2010年07月08日

オススメの映画!…普通ならコレに決まってますわな!
sax268

ちょうどこの7月は、日本テレビが金曜ロードショーで
毎週ジブリ砲発射!っちゅう反則技に出てるそうでw
裏番組は戦々恐々でしょうな。
2日/紅の豚、9日/耳をすませば、16日/ハウル、
23日/トトロ…だそうですよ、じゅうたん爆撃やねww
まあ、新作「アリエッティ」が17日公開ですから、
そりゃしゃあないやろっちゅうとこですかね。


まあでもね、今日オススメするのはこの映画。
sax269

>なんでやねんw

1974年のイタリア映画『流されて』です。

どんな話かっちゅうとですねぇ、
(以下、バリバリのネタバレですんでご注意)

「ブルジョワ実業家夫人のラファエラが、わがまま放題に
 地中海の夏を過ごす8月のある日、沖に出たヨットが
 故障して、彼女と召使のジェンナリーノは無人島に漂着
 してしまいます。」

…このラファエラっちゅう女がねぇ、…美人なんw
すごいわがままでタカビーなんやけどねぇ、美人なんすw

「助けを呼ぶこともできず無人島で生きなければ
 ならなくなった2人。ジェンナリーノは小屋を作り
 海にもぐってエビを採り自給自足の生活を構築し
 はじめますが、ラファエラはそうはいきません。
 ここぞとばかりジェンナリーノは普段、召使として
 屈辱と支配を受けていた恨みを彼女へと開放します。」

…このへん観てると、男なんてかわいいもんやねぇと
ホンマに思いますよ。「今日からオレのことは
ご主人様と呼べ!」ですからねぇ。

「でも原始社会に戻ったかのような2人だけの世界で、
 ラファエラもいつしか彼の本来の野性の姿に、
 たくましい男の魅力を感じ、ひきつけられていきます。
 ジェンナリーノはラファエラに欲求不満をぶつけ、
 殴る蹴るの暴力でいためつけ、ついには砂丘で彼女の
 肉体を奪いました。ラファエラはその性の快楽に、
 いまだかって経験したことのない強烈なものを
 感じました。彼女は高慢なブルジョア女ではなく
 “女"そのものとなって征服される喜びに
 ひたっていたのでした。」

…そりゃ、そうなるって、ほっといてもwっちゅうか
間違いなく初日にそうなるやろ、普通は!ということ
ですけどねぇ。それでは映画にならんからww
 
「それ以来、野性に帰った男と女の本能におもむく
 ままの愛の生活が始りました。しかしそんなある日、
 行方不明となった二人を捜し求めるヨットが沖を通り
 かかり、同時に二人の目の中に飛びこんできたのです。」

…このへんのラブラブぶりがねぇ、たまりませんのことよw
何一つ遮るもののない2人だけの世界で繰り広げられる
愛欲の日々っちゅうんですかwうらやましいぞうww

「ラファエラはジェンナリーノに、このままの生活を
 続けるためにヨットを見すごそうと主張しました。」

…そうなん、これ、ビックリ。
アナタさえいれば、何もいらないわ!っちゅうこと。

「でもジェンナリーノは、2人の愛を確かめ合うため
 にも一度ヨットにもどり、また島へ帰って暮そうと
 言って救出を求めてしまいます。」

…難しい判断ですわなぁ、男として。

「ヨットに助けられた二人には、元の文明社会が
 待ち受けていました。ラファエラには実業家の夫
 との退屈な生活、ジェンナリーノには労働者階級の
 貧しい妻子のいる家庭です。
 彼は、ラファエラの夫から妻をよく守ったと感謝され、
 大金を贈られます。それは屈辱的なことでしたが、
 その金をすべて投じて、彼は指輪を買い、彼女に贈り、
 島へ脱出するため、港で待つことを伝えました。」

…男は悲しい生き物やねぇw

「でも約束の時間、ラファエラは港には現われず、
 夫と共に豪華なヘリコプターでミラノへ帰って
 いったのでした。
 二人の新しい世界を夢みたジェンナリーノは
 現実にひき戻され、すごすごと妻の後から家路に
 向かうのでした。」(以上、goo映画参照w)

…このときねぇ、最後のシーンとか彼女の顔が
すごく無表情なんですよねぇ。それが逆にいろんな
想像をさせられて、おもしろかったですねぇ。


これね、中学校のころやったかなぁ、真夜中のTVで
偶然見たん。ドキドキしてねぇwwなんつうんやろねぇ、
明らかにその後の私に大きな影響を及ぼしてるねぇww

どんな影響かって…?それは訊かないでww


saxでした、

う〜ん、映画の話題になるとやっぱりオススメっちゅうより
映画にまつわる思い出話、みたいになっちゃいますねぇw

↑に影響を受けた私がハマった映画はというと…↓。

タイトルのみの羅列で申し訳ないですが…、
リンクを貼っときますのでPCで見てね。

美姉妹・犯す」(出演:風祭ゆき / 内藤剛志!)
若き日の内藤剛志氏が観られます。
この作品の風祭ゆきはエエですよぉ。
男、一生の夢、帯を引っ張って
あ〜れ〜、くるくる、が観られますw

セーラー服色情飼育」(主演:可愛かずみ)
可愛かずみ、ひょうきん族で中森明菜をやってた人。
(知らんかw)ロリコンの中年親父は必見!

制服処女のいたみ」(主演:美保純)
美保純のデビュー作。「ピンクのカーテン」も
よかったですが、初々しさという点でこっちのほうが
エエですね。

四畳半襖の裏張り」(主演:宮下順子 監督:神代辰巳)
ご存知、永井荷風の原作を神代監督が仕上げた
これはもうフツーの名作。ロマンポルノの傑作です。

宇能鴻一郎の濡れて打つ」(主演:山本奈津子)
「エースをねらえ!」のパロディ作品w
バカバカしさ、ナンバー1です。
アタシ、〜〜したんです。という宇野センテンスは
立派な文学ですよ!


にっかつサイコー!いぇい!

…、こんな影響ですよ、まったく…w


さ、そろそろ真面目に映画の紹介でもしますかね
>こっから?>そう、こっからマジメにw

皆さんもよくご存知の「ブルース・ブラザーズ」です。
sax270


「ケンタッキー・フライド・ムービー」
「アニマル・ハウス」と連続で低予算・短期間撮影の
映画でヒットを飛ばしてきたジョン・ランディス監督が
ダン・エイクロイドとジョン・ベルーシの2人を主演に
撮影した名作ですね。本物のブルースマンたちが数多く
出演しているのでも有名な作品です。最後のほうに
チョイ役でスティーブン・スピルバーグも出演してますね。

楽器屋の主人レイ・チャールズが歌う「SHAKE A TAILFEATHER」
ギタリストの奥さん役アレサ・フランクリンが叫ぶ「THINK」
コンサートの場つなぎでキャブ・キャロウェイが演じた
「MINNIE THE MOOCHER」と名曲も各所にちりばめられてます。

その中でも実は私が一番気に入ってるのが、
カントリーのライブハウスにもぐりこんだバンドが演奏する
「STAND BY YOUR MAN」なんですわ。
コレ。知ってるしょ?

曲中、一人悲しくビールをあおるヒゲ面でCATの帽子を
かぶったオッサンが大好きなんw

んでね、この曲の元ネタっちゅうか、カントリーの方面では
超有名なタミー・ワイネットさんのバージョンをどうぞ。

どう?ええでしょ?
「辛いときもあるけども、あなたが誇れる彼の傍にいなさい」
という、なんか古臭い歌詞ですけど、響くんですよねぇw
BBのバージョンでは、なんでこの曲で泣けるのか
まったくわかりませんでしたけど、これが元にあれば
そりゃ、さもありなんと思いますわね。
信じて傍にいてくれる最愛の女性がいれば、男はガンバルよw

この映画は何回観ても、どのシーンも楽しめる映画っすね。
オススメ、イチオシ!

昔、あこがれてレイバンのウェイファーラー買いましたw
でもあのサングラス、鼻の高い西洋人向けなんよねぇ。
私には似合わんので封印されてますわw

10月にブルース・ブラザーズのコピーバンドで
ライブに出ることになりましたから、そん時は
引っ張りだしてきて、かけることにしますかねw


(10:51)

この記事へのコメント

1. Posted by BOB   2010年07月08日 15:32
今日はキッツイなぁww

タイトルのやつは知りませんでしたが、有名(ですよね?)な青い珊瑚礁(タイトル合ってたっけ?)にはドキドキしたかなぁ…

つくづく、今日は自分普通で良かったなぁ…と(何が?


さ、もう今週末ですよ
頑張って練習練習(行かないクセに何を言うww
2. Posted by hidemi   2010年07月08日 20:11
BBやね。
二十歳の時、激情で、ん?劇場で見て、
・・・今に至る。
2000は残念ぽいけど・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字