2016年07月25日

先日のエントリーで、
最近、「オーバーロード」っていうラノベ小説にハマってると
書きましたが、さすがラノベ、あっちゅうまに読了してしまい
なんか他にないかなと思い、探しておりましたところ、
こんなんに当たりました。
cover

数年前にNHK Eテレでアニメ化もされた『ログ・ホライズン』です。

これもまたRPGの世界に取り込まれて帰れなくなった人たちが
主人公の作品…(SAOといいオーバーロードといい、この設定は
使いやすいんでしょうねぇ、ホントw)

ブックオフで全巻セットが安く売ってましたので、どさっと買い込みました。

それにしても、これまたさすがラノベ、1冊1,000円という豪気なお値段、
でっかいフォントの活字、スカスカの行間、ページ下段には3センチほどの
謎の空間(最初、注釈でも書かれてるスペースかと思ったw)…、
昔のハヤカワSF文庫なら、この10巻分で上中下巻ぐらいでしょうねw

アニメのほうもそこらから拾ってきて観ましたが、10巻分の内容を
1・2期で50話にまとめて上手にできてたんじゃないかと思います。

どちらも、続巻が楽しみですね、まだしばらく楽しめそうです。
(発刊ペースが遅いようで、待ってる人々の呪詛がwebではよく見かけますw)

saxでした、

『オーバーロード』のアニメOP、"Clattanoia" は
O×T (Masayoshi Oishi × Tom-H@ck)というユニットなんですが、
この大石昌良氏、なんと愛媛県宇和島市出身なんですってねw


んで、『ログ・ホライズン』のアニメOP、"database feat.TAKUMA(10-FEET)"、
なかなか面白い曲やなぁと思い、だれやと思ってみてみたら、
MAN WITH THE MISSIONでした。おお、これが噂の人面犬(違う)ww

数日前、アニソンバンドをやってるツレと呑みましたとき、
「MAN WITH THE MISSIONのアノ曲、エエねぇ」と言いましたら、
「何を今頃言いよるんですかw」と笑われましたww
どうやら3周ぐらい遅れているようです、ワタシww


(13:23)

コメントする

名前
 
  絵文字