2010年12月30日

まだ仕事してまっせぇw
ほんでもって今日終わったらそのまま速攻で着替えて
同級生と忘年会という名の恒例、年忘れマ~ジャン大会だw
明日の朝までたぶんやるんやろね…。いつものことやけど。
ほんで大晦日は使い物にならずに気がついたら年が明けてると。
これも例年のことでんな、まさに年忘れw

さて、私も今年のライブを振り返ってみましょか。
私の一番印象に残ったライブは、
伊予市ウエルピアの野外でしたなぁ。
「真夏のSunsetライブ」ですよw
着替えちゃぁ出番、着替えちゃぁ出番でねぇ…。
掛け持ちは2コまでやね、ホンマ。
ほんでもあの、夕暮れ迫るステージは気持ちよかった。
夏は野外にかぎるねぇ、天気の心配はせなアカンけど。
来年も野外、演りたいです。
ドームでもエエよ。>ナニさまやねん!

でねぇ、最近特に思うこと。

もっと余裕を持たなアカンなぁと思います。

まあ、人生においても生き方においてもそうなんですが、
今日の場合はライブ本番での演奏っちゅう意味でねw

自分に与えられたソロ・パート、たとえば32小節。
もちろん、それには古○氏のモトネタがあって、
完コピはハナからする気がないにしても、
それなりに、なんちゃってコピー演奏をするんですがね。

モトネタがあるからこそ、それをなぞるんじゃなくて
そのパートのコード進行を考えて、曲調を考えて、
ゆったり白玉を使うところは使い、早いフレーズを
突っ込むところは、あせらず手癖に頼らず、
ハイトーンを聴かすところは気合の入れすぎに注意して、
…まあ、つまりは自分の音とフレーズでソロを吹くという
至極あったりまえなことになるんですけどもね…。

どうもね、おいしいフレーズに早くたどり着きたくて
アセるんですわ、実際。それはココで使っちゃうと
あと数小節後にはネタが無くなって苦労するのに…と
わかっちゃいるけど、止められない、止まらない…w

きちんとお腹に息を入れて、
アンブシュアを決めて、
太くて早い息を、揺れずに吹き込む!

基本やね、やっぱし。

saxでした、

よいお年を!
来年も楽しい音楽活動wをしましょね、皆の衆!


(12:00)

コメントする

名前
 
  絵文字