2014年01月20日

JA桑原の農業祭り、
イベントの賑やかしに、そのチョイスは正直どうなん?という
杉山田スギオとスイートメモリーズで出演してまいりました。
16

案内チラシには「お笑いショーとコント」と書かれてました…orz
…まあ、全面的に否定できないのも事実ですが…。

新鮮な農産物の即売会や品評会、たこ焼きやフランクフルトなどの屋台、
お祭り開始から1時間後、お客さんが増え始めて、うどんやらいなりなど
お食事を取りたいお客さんが集まってきた会場2階のステージで、
その超ド級にド・アウェイのお笑いショーは幕を開けました…。

杉山田スギオはよくがんばったと思います…。
後ろで演奏しているだけで2回ほど心が折れそうでしたもの、ワタシ。

なんでしょうなぁ、あれなら少々寒くてもいいから野外ステージのほうが
エエですね、実際ね。素通りしてくれたほうがナンボかマシですわ。

今年、ワタシにとっての初ライブは、こんなかんじで幕開けとなりました。
幸先エエなぁ、ホンマww

saxでした、

いや、誤解のないように言うときますが、楽しかったんよ、ホンマに。
あのアウェイ感はなかなかないですよ、フツーのライブじゃね。

ああいうときって1音たりとも間違えずにベストエフォートな伴奏を
するのだという強い意志が生まれますね、なんでか。
伴奏のミスでスベッってるんじゃないのだ!という追い込み方なのかねw
>それもどうだ?

演奏終了後、1つおもしろい出来事がありました。
小学校の高学年ぐらいの男の子が、スギオを訪ねて近寄ってきましてね。
「一緒に写真を撮ってほしい」と…。

ナニが彼の琴線に触れたのでしょうね?
彼のこれからの人生に何らかの影響を及ぼした可能性がありますね。
まあ直ちに健康に害のあるものではないと思いますが…。
今後の経過を見守る必要がありますね、多分ねww

(11:54)

コメントする

名前
 
  絵文字