2012年08月30日

2月のエントリーでこんなのがありましたけどね。

普段使いに持ち歩くショルダーバッグが音トートと
仕事用のA4PCビジネスバッグの2つというのが
どうにもやはりシマラナイわけです。
まあ、オシャレにはホド遠い現場作業者ですからね。
まず第1番目は機能性、次に可搬性、そして耐久性、
デザインは2の次3の次というわけですなぁ。

ということで、ここは機能のみを優先!で、
ENSOUNDのバッグはお出かけ用に取っておいて、
仕事関係のものは、なんもかんも突っ込んでいる
普段使いのビジネスバッグにスピーカーだけ
ネジ込んでセッティングしてみました。
こんな感じ。
sax2012083001

ほんで音楽ファイルが入っているのはMEDIAS TAB。
7インチディスプレイのタブレット端末ですから
イヤホンジャックにケーブル差し込んで取り回すのも
少々配線が邪魔になるということでそこんトコを
BLUETOOTH化してやりました。
こんな感じ。
sax2012083002

懸案だったのがスピーカーの電源供給ユニットの部分。
単3エネループ8本の電池ボックスが、どうもしっくり
バッグの中にはまらないんですなぁ。
それに充電するときいちいち8本の電池を外したり
差し込んだりするのがメンドウになってきましてね。
なんぞエエもんはなかろうかと色々探してみて、
とりあえずコレにたどり着きました。
sax2012083005

モバイルパワーバッテリーSTREAM160(MP-SC16000)

サイズはちょうどGALAXY TABなんかのモバイル
タブレット端末と同じぐらいです。
16Vで3.5A、12Vで4AのDCケーブル出力だそうで。
まあ十分イケるでしょうと見切り発進で購入しました。

バッグの中のセッティングはこんな感じ。
sax2012083004

USB端子のほうはBLUETOOTHのレシーバーに繋いで
5V 2Aの出力で充電させてみてます。
先日車で走行中にMEDIAS TABのバッテリーが少なく
なってきたので試しにこの端子を繋いでみましたが、
なんとか充電されているようでした。
ただミョーに充電スピードが速く、回復表示の%が
スルスル上がっていくので、そんなに急速充電できて
いるわけはなかろうと、少々危ぶんでおります。
あまり良質のパワーとはいえない感じでしたので
端末の充電はあくまでも緊急用として考えるように
したいと思っています。

それにしても16000mAは減りませんわw
繋ぎっぱなしで結構長いこと音楽を流していましたが
インジケーターが1個消えただけでした。
ノートPCのエマージェンシーバッテリーとして
考えられているようですから、さもありなんというトコか?
まあ今やノートPCを持ち歩かんとできんような仕事は
大半がこのタブレット端末でできちゃいますからね。
世の中、変わったもんですw

バッグは重くなりましたが、まあ許容範囲ということでw
しばらくはコレで持ち歩いてみようかと…。

saxでした、

ギミック好きなもんでねぇ…。しょうがないですねぇw

それにしても端末とバッテリーが同じサイズというのは
どうにも見ていて異様な光景w

(17:42)

コメントする

名前
 
  絵文字