ち読み
防止のためには当然の処置でしょうし、買うほうもきれいな本が買いたいです
からね、あのビニール包装は文句をつけるところじゃありませんわ。
でも、当時のビニール包装は全部店員さんの手作業なんじゃなかったかなぁ。
あれだけ大量の本をきれいに包装するのは大変だったと思いますよ、実際ねぇ。

ほんで、こないだ、久しぶりに立ち寄った明○書店空○通り店。
コミックスの包装を見てね、買う気が一気に失せました、ほんま。
これよ、どう思う?
sax184
sax185


熱を加えて収縮させるタイプの包装資材ですね。おそらく自動で包装できる
マッシ〜ンなんでしょうなぁ。なに、このぐにょぐにょ?これを平気で売り物と
して並べている神経を疑うわ、実際。そうおもって、見てみたらコミックスの
売り場中でそんな状態の本がたくさんありました。マシンがボロいのか、
操作するヤツがヘタなのか、そもそもそういうふうにしか包装できない仕様なのか、
しりませんけども。ネット販売に押されて、書店という販売形態もつらくなって
いるなか、そして再販制度に対する批判もあって、書店を取り巻く環境もよくは
ないと聞いてましたが、少なくとも本を商品として店頭に並べて商売してる
「本屋」が、あんな扱い方をしてるんなら本屋なんかもういらねぇと思いましたわ。

本ちゅうのはねぇ、運命の出会いやと思うんですよ。
なんとな〜く立ち寄ったときに、タイトルとか表紙とか書評とか積んである場所
とかに、それもなんとな〜くフックがかかって新しい作家さんとの出会いが
あったり、見逃していた作品に出会ったりするでしょ、ねぇ。
その出会いをプロデュースするべきところの本屋があんなことやってちゃ
ダメでしょう。

以前、どこかの経営雑誌かなんかで、○屋書店の経営に対する取り組みとか、
理念とかを取り上げてて、社長さんの熱意みたいなものも感じ取れてて、
ああ、ヤッパリ明○書店は違うなぁ、ガンバッテるなぁと思っていただけに、
悲しかったですねぇ。

私はねぇ、1冊も立ち読みしないでコミックスコーナーに1時間いることが
できます>何の自慢やねん?w

マンガ好きなんですよ、ホンマ>あ、知ってた?w

っちゅうことで、明屋書店に苦言を呈するワケでした!!

以上!長々とお付き合いいただき、ありがとうならいもむしゃはたち!


(17:00)

この記事へのコメント

1. Posted by tak   2009年03月13日 06:31
ん!? 呼んだ??
え〜もん手に入れましたな〜
DVDだけじゃなくてテレビも音楽も聴けるって
良いでんな〜

次のコンペで優勝してもう一台手に入れて、
私にください!!

2. Posted by turbo   2009年03月13日 14:45
俺も(^^)!!

コメントする

名前
 
  絵文字