2012年08月16日

「2012ロンドンオリンピックで一番印象に残った場面」

見事にturboさんと丸カブリですね。
女子レスリング55kg級の吉田沙保里選手、
3連覇を達成した決勝戦終了後、
恒例のパフォーマンスで『側転〜バック宙〜監督投げw』
すばらしくキレのある首投げでした、ホントw
sax2012081601


オリンピック開幕前に、
NHKの「アスリートの魂」という番組で
彼女の特集をしていたのを観ましてね。
一昨年、連勝をストップさせられたあと、
周囲からの徹底した研究とマークに晒されながら、
自分本来のレスリング・スタイルを改めて模索する中で
チャンピオンとしての苦悩と不安に、
自らが打ち勝とうと苦しむ彼女の姿に、
メッチャ感情移入してしまいまして。
心から応援していましたので素直にうれしかったですねぇ。

専守防衛に徹する相手に冷静に対処して、
必ず訪れるわずかなチャンスを見逃さず、
勇気をもって得意技の高速タックルを敢行して
その得意技をキッチリと決めきる、という
言ってみれば至極当たり前のことなんですが、
それをあの大舞台で最後までやってのける、
彼女の精神力と日々の鍛錬に拍手したいと思います。
4年後のリオで4連覇!
ぜひとも目指していただきたいと思いますw


saxでした、


どんなスポーツでもルールというものがあって
それは競技の安全性を向上させるためと
競技の公平性を守るために細かく修正されていきます。
ただしもうひとつ、「観ていておもしろいように」
という理由でされるルール変更もありますよね。
本来、興行ではないアマチュア競技に観客は必要でなく、
スポーツにおける試合の勝敗は、選手同士の優劣によって
のみ決まるべきだとは思うのですが、現代ではそうも
いかないですよね。

そういった意味で、レスリングという競技は
観客を飽きさせない手法を上手に取り入れつつ
とても柔軟にルールを修正しているなと思います。
モチロンそのルール改正によって恩恵を被る選手と
そうでない選手が出てくるのは否めませんが、
そのあたりをあまり大きく表面化させず、
流れの中でなんとか無事に運営させていっているのは、
ルールの審判システムによるところも大きいでしょう。

判定基準が明確で、複数の担当者による相互チェックが
効果的に機能していることと、レフェリーの権限が
強大であることがルールの微調整をうまく機能せしめています。

組み手を争う中で、どうしても相手の指をつかんでしまうことも
よくありますが(反則)、すかさずレフェリーが手を出して、
選手の手を直接に振り払います。
試合中に選手の体に審判が触れることがある競技というのは
寡分にしてレスリング以外知りませんね。
指をつかむというのは非常に危険な行為でありますから、
それを試合をとめて注意するというのではなく、直接手を出して
審判が止めさせる。それだけの権限を持たせてあるというのが
すごいな、という感想です。
だからこそ審判システムがリスペクトされていて
受け入れられているのでしょうね。

翻って、我が柔道ですよ、悲しくなりますね。
まあ「柔道」ではなく「JUDO」ですけどね、今や…。

別に日本人選手が勝てなかったからというわけではないです。
柔道という競技が、なんだか柔道選手にリスペクトされて
いないように感じられてしまうんですねぇ。

ゆるゆるの帯ですぐほどけるように締めて試合に臨む選手。
あきらかにサイズの大きい柔道着を着て釣り手を効かなく
させている選手もいます。サイズのきつい道着を着て、
組み手争いを有利に進めようとする選手が続出したため
ルールでサイズの下限を決めてあるのですが、上限は
決まっていないんですねぇ、実は。

帯もゆるみ、前合わせもはだけた状態で、
不毛な組み手争いをくりかえす試合運び。
試合が始まるとすぐに場外ラインの近くに移動して、
技のかかりバナに場外エスケープ、マテがかかる。
再開前に道着の乱れを直すように指示されても
申し訳程度に帯に裾をつっこんでおしまい。
そのうちどちらかに消極的試合運びの指導が出て、
ジタバタと試合が動いて5分終了、優勢勝ち…。

おもしろくないのは観ている側の間違いない感想でしょうが
観ていて悲しくなってきますね、どっちかというと。

『相手を制しながら相当な「強さ」と「速さ」を持って、
「背中が大きく畳につくように」投げたとき』が、
『一本』なんですよ、柔道は!それ以外はないんです。
(固め技と抑え込みはありますが)

試合をしている選手たちが『一本』をとりにいってないなら
それは柔道ではないでしょうね、やはり。
JUDOは、ジャケット・レスリングとしてポイント制に
してしまえばよいと思います。ラウンド制でもなんでもいい。
いっそ、レスリングのフリー・スタイルと
グレコローマン・スタイルとジュードー・スタイルで
エエんじゃないですかねw

なんかねぇ、オリンピックを含めた国際大会のJUDOを観てると
なんだか違う格闘技の選手が柔道着を着て試合に参加してるような
違和感を感じるんですよねぇ、残念ながら…。

以上、柔道経験者の繰言でした、長文失礼w

(15:11)

この記事へのコメント

1. Posted by turbo   2012年08月17日 14:29
同感!!

コメントする

名前
 
  絵文字