2009年03月26日

先日、YouTubeでPVを観て、飛びついたのがこちらのアルバム。
出ていたのは知ってましたが、どうにもベタすぎる感じがして
手が出せずにいたんですが、ええい、やっぱし、買うとけと。

「西寺実」のファースト・アルバム「ふぞろいのロックたち 其之壱」
70〜80年代の名曲をカバーしたアルバムです。収録曲はこちら。

 01. あゝ無情 (アンルイス / 1986年)
 02. 気絶するほど悩ましい (CHAR / 1977年) 
 03. ボヘミアン (葛城ユキ / 1983年) 
 04. 私は泣いています (りりィ / 1974年) 
 05. キャンディー (原田真二 / 1977年) 
 06. フレンズ (レベッカ / 1985年) 
 07. 月のあかり (桑名正博 / 1978年) 
 08. 裏切りの街角 (甲斐バンド / 1975年) 
 09. たどりついたらいつも雨ふり (モップス / 1972年)
 10. スローバラード (RCサクセション / 1976年)
 11. 私は風 (カルメンマキ&OZ / 1978年)

どうよ、このベタさ加減w 

北斗神拳のように我々世代のツボを見事に突いとんなぁと思います。
公式HPにブログ・パーツがあったんで、遠慮なく貼っとこ。




知らん方にご説明しますとね、「西寺実」は1人ではなく、
3人のボーカリストによるユニットなんす。
↑コレ見りゃ分かるかw

「西」田昌史と「寺」田恵子と二井原「実」で「西寺実」w
そう、「EARTHSHAKER」&「SHOW-YA」&「LOUDNESS」だww反則w

いや〜、聴きましたが、やっぱウマいっすねぇ、3人とも。

アレンジとかはあまり冒険していないといいますか、
安心して聴けるアルバムでした。
う〜ん、まあ、ただこのユニットはCDで聴くんじゃなくて、
やはりライブで観たいなあと思いましたねぇ。
この3人が同時に出てきてハモる姿っちゅうのは、
おそらくカッコええでしょうねぇ。

公式HP見ると今まさに全国ツアー中でした、う〜ん、観たかった。
4月29日に日比谷の野音で、「西寺実 Presents HARDなYAON 2009」と
いうワン・ナイト・イベントがあるそうですから行ってみようかと
チケットを取ろうと一瞬考えて、その日はまずムリだということに
気づきましたwう〜ん、これまた残念。
EARTHSHAKER、SHOW-YA、河村隆一、山本恭司(!)などなど、
そうそうたるメンバーが出てて、チケット6,000円やてw 安っすぅ

…ただねぇ、このアルバム聴いてて、ふと感じたのがねぇ…
MARCYが1959年生、姐さんは1963年、ニイチャンは1960年生でしょ。
このアルバムの曲目、オレらとほっとんど同世代のおっさんとおばさんがね、
カラオケスナックで盛り上がって歌うラインナップやなぁっちゅうことです。

カラオケボックスと違うよ、カウンターの向こうにおね〜ちゃんが
座っとって、水割りとか作ってくれて、おつまみは乾きもんとか、
なんやワケわからんおひたしみたいなんとかが出てくるトコで、
座る椅子はなんかみょ〜に深くて背もたれがデッカくて、
おしぼりが出てきたら、これもなんかみょ〜な香水の匂いがしたりするトコ。

そういうスナックで、エエ気分になって酔うてきて、よっしゃ、
おっちゃん、歌うでぇみたいなノリでねぇ。「月のあかり」とか
感情移入たっぷりで気持ちよ〜く歌うとねぇ、だいたいサビんトコで、
隣りのヤツが勝手にハモって来よるワケだw「振りむ〜く〜なぁ」とかw
ほんで、ハモりをバシっと決めてねぇ、おね〜ちゃんとかに褒めてもらって
これまたエエ気分になってねぇ、高いボトルかなんか入れてねぇ、
「よっしゃ、ね〜ちゃんも呑むか?」なんつって、これまた高いビールを
出してもろたりしてねぇ…orz

そんな情景が、ふと頭の中に浮かんでしまった、このアルバム…
…エエですw>いや、ホンマ

saxでした、

実は似たよ〜なコンセプトでね、以前にデーモン小暮閣下がね、
古今の女性ロック&ポップシンガーのヒット曲をカバーするという
「GIRLS' ROCK」というアルバムを聴きましてね。
これのあまりのデキの悪さにガックリしまして…orz

閣下、相撲の解説やっとるばあいと違うで、歌がヘタになっとるで、
とまあ、寂し悲しい思いをしたもんですから、この「西寺実」も
敬遠しておったのもあるんです。

やっぱ、ロック・シンガーはいくつになっても、バンドを背負って
でっかいバンドの音に負けねぇ太っとい声を聴かせていただきたいもんです。

あ〜、SHOW-YAのライブが観たいですねぇ

……
集合してみたら、スタジオが開いてなくて、
キッチャ店に行って、コーシー飲んで、おしゃべりして、
タイミング見計らって電話してみたら、スタジオ開いとって、
まあちょこっと練習もできて、ミーティングもできて、
よかったよかったのサンデーイブニングだったよん
以上、説明終わりw


(16:09)

この記事へのコメント

1. Posted by dejigo   2009年03月26日 17:51
WBC決勝戦、10回表、2アウトランナー2、3塁のイチローのセンター前タイムリーヒットみたいなジャストミートなアルバム…

聴いてみたい…
2. Posted by sax   2009年03月26日 19:15
土曜日、覚えておったら焼いて持ってくです
交互奇態
3. Posted by はる   2009年03月26日 23:08
3月6日のサロンキティ、行くべきだったねー

コメントする

名前
 
  絵文字