2009年09月17日

井上雄彦さんの描く武蔵、あの狂気と深遠を感じさせる微妙な表情を、
彼は細い面相筆だけで、それも一発勝負で描いているんだと、
先日NHKの番組で知りました…、コリャスゲェ。


…さてと、

カラフルでの夜光虫&COCOCUライブも数日後に迫ってきた今日この頃、
皆様におかれましても各々準備に余念のない様子、やはり本番前の
緊張感と若干のやり残した感がただよってまいりますねぇw
>何を他人事のように言っている?


それにしても、なぜに、エフェクターケースというものは、
こうも中途半端なサイズなんでしょうねぇ…。>唐突だw

700×300サイズのがあったんで、そいつに全部ぶち込んでやろうと
先日からごそごそやってたんですが、どうにも入らんのです。
ウインドシンセ用の音源がハーフラックサイズなもんで、
これが平面的に場所をとる。そのうえにMIDIのフットコントローラーが
これまた横に長く場所をとる。空いたスペースに切り替えの
フットスイッチ、プリアンプ用のマジックマイクルーム、
ほんでマルチエフェクターのZOOMというふうに何とか押し込んでは
みたものの、これで目一杯…。肝心の電源アダプターが入る
スペースがまったく無い…。電源なければタダの箱状態…。

意を決して先日ヤマハにいってパワーモジュールのNoah'sArkとか
買おうとしたんですが、よく見ると供給される電源のケーブルが
全部センターマイナス…。ところがヤマハの音源とフットは
ヤマハなのでセンタープラス…。使えんではないの…。

もう少し時間があれば電源モジュールを自作してやろうかとも
思ったんですが、電源ノイズもコワいし、そこまでせんでもエエか
と思い、オールインワンはあきらめました。

幅は700でエエから、奥行450ぐらいの安い(ココ大事)エフェクター
ケースは無いもんでしょうかねぇ。

saxでした、

あきらかにsax吹きとしては間違った方向に進みつつあるという自覚は
あるのですがねwエフェクトに凝る前に自分の出音をちゃんとせぇよと
思うのですがw元来機械もんが大好きなもので、どうしても…。

それに、こんだけをオールインワンに出来たとしてもねぇ、
まだウインドシンセのアナログ音源(ハーフラックサイズ)と、
こないだ買って、まだデビューもしてないのに、早や壊れた
ハーモナイザー(これもデカいねん)がまだ残ってるんですが…。

う〜ん、ラック組むかぁ…。>オマエは小室か?

生きて〜いるとぉ〜いうことぉ〜…>それは小室違い…。

(17:00)

コメントする

名前
 
  絵文字