アルゼンチンLife

2012年8月に地球の裏側アルゼンチンへ移住!日々の生活や育児のこと、移住情報について綴っています。

2012年09月

日本を感じた日

今朝何気なくテレビを見ていたら、
突然見覚えのあるアニメが始まりましたー!

セーラームーンです!!!

photo_convert_20121001002259.jpg

小学生の頃、セーラームーンが大好きで大好きで…
よくセーラームーンごっこをして遊んだものでした。

懐かしい。

アルゼンチンには、日本の漫画だけじゃなくアニメもあるんですね~。

そういえば、たまに街を歩いていると
「ん?!これは…キティちゃん?でも、何か微妙に違う気が…」
というようなキャラクターに遭遇することがあります。

他にも、一見プーさんのアニメかと思いきや、
プーさんと思われるキャラクターの眉毛が毛虫のようにゲジゲジなになってたり!笑
(プーさんは日本のアニメではないですけどね。)

「ひょっとして、パクりなんじゃ…?」と思ってしまうこともありますけど、
それはそれで面白いな~と思いながら見ています。

ベビー用品の買い出し

もうすぐ臨月ということで、今日は足りないベビー用品の買い出しへ!

先日、先輩ママさんからアドバイスをいただいた通り、Onceという所へ行ってきました~。
なかなか良心的な価格の物が売られているエリアなのです♪

Onceは沢山の人とお店ですごくにぎわっていましたよ。
価格は、たしかに私たちが住んでいる地区よりも安かったです!

先輩ママさんから予め聞いてメモしておいた買い物リストを片手に…
今日はこれくらいお買い物しましたっ。

photo+(1)_convert_20120930073534.jpg

ちなみに、掛け布団のようなものも買ったのですけど、

photo+(2)_convert_20120930073628.jpg

柄がちょっと女の子っぽい…?
(赤ちゃんは男の子の予定です)

しかも、右上にお粗末なヘンテコなワッペンが付いてる(笑)
でも、一目惚れしてしまったので良いことにします!!

帰宅後は、日本から買ってきたりいただいたりしてきたベビー用品もベッドの上に広げ、
あーだこーだShuちゃんと今後のシュミレーションをしました。

途中から、Shuちゃんは日本から持ってきた抱っこひもに夢中に。

「ここに足を通して~…」と、
ブツブツ言いながら赤ちゃんを抱っこする練習をしていましたよ。

しまいには抱っこひもを背負ったまま部屋の中をウロウロし始めてました!笑

photo+(3)_convert_20120930073716.jpg
よっぽど産まれるのを楽しみにしているようです。

やっぱり出産に対しては少し不安な気持ちもあったのですけど、
今日買い物をして色々と妄想したら楽しい気持ちになってきました~。

残り少ないShuちゃんと二人きりの時間も満喫できて、
楽しい一日でした♪

我が家の移住準備 <その2 >

今日は、先日の「我が家の移住準備<その1>」に引き続き
<その2>を書こうと思います。

長いので興味のない方は無視してください~。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

④下見旅行 (3月)

 下見旅行は約1年前から計画していたのですが、なにせ直前に妊娠してしまったため、
 これもまた行けるかどうか…という微妙な時期でした。
 ですが、出発の数日前に何とかお医者さんから海外旅行の許可をいただくことができ、
 旅行は決行しました。
 
 この下見旅行は、本当に行っておいて良かったと思います。
 
 移動時間も含め、ほんの10日間ほどの旅行でしたが、
 私が思い描いていたアルゼンチンと、“良くも悪くも”違う!と感じる所は多かったです。
 
 ただ、それでも「アルゼンチンに住んでみたい」と思えたという点も、
 下見旅行に行ったことによるひとつの収穫だったかな~と思っています。

 なので、今後(どこの国でも)海外への移住を考えている方には、
 最低でも一度はその地を訪れてみることを強くお勧めします!
 
 海外移住を検討する理由は、もちろん人それぞれだとは思いますが、 
 でもやっぱり移住するからには「その国の人や文化、食べ物、言葉…」
 そういったものが自分の価値観とマッチするかどうかって、とても大きな要素に
 なってくると思うんです…すごくありきたりな意見ですけど。

 個人的な感想にはなりますが、私が下見旅行で感じたのは、
 自分の思い描いていたアルゼンチンと比べて…

 「思ってたよりもずっと物価が高い!」

 「意外とゴミゴミしていて汚い所も多いな…歩道は歩きにくいほどガタガタしている所も…」
 (アルゼンチンが“南米のパリ”と言われているということもあり、
  と~っても美しい街並みを想像していたんです。) 

 「アジア人少なっ!」

 「レストランはどこに行ってもパンばっかり!もうパンは嫌だー!米~~~!!」
 (こちらのレストランは、とりあえず最初にパンがどっさり出てくるので…
  今はパンの生活にも慣れましたけどね~というか、パン大好きになりました。)

 というのが、正直に感じたネガティブな点でした。そして、

 「妊婦や子どもに本当に優しい国なんだな~(日本よりもずっと優しい!)」

 「物価がどんどん上がっていたり大変な事も多いはずなのに、
 『辛い大変だ』って言うだけじゃなく、人生の楽しみ方が上手な気がする」
 (本当に上手くは言えませんけど…家族や友人との時間を大切にしたりだとか、
  今ある物の中で楽しんだりというか。そんな気がしたんです。なんとなく。)

 「人間関係や日常生活での息苦しさ(?)はあまり感じない国なのかな」

 バスで妊婦やお年寄りが乗って来たら当然のように席を譲るとか、
 何かの順番待ちをしている間に知らない人同士でおしゃべりを始めちゃうだとか。

 とは言え、(良い意味で!)他人の行動にそこまで干渉しないというか…
 いちいち他人の行動を見て陰で何か言ったりしないような印象を受けました。
 むしろ、陰で言うくらいなら直接言っちゃう(?)

 すご~くぼんやりした内容ですが、
 そういった点は私が当時感じたアルゼンチンのポジティブな印象でした。

 また私の場合は、旅行の前から相談に乗ってくださっていたアルゼンチン在住の
 日本人の方が何名かいたので、その方々に現地でお会いできたということも、
 移住を決断できた大きな理由だと思います。

 アルゼンチンでの出産・子育てについても、
 こちらで出産・子育てをされている日本人の方にお会いできたので、
 「実際のところ、どうですか?!」というお話ができたことも良かったです。

 そんなこんなで、私たち夫婦はこの下見旅行の直後に移住を決意したのでした。


⑤ペットの輸送準備 (5月下旬)

 3月の下見旅行で移住を決意してから、随分と間が空きました…

 別に私がつわりで動けなくて、というわけでもなかったんですけどね。
 (私はびっくりするほどつわりがなかったので!笑)

 ただなんとなく、何から手を付けたらいいかな~移住っていっても実感わかない~
 子どもをアルゼンチンで産むのか~一応日本語教師の勉強は継続しよう~
 と、ダラダラ考えていたら、こんな時期になってしまっていました。

 そして、ハッと気づけばもうすぐ6月!

 移住は妊娠中の体のことを考慮して8月と決めていたので、あと約2ヶ月しかない!!!
 という感じで、バタバタと本格的な準備を始めたのでした。

 まずは、一番時間のかかりそうなペットの輸送準備から始めました。

 これが…
 本当にギリギリすぎて、出発までに間に合うかどうか危ないところだったんです。
 反省してます。そして、急いで対応してくれた獣医さんに感謝しています。

 ペット同伴で移住を考えている方は、
 「最低でも」3~4ヶ月前から準備を始めた方が良いですよ!

 手続きに関する詳しい内容を知りたい方は、過去のブログをご覧ください。
 ⇒ペットの輸出

<その3>へ続く…

謎の「あ」

以前、街中で「あThrill」というお店があったと書きましたが、
先日そのお店の撮影に成功しましたー。

photo_convert_20120928211702.jpg
バスの中から撮ったので、写りがイマイチですけど。

お店は普通の女性向けの洋服屋さんです。
外から見た感じだと、けっこう可愛い洋服が売られていましたよ。

それにしても「あ」ってなんだろ~。

すごくどうでも良い内容かもしれませんが、
気になって仕方がないのでブログに上げちゃいました。

再挑戦

昨日、ドイツ病院で色々と大変だった、という話を書きましたが、
今日は朝からShuちゃんと二人で病院へ行き、再挑戦してきました!

やっぱり一人よりも二人の方がずっと心強いです。

実は、昨日ビタミン剤の他にも注射用の液薬を処方されたのですが、
「液体だけもらっても…」という感じで、どこで注射してもらえるのか分からず…

何ヵ所かで注射を打ってもらえる場所を尋ねたのですが分からなかったので、
とりあえず液薬も持って帰ってきてしまっていました。

ということで、まずは注射から。
あらかじめ調べておいた「注射を打つ場所はどこですか」というスペイン語を使い、
なんとな~く「ここかな?」という所で尋ねてみたところ、
「通路の突き当たり」という言葉が聞こえたような気がしました。

試しに通路の突き当たりでウロウロしてみると、
一人のおばさん先生が「どうしたの?」と声をかけてきてくれました~!
なんと、その先生が注射を打ってくれるお医者さんだったのです!!

おしゃべり好きなおばさん先生と助手(?)の人で、
「アニョハセヨ~」と助手の人に話しかけられ、
「いえ、日本人です」と答えたのですが、
「どこに住んでるの?」とおばさん先生に聞かれ、
「パレルモです」と答えると、
「あぁ!中華街が近いものね」と、助手の人が。どうやら中国人と勘違いしている様子。
「だから~この人たちはハ・ポ・ネ・ス(日本人)なのよっ」と、
最終的におばさん先生が突っ込むという、漫才のようなことを繰り返していました(笑)

話していたのが(もちろん)スペイン語だったので、
注射に関する説明などはほとんど分かりませんでしたが、
なんとか注射を打ってもらうことには成功しました!

そして最大の難関、エコー診察の電話予約です…

注射の場所はShuちゃんが尋ねてくれたので良かったんですけど、
さすがに電話に関しては自分でしないといけないだろうということで、
思い切って病院に設置されている予約を取るための電話機の受話器を取りました。

担当の人が電話に出た時、ダメもとで「英語でも良いですか?」と聞いてみると、
「いいですよ」とのこと!

あ、あれ?
今まで何度か「電話予約ができない!」って騒いでいたけど(昨日が初めてではないんです)
英語も使えたのかー!!

というわけで、無事に英語でエコー診察の予約も取ることができたのでした♪
いや~スペイン語じゃなきゃダメだなんて最初から決め付けちゃいけませんよね~笑

昨日は場所を尋ねても冷たくあしらわれたりしてしまい、
少し落ち込んでいたのですけど、今日は色々と上手くいきました!

私も昨日は自信なさげにウロウロしたり場所を尋ねたりしていたので、
それも良くなかったな~と反省です。

これからは分からないことがあっても、
分かるまでスペイン語と英語で頑張ってみます!!
アーカイブ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索