先日、高速をしばらく走る用事があって、
車を走らせながら朝飯を食おうと、コンビニに寄りました。
熱々のホットコーヒーとホットサンドをオーダーして、
出来上がりを待つあいだに眺めていたCDの棚。
例によって胡散臭いベスト版が並ぶその中に、
おじさん・おばさん達の洋楽ベスト』という
これまた、なんだかなぁというコンピCDがありました。
でもそのCD、2枚組・40曲で1,890円だったんで、
旅のお供にまあよかろうと思いまして、購入したんですな。

と、このハナシはFBにも書いたんですが、なんともこのCD、
ハシにも棒にもかからんというか、隔靴掻痒というか、
波長の合わない選曲でしてねぇ、1回廻したらもうええかとw

ただ1曲、この曲だけが妙に耳に残りましてねぇ。
別に初めて聴く曲ではないんです、というよりは
あるアニメ映画の冒頭でかかる曲なので、
もっというと、ワタシが大好きな映画の挿入歌なのですわ。
オリビア・ニュートン・ジョン「カントリー・ロード」

何とこの曲、日本だけで発売されていたんですと、
知りませんでしたねぇ、それわw

オリビアをチョイスして、「そよ風の誘惑」でも「ジョリーン」でも
「フィジカル」でも「マジック」でも「ザナドゥ」でもなく
「カントリー・ロード」を選曲するとは…、よくわかんないっすねw
だが、それがいい!>またかい?w
イントロのアカペラ・コーラスがエエですよねぇ、この曲。
映画「耳をすませば」の冒頭シーンがよみがえってきます。
もうバリバリ脳内リフレインですねw
ワタシ、この映画、大好きなんです>知ってた?ww

saxでした、


いざ!お供仕らん!ラピスラズリの鉱脈を探す旅に!(露口茂さんの声でw)

本名陽子バージョンの日本語カントリー・ロードも実は好きw