2016年11月28日

NHKのBSで不定期にやってる番組『球辞苑』。
野球にまつわるキーワードを毎回1つ選んで
徹底的に掘り下げていくマニアックな番組。
プロ野球観戦に興味のない人にはまったく用事のない番組ですがw

「流し打ち」とか「クイックモーション」とか
取り上げるキーワードがホントにマニアックでねぇw
大好きな番組です。次回は「インハイ」です、なんじゃそらw

他にもNHK-BSでやってる一風変わった番組が好きで
良く観ているのが『奇跡のレッスン』と『オリンピアン』

その道の一流コーチとか、オリンピック・メダリストたちが
小中学生や次世代を目指す若いアスリートたちに指導をする
という番組なんですけどもね、面白いのよ。


んで、これらを観ていて思うのがねぇ、
「技術を口で伝えることのむずかしさ」ってことなんよねぇ。

ワタシも実は近年、アチコチで業界の仕事を教える講師みたいな
お仕事をさせてもらってるもんで、この難しさというか
伝わらなさというか、イロイロと考えることが多くてねぇ。

「技術」って「これが正解、これ一本で全部OK!」みたいなのは
ないじゃない?その時々の状況で選べる選択肢は変わってくるし、
ベストじゃないけどベターなものを探して、そのなかでも一番
マシだと思えるものを選ぶってことの繰り返しだったりするからね。

自分の持っている知識と経験を伝えようとすると、極端に言えば
それを身に付けるために要した時間と同じだけかかるっちゅうこと
になっちゃうワケやしね、そんなん無理やんw

通り一遍のHOW TOなら教えられても、そんなん、実際の現場では
役に立たんことのほうが多かったりするからアテにならんし、
だからといってそのHOW TOを数多く知っておいて、現場で組み合わせる
ことが大事やったりするから、知らんではすまんワケやしねぇ。

なんやろ、ホントに欲してる人に対する教え方と、そうでない人に
教える場合と、使い分けなアカンことってあるなぁと実感してます。
万人に対してエエ教師にはなれんワケやしねw

ホンマ、教えるって難しいわww


saxでした、


さて、今日はお題の発表日。

12月のお題なんですけどもねぇ。

先日のMONKライブでごく一部の方に好評だったワタシの楽器紹介。
一応言っときますと、アレ全部「ウソですよ」ww

てなわけで久しぶりに『ワタシの楽器紹介!これはホントよw』
とまいりましょうかね。

メイン使用楽器に限らず、サブ楽器からアンプ・シールド、
エフェクターからケース・小物にいたるまで、なんでもエエです。
できれば写真とともにコメントをつけて紹介してください。

(14:25)

コメントする

名前
 
  絵文字