2011年03月17日

腹を据えて、日々を精一杯に生き抜きましょう。
備えよ、常に!と自分にいいきかせております。
(英語で言うとBe prepared! ボーイスカウトのモットーですな)
今は傍観もやむなし。他山の石、もって命ずべし。
元気がいちばん。元気があれば何でもできる。
同情も憐憫も哀悼も憤怒も、言葉にすれば軽くなります。
与えられた場所で、私は日々を今まで以上に一生懸命生きましょう。

…、
民放TV局の災害バラエティ放送には心底ウンザリします。
そしてNHK発信の冷静な情報だけでもやはり心が痛みます。
こういうとき、自分に何ができるのだろうと、あせるばかりに
自分の心に入り込んでしまうと、PTSDになりやすいと聞きました。
自分ではどうしようもないことまで気に病むあまりに、
自分自身が悪く、ダメな人間であるかのように自傷してしまうと。

まずは全力で日常を生きるという当たり前のことをするのだと
いうことですね、ホンマ。

…、
さてねぇ、こないだからなんだかワタシ活字中毒なんです。
>なんだ、この宇能鴻一郎みたいな文章は?

寝る前に寝床で本を読むのは中学校時代からの慣習なんですが、
一時期それも止んでました。
最近になってSEO関連のハウツー本やらナンやらを寝床で
読むようになって再燃してきたというわけです。
元々読むスピードは遅いほうではない、というか早いほうです。
なので特に最近では明日読む本のストックがないと不安になりますw
これも一種のPTSDなのか?>そんなわきゃないw
ですんで、わりあいとこのごろは手当たりしだいという感じで
今まで手を出してなかった作家さんなどにもチャレンジしています。

てなわけでして本日は、最近私が読んだ本のなかから
オススメをご紹介しようというわけです。

もおねぇ、TVは消して。
エネルギーの節約に一役買いたいと思うのなら、
夜の暖房も抑え目にして早めに布団に入って。
情報のチェックも、過ぎたるは及ばざるが如しですよ。
心安らかに本でも読んで、明日の活力を養いましょうや。


1冊目はこちら。
『出発点―1979〜1996』宮崎 駿 (著)
sax310

なかなかの読み応えでした。対談あり、エッセイあり。
いろんな雑誌などへの寄稿文もそのままの形で
掲載されていますので、雑多な感じは否めませんが、
氏の思考経路、思想、理念が肉声でよく伝わってきます。
講演の文章おこしされたものなどは、やはりメッセージ性が強く、
トゲのように引っかかるところもあったりしますが、それもまた良しw
60過ぎのジジイがガンコなのは当たり前ですw

2冊目はこちら。
『辻斬り―知らぬが半兵衛手控帖 』(双葉文庫)藤井 邦夫 (著)
sax311

この著者は東映の戦隊モノで脚本を書いていたりした
経歴をお持ちだそうです。
そう聞いているからの先入観かもしれませんが
なかなか文章からビジュアルを思い浮かばせる描写が上手です。
セリフ廻しもどことなく時代劇のTVドラマを
思い浮かばせるような感じがして嫌いじゃないですね。
くるねこ大和』さんのブログからフックがかかって
読んでみたんですけど、なかなかのヒットでした。
シリーズもたくさん出ているようなので
しばらく追っかけて楽しめそうです。

3冊目はこちら、
『陰陽師―瀧夜叉姫〈上〉』 (文春文庫)夢枕 獏 (著)
sax312

陰陽師のシリーズとしては、久しぶりの長編ですね。
しばらくほったらかしてる間にいっぱい出てた。
このシリーズ、実は長編より短編集のほうがオモシロいと
自分では思っているんですけど、これは良かった。
やはり夢枕獏、ワタシ大好きです。
氏の作品としてはライトなんで、人にも勧めやすいしw
(他のシリーズはグロい描写が多くて、なかなか…)
それにしてもこの陰陽師のシリーズ、
読みながらビジュアルを思い浮かべるのはやはり、
野村萬斎・伊藤英明ですねぇ、まったく。
滝田洋二郎監督のあの作品、実は好きでしてw
DVD借りてこようかな。>本を読めっちゅうエントリーなのにw

それにしても最近の文庫本は値段が高いワリに
活字がでっかくて行間が広いよねぇ。
なんだかワタシとっても損した気分なんです。
>好きです、宇能鴻一郎ww
まあ、オッサンは老眼も入ってきますから
これでちょうどエエやろっちゅうことなんでしょうかね?


saxでした、


…ええのかな?もう言っても?
エエよね、別にw…会場の予約もしちゃったし…ね。

takさん案のセットリスト。
なかなかエエじゃないですかと思いながら、曲順どおりに
mp3を並べてCD焼いて車で聴いてみて、アラ、ビックリ。
1部も2部も、出だし3曲はメドレーになりゃせんかい?
相変わらず、キッツイですなぁwやる気出てきたww

さっそくフライヤー作ってみました。
どう?
sax313


(12:23)

この記事へのコメント

1. Posted by tak   2011年03月17日 14:01
そやろ〜
なかなええ曲順やろ〜

それにしても、このフライや〜
携帯で見てよくわからんかったので
PCで見てビックリ
キッツイな〜
2. Posted by turbo   2011年03月17日 18:06
どこから探して来たん・・・この写真
3. Posted by dejigo   2011年03月17日 23:40
この写真・・・反則やん


てか、セットリストがまだ届かんのやけど

4. Posted by sax   2011年03月18日 08:25
takさん>
turboさん>
dejigo兄ィ>

写真はウチのブログが始まって
最初に蒼さんが提案した統一企画。

「25才より若い時代の恥ずかしい写真」だw

まだ過去ログにちゃんと残っているねぇ。


dejigo兄ィ>
あれPCメールあてにダウンロードサイトの
アドレス送ったんやけどなぁ?
音源とセットリストが入ったファイルの…。

5. Posted by sax   2011年03月18日 16:58
ちなみに2007年の2月にあるよ。>写真
お題週間のハシリやったね。
6. Posted by dejigo   2011年03月18日 18:34
PCアドレス
全くチェックしてなかった


今晩やっときます

コメントする

名前
 
  絵文字