2014年03月17日

最近、『暗殺教室』という漫画にハマってまして…。
このエントリーのタイトルは、
その漫画のメインキャストである正体不明の怪物、
『殺せんせー』が驚いたときに発する奇声なのよ。
sax2014031702

この作品は『魔人探偵脳噛ネウロ』に続く
松井優征氏の少年ジャンプ連載作品。

進学校の落ちこぼれ組・3年E組に突然やってきた
正体不明の謎の生物。丸顔で何本もの触手を持った、
一見タコに似たその生物は、マッハ20で空を飛び、
月の7割を破壊して常時三日月の状態と化してしまった
危険な生物…。彼は「来年3月までに自分を殺せなければ
地球を破壊する」と宣言したうえ、3年E組の担任教師と
なることを希望した。
人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、
各国首脳は、やむをえずその3年E組の生徒に委ねる事になる。
成功報酬は百億円! 落ちこぼれクラス「エンドのE組」の
生徒達は、卒業までにこの暗殺対象の教師「殺せんせー」を
殺せるのか…!?

ちなみに「殺せない」「せんせい」で「殺せんせー」ねw

そしてその「殺せんせー」は自分を殺そうとする生徒たちに
殺すための技術だけでなく、自分の持っている得意分野の
才能や性格に目覚めさせ、より実社会で能力が発揮できるよう
とても献身的に指導していくのである、なぜか?

こんな突拍子もない設定のお話なんだけども、
読んでるととてもハートウォーミングなコメディに
仕上がってるのがすごいんだなぁ。

この作家のもうひとつおもしろいところは、
「連載の長さに関わらず責任ある終わらせ方をする」という
ポリシーを持っているというところでね。
ジャンプというある意味、一番先の見えない連載誌で
週刊連載をしながら、いつどこで終了の断が下されても
きちんと責任を持った形で物語を終わらせられるように
連載を続けるというのはすごいことだと思うね。

本屋のコミックコーナーに行けば、
ひときわ目立つ表紙で8巻まで並んでいるから
ぜひ手にとって読んでみてもらいたいね。
sax2014031701

とても才能のある若い漫画家さんだと思うよ。

saxでした、

氏の前作「ネウロ」はアニメにもなってオモシロかった。
この作品もいずれアニメ化されるかな?
扱ってる内容からしてちょっとメンドウな感じもするけど…。


さあさあ、セットリスト案もでてきたところだし、
ミーティングだねぇ。ビシっと決めてスタジオ早めに入ろうぜぇ。

(17:21)

この記事へのコメント

1. Posted by 風見鶏   2014年03月18日 11:45
こんにちは。
先日もターボさんの担当の日のブログにコメントさせていただいた「風見鶏」と申します。

福山コピロクfesで感動させていただき、ここにたどり着きました。
5月か6月に愛媛でライブされるのですね。

関西在住なんで距離はありますが、浜友さん誘って参加しようか考えています。

RYUバンドさんの応援で参加したライブですが、cococuさんのファンになりました!!

ライブの詳細がわかりましたらまたブログに記載してくださいね。
では、リハーサル頑張ってくださいね。

風見鶏
2. Posted by sax   2014年03月18日 19:04
風見鶏サン>
とてもうれしいコメント、ありがとうございます。

次回のcococu ワンマン・ライブは
2014/6/15(日)です。
開始時刻は未定なのですが、おそらく
昨年同様18:30開場、19:00スタートとなるでしょう。
おおよそ40分程度のステージを休憩挟んで2セット
ご用意しております。

料金は(コレも昨年のものですがたぶん同じです)
前売1,000円、当日1,200円(1ドリンク付)と
たいへんお安くなっておりますw

会場は「ウェルピア伊予」という施設です。
http://welpiaiyo.jp/
愛媛県の県庁所在地、松山市から車で30分ほど、
伊予市の郊外にある元厚生年金休暇センターです。
宿泊もできますよ(周りになんにもないけどw)

コチラのブログやHPを時々チェックしておいて
いただければ、詳細決まり次第UPしますので
ご予定くださいね。
当日会場でお会いできますことを楽しみにしてます。
3. Posted by turbo   2014年03月18日 21:49
風見鶏さん>
ありがとうございます!嬉しいですねぇ!
次回のLIVEも良いものになるように
全力で頑張りますので、是非おこしください!!
お待ちしてます!

コメントする

名前
 
  絵文字