このメンバー持ち回りブログを始まったのは2006年11月。

2006年、大晦日のエントリーは蒼さん
2007年はリーダー
2008年はturboさん
2009年はワタシ
2010年は玉ちゃん
昨年末、2011年はtakさん

とまあキレイに並んでおったのでありますなぁ。
今年2012年の大晦日、
シゲさんのエントリーならコンプリートやったのに…orz

シゲさん、なんでこないだの曜日シャッフルのとき
月曜日をとらんかったんや!>イイガカリデスw

てなわけでございましてね。
今年も1年終わりましたな。
終わったライブは良いライブ!ということで
なんやかやあっても、それなりにエエ年でありましたことよ。
ご来場いただきましたお客さんと、
ライブハウスのスタッフご一同さんに改めて感謝。

個人的には、ようやくなんとなく
足元が決まってきたかなという感じですかね。
足元っちゅうても人生の…とかいうんじゃないですよw
シンセ音源とエフェクター類のことですがね。
サックスもシンセもエフェクトは基本、
ROLAND VE-20で安定してきましたね。
ユニゾンのダブルと、
5度上&オクターブのエフェクトがメインで、
ソロ用にゲインを上げたパッチを用意する
というのが工夫したところですね。
どうしてもソロで気合入れて吹こうとすると、
力みになってとっちらかってしまいがちでしたが、
ブーストをカマしたことで余裕ができます。
これは我ながらよかったですねぇ。

あと、覚悟を決めてラックを組んで、
音源部分とミキサー・ユニットを
まとめちゃったのが正解でしたね。
ミキサーをエフェクターケースから排除すると
やはりコントロール系のフットスイッチが
余裕もって並べられるので、本番アセらなくていいですわ。
(とかいいながら、MONKでは最後の最後で
 バンクナンバーの踏み間違いなんぞという
 初歩的ミスをやっちまいましたけどもw)
MONK後に工夫したのは、
シンセ音源のバンクチェンジをYAMAHAの古いMFC5で
やってましたが、ユーティリティが15個あるのに、
コレだと10個しかコントロールできなくて不満だったので、
思い切ってMIDI MOUSEというフットコントローラーを
導入したということですね。
コンパクトになってケースに余裕もできて一石二鳥でした。
空いたスペースにディレイ&リバーブの空間系飛び道具
エフェクトのユニットを増設して、そのコントローラーも
置くことができました。いろいろと遊べそうです。
こないだのMONKでセキヤさんに使わせていただいた
ベリのモニターがコンパクト&パワフルで、
なかなか良かったので、安いしアレを導入してやろうと
画策しています。そんなとこかな?

わかってるんですよ、余裕を持つということに関して
最高の妙薬は「練習すること」だっちゅうのはねぇw
まあ、それでも機械モンで安心感が買えるなら、
それもまた良し、じゃないですか、ねぇw

saxでした、良いお年を!


さあさ、皆の衆。
ライブの予定を決めようじゃないか!
そのためには…、そう!新年会だ!
玉ちゃんトコのお店でバキっと新年会をしようじゃないの!
段取りしてね、リーダーw>他人マカセでスマンけどもw