46マカティ市に待望の新しいラーメン屋さんがオープンしました。


我々日本人以上に、美味しいラーメンを求めているフィリピン人の食通にとっては、実にありがたいこと。


巷でラーメンブームが起きているのに、日本からの本格的なラーメン屋の進出は噂ばかりで、実際にオープンしたのは、「三ツ矢堂製麺」が初!


実は、日本側の経営者がマカティ市内に店舗スペースを探されている時から話は聞いていたのですが、もちろん「内緒」ということで、今まで語れずにいました。


46

店内は、まるで昭和に戻ったような雰囲気。

マニラで日本の昭和を感じられるなんて、とても不思議です。

マニラ市ロハス・ブルバードの日本食老舗店「ふるさと」は、日本の昔の家屋を思わせるような内装でしたが、今年に入って火災に遭い、閉鎖してしまいました。

image

三ツ矢堂製麺の海外進出第1店舗目となるマカティ市ジュピター店は、フィリピンにおけるUCCのフランチャイズ権を持つ会社とのパートナーシップ。

その内装は、新横浜ラーメン博物館の雰囲気がとても気に入ったオーナーのヤングさん発案。

写真の屋台は残念ながら「飾り」で機能していません。

使える屋台にして、マニラ日本人学校で年に一度開催されるお祭りに出店すると喜ばれますよ!と伝えると、ぜひ検討したいとのこと。

46つけ麺屋さんですが、今日はあえて醤油ラーメンのラージ(290ペソ)と餃子(160ペソ)を注文しました。

レギュラーとラージがありますが、すかさずラージを注文。予想通り、男ならラージ一杯でOK。女性二人ならラージを分けても良いかな?という量でした。

麺は少し固めのストレートで極太。スープは濃厚。これには日本人でも好みが分かれるでしょう。

ですので、INTRODUCTION TO RAMEN という感じでフィリピン人にはオススメできないかもしれません。

45餃子は、メニューの写真と出てきたものと少し見栄えが違っていましたが、中の餡は、全く臭みがなく、とても美味しかったです。

我々日本人にとって、餃子のタレはすぐに作れますが、フィリピン人のお客様は知らない方が一般的ですから、既にミックスされている餃子のタレは用意しておいた方が親切でしょうね。

06ちなみに、今回同時にオープンしたお隣さんは、YAMATOベーカリー第一号店。

UCCで使うパンをブランド化したものだそうです。

一般的なクロワッサンや食パンの他、日本ではお馴染みのクリームパンやカレーパンもありました。



★ お店の所在地情報 ★

52マカティ市はジュピター通りのマカティ・アベニューとEDSAの中間点あたりにあります。パセオ・デ・ロハスからは、ベルエアに向かってジュピターを右に曲がります。


MITSUYADO SEIMEN is a ramen specialty restaurant from Japan, located in Jupiter St., Makati.

Don't look for your usual traditional Japanese food here, such as SUSHI... it's not served here!

From Paseo de Roxas, go towards Bel-Air, turn right to Jupiter. You should find it on your left before reaching EDSA.